2019年1月30日をもって、2009年以降、多くの海外投資家から
人気を集めていたVXXが償還されました。

10年満期のVXXでしたが、取引量も多く、投資家からの人気も
高かったということで、このまま償還にしてはもったいないと
思ったBarcraysが新たに設定したのがVXXBです。

VXXとVXXBとの違い

まずVXXとVXXBの違いについて、設定元のBarclaysが発表した
比較表がありますので、それを見てみましょう。

注目すべき点は以下の赤線部分です。

まずInvestor Fee Rate(信託報酬)については0.89%/年という
ことで、どちらも変わりません。

そして、VXXBはMaturity(満期)が2048年1月23日となっており、
満期が30年に設定されています。VXXは満期が10年だったので、投
資家からすると今後30年VXXBを取引できるのはありがたいですね。

Issuer Call Feature(発行体による繰上償還)がYesになっている
ことから、VXXBの純資産総額が著しく小さくなったときは
繰り上げ償還される可能性があるということです。

オプションについては、VXXは満期が到来するため、2019年1月以降
は制限されたようですが、通常どおりオプション取引も可能です。

以上のように、Barclaysの発表した公式資料によれば、VXXとほぼ
変わりなく取引ができると考えて問題ないでしょう。

VXXとVXXBのチャートの比較

ここまでの内容で、VXXとVXXBの違いはほぼないことがわかり
ました。続いて、VXXとVXXBのチャートの推移が同じような
推移になっているかを確認しましょう。

VXXBが取引できるようになった2018年1月以降のチャートを
比較して並べてみましたが、ほとんど重なっていますので、
同じような運用ができていると考えて問題なさそうです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

Barclaysの資料と実際のチャートの遷移を見る限り、VXXとVXXBは
同じものと思って投資してよさそうです。

また直近でVXXBのTickerがVXXに戻りました。これで実質的に
VXXのトレードが引き続き、楽しめそうですね。