ショート・ストラングルとは、ショート・ストラドルと同じように、株価変動が小さいことを予想して、同一限月のコールとプットを売る戦略です。

ここからは具体的な事例で見ていきます。今回は、C29000@110とP27000@160を売った場合の損益図を見ていきましょう。

【C29000@110 売1枚】

【P27000@160 売1枚】

【合成オプション(ショート・ストラングル)】

ショート・ストラングルのまとめ

ポジション:同一限月でOTMのコール売り+プット売り

狙い目:①ボラティリティが低下してくると予想するとき②日経平均が権利行使価格の近辺で持ち合うと予想するとき

最大利益:コールとプットの受け取りプレミアムの合計

最大損失:理論上、無限大

長所:タイムディケイの恩恵を受けられるショート・ストラドルよりも利益になる可能性が高い

短所:ショート・ストラドルと比べて最大利益が小さい。

教科書では学べない実践で使えるマメ知識

ショート・ストラングルは利益は小さいですが、勝率が高いことから、良く使っている人がいます。

ただ、私が知る限り、ショート・ストラングルで味を占めた人はリスク管理がかなり甘い人が多いので、数年に一度来る大暴落で、強制ロスカットされ、大損するというのが典型的なパターンです。

資金管理とリスク管理に自信がある人は使ってもいい戦略ですが、初心者が軽い気持ちで続けていると、必ずどこかで大損して退場することになります。