投資信託のファンドマネージャーと聞くと、運用会社の中でも
エリート中のエリートで、自分たちとは違う世界に生きている人
というような印象を持っている人も多いかもしれません。

確かに大事なお金を預ける相手だからこそ、そのような人で
あってほしいという願望もあるのでしょうが、実態はあなたが
思っているほどいいものではありません。

今日は、なかなか語られることのないファンドマネージャーの生態
について詳しく見ていきたいと思います。

誰でもなれるファンドマネージャーという職業

さて、あなたが尊敬の念を抱いているかもしれないファンドマネージャーですが、
「住民票と印鑑証明と身分証明書」を用意して必要な届け出をしてしまえば、
実はあっさり登録できてしまいます。

私も初めてこの事実を知った時は衝撃を受けました。

特に訓練を受けるわけでもなく、必要な書類さえ提出してしまえば、
ド素人のファンドマネージャーの誕生というわけです。

意外に思われるかもしれませんが、実はファンドマネージャーという
職業自体は、身元が証明できて、変な浪費癖がある禁治産者ではない
という公文書の提出さえできれば、おそろしいことに誰でもなれてしまうのです。

即本番のファンドマネージャーの世界

昔であれば、どこの銀行も株式運用に対して積極的で、50億円単位で
特定金銭信託を何本も設定しており、それを使ってOJTのような
実地トレーニングをさせてもらえる機会がありました。

しかし、現在では、そんな余裕もなくなり、諸先輩の管理下において、
いきなり顧客資金を持たされるようになっています。

きちんと体系立てて訓練するプログラムがあるわけでもありませんので、
すべて自らの手探りで自己研鑽して身に着けるしかありません。

当然、リサーチ力やマーケット分析力においてベテランの
ファンドマネージャーと比べて、劣りますので、
そのような投資信託に投資をしたくないですよね。

しかし、これがファンドマネージャーの実態なのです。

ファンドマネージャーは生易しい職業ではない。

前述のようにファンドマネージャーは簡単になれてしまうのですが、
必要とされる能力は並大抵のものではありません。

彼らはリサーチから投資判断まで、それこそ持てる力をフルに発揮して、
全知全霊をかけて行っています。

そして自分の必死の努力の成果たるポジションのことは24時間、
決して頭から離れることはありません。

そして、そこまで努力をしても、必ずしもマーケットの神様は
微笑んではくれません。どんなときにも高笑いをしながら、
何度も何度も最初からやり直し、堪える胆力がなければ、
ファンドマネージャーは続けられないのです。

このように過酷な環境で働くファンドマネージャーと言えば、
高給取りのイメージがあるかと思いますが、それは
外資系の運用会社の一部の人間だけです。

実際、ほとんどのファンドマネージャーは普通の総合職と
変わらない待遇を受けているのが現状で、運用が
うまくいったかどうかで収入が大きく変化するようなことはありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

運用会社側の話はなかなか表に出てこないので
新鮮だったのではないでしょうか。

内情を知ることで知りたいなくことが明るみに
なってしまうこともあります。しかし、あなたが汗水たらして、
働いたお金を投資するわけですから、当然、経験豊富な
ファンドマネージャーに資産の運用をお願いしたいと思うはずです。

サラリーマン気質が根付いているような国内の運用会社ですと、
なかなかファンドマネージャーが顔を出すことはありませんが、
ファンドマネージャーを把握することはあなたの投資信託の
運用実績に大きく影響を与えるファクターであるという認識は
お持ちください。

日本証券アナリスト協会が作っている証券アナリストのような資格ではなく、
もっと実践的なファンドマネージャーを育成するための教育プログラムであったり、
元ファンドマネージャーの生え抜きが会社トップとなり、運用会社の体制を
変えていくようなことを行っていってほしいと切に願います。、