多くの投資信託の入門書や解説記事などに、投資信託の購入時の
チェックポイントとして、トラックレコードが最重要ポイントとして
書かれていることが多いです。

確かにトラックレコードはないよりはあったほうがいいのですが、
トラックレコードはあくまで過去の通信簿です。

小学校や中学校で神童と呼ばれ、のちは博士か大臣かと言われてきた人でも
社会に出てみるとただの人に成り下がることはよくあることです。

過去は必ずしも未来を保証するものではないのですが、
どうやら多くの方は過去の通信簿を見て、将来について
確信を持ってしまうことが多いように感じます。

そういった考えに警鐘を鳴らす意味も込めて、今日は話をしたいと思います。

投資信託のトラックレコードだけの分析はお粗末

一般的に投資信託のパフォーマンス分析と言えば、
トラックレコードから何らかの数値を算出して、
それらに評価を与えるのが主流です。

証券アナリスト協会のテキストや投資理論の教科書にも
そう書いてあるので、そう思ってしまいがちです。

一般の人であれば、「過去のトラックレコードを分析した結果、
Aファンドが極めて魅力的なファンドであることがわかりました」と
詳細に分析されたエクセルシートでも見せられれば、多くの人は
納得してしまうかもしれません。

実際に話をするときは、わかりやすいので、こういった資料を
使うのもわかりますが、ただの数値分析からでは、本当の姿は
見えてきませんし、ましてや将来を予測するには、お粗末な分析
としか言えないのです。

私はトラックレコードが不要というわけではありません。
しかし運用側の内情をよく知っているからこそ、トラックレコード以外にも
見るべき点はたくさんあるといえるのです。

本当にみるべきはファンドマネージャーの癖

では、トラックレコードで本当に見るべきものは何なのか。
それはファンドマネージャーの癖です。

癖は、回転率に出る場合もありますし、逆張り・順張りといった
投資手法に出ることもあります。

業種の偏りや大型株・中小型株といったサイズの偏りに
現れることもあります。

じっくり引き付けて、引っ張るタイプかもしれないし、
飛び乗り飛び降りるタイプかもしれません。

単純に基準価額の過去の推移から計算したシャープレシオや
インフォメーションレシオなどと呼ばれる数値の分析をしただけでは、
ファンドマネージャーの癖を見分けることはほぼ不可能です。

またファンドマネージャーが交代すれば、運用パフォーマンスに
必ず影響が出ます。

例えば、過去10年間にファンドマネージャーが3人交代していた場合に、
この10年の運用パフォーマンスをひとくくりにして、
投資信託の評価をすることにどれほどの意味があるでしょうか。

少なくとも、現在のファンドマネージャーが運用を開始したタイミングからの
運用実績を確認しなければ、その投資信託の本当の姿を理解することは
できないでしょう。

そんな細かいことまで調べてられないという声が聞こえてきそうですが、
あなたが苦労して稼いだお金を投資するわけです。

もしあなたが結婚相手を選ぶときに、相手の性格や志向をよく知らずに
結婚しようと思いますか?

もちろん、一部の人はその場の勢いでということもあるかもしれませんが、
多くの人は、相手のことをよく知ってから結婚するかを決めるはずです。

それと同じくらい投資先を選ぶことは慎重に選ぶべきです。
よく調べもせず投資をして、損をしてきた人を多くみてきたからこその
アドバイスだと受け取ってください。

なかなか、一個人投資家がファンドマネージャーの話を聞ける機会は
ないですが、投資信託の伝票や帳簿類などを運用会社に開示請求することは
可能です。

一度、興味のある投資信託があれば、開示請求して資料を取り寄せてみても
面白いかと思いますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
私たちは将来の予測をするときに、過去の動きを分析することで、そこに
法則があるように感じてしまいます。しかし、多くの場合、そこには法則はなく、
たまたま法則のように見えるものがあるだけなのです。

ファンドマネージャーや熟練の投資家は必ずと言っていいほど、
このことを理解しています。

もちろん、今すぐこの思考ができるようになる必要はありませんが、
プロと同じ思考ができるようになれば、その分結果もついてくるはずです。