ロング・ストラドルの真逆。ショート・ストラドルは株価変動が小さいことを予想して、同一限月、同じ権利行使価格のコールとプットを売る戦略です。

ここからは具体的な事例で見ていきます。今回は、C28000@490とP28000@445を売った場合の損益図を見ていきましょう。

【C28000@490 売1枚】

【P28000@445 売1枚】

【合成オプション(ショート・ストラドル)】

ショート・ストラドルのまとめ

ポジション:同一限月、同一権利行使価格のコール売り+プット売り

狙い目:①ボラティリティが低下してくると予想するとき②日経平均が権利行使価格の近辺で持ち合うと予想するとき

最大利益:コールとプットの受け取りプレミアムの合計

最大損失:理論上、無限大

長所:オプションの売りだけでの利益は他の合成ポジションより大きい

短所:損益分岐点が権利行使価格に近いため、損失になる可能性が高い

教科書では学べない実践で使えるマメ知識

ショート・ストラングルは予想がうまくハマれば、本当に手軽に大きな利益を得られるため、一度、この快楽を知ってしまうとやめられなくなる人がいます。

ただ、ボラが低下してくることを予想したり、権利行使価格近辺で日経平均が持ち合うことを予想するのは至難の業です。

何より、日経平均が大きく変動するとすぐに大きな含み損を抱えることになるため、損益分岐点付近まで来たら、先物でヘッジをいれるなどしてしのぐ必要があり、難易度は高めの戦略です。