日経225オプションを取引する上で、日経225先物についても理解をしておく必要があります。

日経225先物はデリバティブと呼ばれる金融派生商品ですが、一番の特徴は日経平均株価とほぼ連動した動きをするという点です。そして、日経平均株価は朝9:00~15:00までしか取引されていませんが、日経225先物は朝8:45~15:15と16:30~翌朝6:00とかなり長いです。

この取引時間を見て、気づく人は気づくと思いますが、日経225先物と日経225オプションの取引時間帯は同じです。

日経平均株価だけを見ていると、ナイトセッションでの日経平均の動きが分からず、取引に支障が出るため、日経平均株価に連動して、取引時間帯も同じである日経225先物のチャートを見るというわけです。

特にナイトセッションで日経平均が大きく動いている場合は、今の値動きが知りたくなります。そんなときに、日経225先物のチャートを見れば、今の日経平均の値動きがわかるので、とても参考になります。