外貨に両替する方法だけで見れば、銀行、証券会社、FX会社などを
含め、色々なところで両替はできますが、SBI証券をメインで使って
いる人にとっては、住信SBIネット銀行を使って外貨に両替して、
SBI証券に入金するのが一番おすすめです。

一度慣れてしまえば、30秒もかからず両替できてしまいますので、
これを期にぜひ両替の仕方を覚えておいてください。

住信SBIネット銀行で日本円⇒米ドルに両替えする方法

まず、住信SBIネット銀行のトップページから「外貨預金」のタブを
選択し、「外貨普通預金」を選択します。

「外貨普通預金」のページが表示されると、画面の中段あたりに
為替レートという見出しが出てきて、米ドル、ユーロ、豪ドル等の
為替の交換レートが表示されている場所があります。

そこの米ドル/円の「買付」をクリックします。

そうすると、米ドルの買付画面に進みます。注文方法は「リアルタイム」
が選択されていれば、すぐに両替できますので、このままの設定で問題
ありません。

次に注文金額を入力します。日本円で10,000円両替したい場合、日本円で
金額指定した場合は、円で指定します。

逆に米ドルで100ドル分両替したい場合は、自分が両替したい金額を
米ドルで指定します。入力し終えたら、取引パスワードを入力してください。

取引パスワードを入力後、次へ進むと、確認画面が表示されます。
注文金額が間違っていないかを確認し、問題なければ「確定」ボタン
を選択します。

これで日本円から米ドルへの両替が完了しました。完了すると
以下のような取引完了ページが出てきます。

では、つづいて、住信SBIネット銀行からSBI証券へ入金する方法を
見ていきましょう。

住信SBIネット銀行からSBI証券へ入金する方法

まずSBI証券にログインして、右上の「入出金・振替」ボタンを
クリック。そうすると、画面の左カラムに「外貨入金」という項目
が出現します。それをクリックしてください。

そうすると、住信SBIネット銀行「外貨入金」即時振込サービス/振込指示
という画面が表示されます。

そこで、SBI証券に入金したい米ドルの金額を入力します。当然ですが、
住信SBI銀行で両替して保有している米ドル以上の金額を入力することは
できませんので、注意してください。

入力が完了したら取引パスワードを入力します。

振込指示確認ボタンを押すと、住信SBIネット銀行側のページに遷移し、
振り込み手続きの画面が現われます。ここでは住信SBIネット銀行での
取引パスワードを入力し、次へ進みます。

問題なく、振り込みができた場合は以下のように振込受付完了画面が
表示されます。

それでは、実際にSBI証券側の口座に入金されたのか確認してみましょう。

SBI証券トップページの右上にある「入出金・振替」ボタンをクリック。
そうすると、画面の左カラムに外貨入出金操作履歴という項目が出て
きますので、それを選択してください。

そうすると、外貨の入出金履歴が表示されます。無事に220米ドルが
入金されていることがわかりますね。これで手続き完了です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

この方法で外貨をSBI証券に入金しておけば、米国株や米国債、
外貨建てMMFも外貨で直接購入できるようになりますので、
無駄に高い為替手数料を支払わなくてもすみます。

ぜひこの機会に入金方法を覚えておいてください。