現在、日本から購入できる投資信託は5000~6000本もあります。
そのため、投資を始めよう!と思いつつも、自分にとってどの投資信託がおすすめなのか、
なかなか判断ができず、手が出ないという人も多いのではないでしょうか?

一方、近年の傾向として、信託報酬等のコストが安くなり、最低購入金額も
1000円以下と低廉に設定された投資信託が増えています。

まさに、今から投資を始めたいという人にとって、投資環境が整ったとも言えますので、
今日の記事ををぜひ参考にしてみてください。

投資信託は1000円からでも始められる。

少し前までは、投資信託の最低購入単位は「1口1円、10,000口以上」というのが一般的でした。

つまり、購入時の手数料が生じないノーロードタイプの投資信託であっても、
最低10,000円が購入資金として必要だったんです。
(これは新規設定時の場合であり、設定後は最低購入価額は購入時の基準価額によります)。

しかし、最近はネット証券を中心に1,000円にも満たない金額で投資信託を
購入できる販売窓口が増えていて、それに呼応するように運用会社も
少額で購入できる投資信託の開発・供給をどんどん増やしています。

もはや、投資信託の最低購入金額の引き下げは業界のトレンドとなりつつあります。
そして、その主眼は投資信託の世界へ若年層や投資の初心者を呼び込むことに
あることは想像に難くありません。

1000円からでも投資信託をはじめたほうがいい理由。

私個人としては、月1000円程度であれば、損しても痛くも痒くもないと思いますので、
投資を始めるにはちょうどいい金額だと思っています。

元本割れのリスクはありますが、少額からでも投資信託を始めることは
自身の金融リテラシーの向上に加え、長期間の積立投資であれば
結果として購入のタイミングを分散することができるため、より効果的です。

特に若い方に対して、長期間の積立投資を強くお勧めします。
今はまだ収入が少ないかもしれませんが、毎月1,000円という小口投資は
さほど台所事情に影響が及ぶ金額ではないでしょう。

そして、若ければ若いほど、今後の人生が長いわけですから、
リスク許容度の高さというアドバンテージに加え後述の長期投資による
メリットも享受できる可能性があるのです。

30年間毎月1000円ずつ投資信託を購入するといくらになる?

積立投資の簡単なシミュレーションとして、毎月1000円ずつ投資信託を
積み立てたら30年後にはどれだけのリターンを得ることができるか、
「年金終価係数」を用いて簡単に計算してみましょう。

「年金終価係数」は、一定期間、一定のリターンで、毎年一定金額を
複利運用で積み立てた場合、将来いくらになるかを計算するための数値です。

ここでは投資信託を毎月1,000円で30年間積み立て、毎年1%、3%、5%の
リターンだったとしましょう。投資信託で一定のリターンと基準価額不変を
前提とすることは無理があるのですが、あくまでシミュレーションとしてご了解ください。
その結果を下記の表に示します。

  積立額(30年) 純資産額(30年後) 差益
年利1% 360,000円 417,420円 +57,420円
年利3% 360,000円 570,900円 +210,900円
年利5% 360,000円 797,168円 +437,268円

 

1000円で購入するならおすすめの投資信託は?

少額でコツコツ積み立てる目的の投資信託を選ぶに際し、その条件は
①ノーロードであること、②信託報酬が安いこと、
③投資対象が明瞭なインデックスファンドであること、この3点が重要であると考えます。

その前提で、私がぜひおすすめしたい投資信託が、楽天投信投資顧問の
「楽天・バンガード・ファンド」シリーズです。

現在、投資対象別に4ファンド設定されていますが、共通する点はその信託報酬の安さです。
多くの公募株式投資信託の信託報酬が約1.0%程度であるのに対して、このシリーズは
投資対象により7約0.17%から約0.27%です。

また、インデックス運用に関しては全世界でトップレベルの実績と実力を誇る
バンガード社運用のETFを投資対象としている点には、大きな安心感もあります。
それ以外にも私がおすすめできる投資信託がありますので、興味ある人はこちらからご覧ください。

投資信託積立(投信積立)でおすすめのファンドランキング ベスト5

まとめ

投資信託の最低購入価額が低くなってきたということは、ますます
投資信託への敷居が下がってきたことに加えて、投資家の限られた予算から
複数の投資信託を購入することが可能になることから投資家にとって
実現可能なポートフォリオの幅が広がってきたと言えるでしょう。

長期の資産形成のためにも、このようなメリットを有効に活用しましょう。