ひと昔前までは全世界の株式に投資をするとなれば、
それ相応のコストを支払わなければなりませんでしたが、
今やどの運用会社からも全世界株式に超低コストで投資が
できるようになりました。

その1つがSBIアセットのSBI・全世界株式インデックスです。

ベンチマークはFTSEグローバル・オールキャップなので、
楽天・全世界株式インデックスファンドと同じなのですが、
少し特徴的な組成をしていますので、はたしてどちらが優
れているのか早速分析していきます。

SBI・全世界株式インデックス・ファンド『雪だるま』の基本情報

投資対象は?

SBI・全世界株式インデックス・ファンドの投資対象は、
全世界の株式です。

FTSE グローバル・オールキャップ・インデックスに連動
する投資成果を目指します。

ただし、直接連動するようなETFを保有するのではなく、
以下のように、シュワブUSブロードマーケットETFで
米国株に投資し、

SPDR ポートフォリオ・ディベロップド・ワールドETFで
米国以外の先進国株に、SPDR ポートフォリオ・エマージ
ングマーケッツETFで新興国株に投資をしていきます。

楽天の場合は、ベンチマークに連動するVTというETFに
直接投資をしますので、実質コストベースで見ると差が
出てきそうです。


※引用:マンスリーレポート

国別の組入比率を見てみると、米国が約50%、続いて、
日本、イギリスとなっています。

日本が2位になっているのが、MSCI ACWIと大きく違う
点ですね。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するように
してください。

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

SBI・全世界株式インデックス・ファンドは約50億円程度
で、インデックスファンドの積立にしてはそこそこ集まって
います。

積立で投資をしている人がメインなので、今後も安定的に
純資産を増やしていきそうです。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買
手数料や有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

SBI・全世界株式インデックス・ファンドの実質コストは
0.197%と信託報酬を最安値水準まで切り下げたことにより、
ほぼ最安値となっています。

投資家からすると非常に評価できるポイントです。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 0
信託報酬 0.1102%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 0.197%(概算値)

※引用:最新運用報告書

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

SBI・全世界株式インデックス・ファンド『雪だるま』の評価分析

基準価額の推移は?

SBI・全世界株式インデックス・ファンドの基準価額
は2018年末に大きく下落した分も2019年の前半で取り戻し、
年末にかけては大きく上昇しています。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

SBI・全世界株式インデックス・ファンドの直近1年間
の利回りは17.11%となっており、同カテゴリー内でも平均
的な水準です。

とは言え、インデックスファンドで15%以上のリターンを
得ることができれば十分でしょう。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解
していますか?

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいて
ください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 17.11% 56%
3年
5年
10年

※2020年2月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している海外株式ファンドランキング

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、SBI・
全世界株式インデックス・ファンドの基準価額の変動幅
の大きさを知るには役立ちます。

SBI・全世界株式インデックス・ファンドの標準偏差は
通常の株式ファンドとほぼ同じです。

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 12.99 42%
3年
5年
10年

※2020年2月時点

年別のパフォーマンスは?

SBI・全世界株式インデックス・ファンドの年別の
パフォーマンスも見てみましょう。

2018年は10%超のマイナスとなりましたが、2019年に
入り、しっかりと挽回しています。

年間利回り
2019年 +25.32%
2018年 ▲12.59%

※2020年2月時点

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

SBI・全世界株式インデックス・ファンドに投資を検討
する上で、他のインデックスファンドとパフォーマンスを
比較しておいて損はありません。

特に今回は同じFTSE グローバル・オールキャップ・イン
デックスを参考指数としている楽天・全世界株式インデッ
クス・ファンドとの比較は必須でしょう。

また、ベンチマークは違いますが、同じく全世界の株式に
分散投資ができるeMAXIS Slim 全世界株式(オールカントリ
ー)ともパフォーマンスを比較してみます。

信託報酬はほとんど変わらないので、あとは実質コストと
ベンチマークとしている指数の違いによる影響ということ
になります。

結果、わずかではありますが、eMAXIS Slim全世界株式
(オールカントリー)が3年間を通じて、収益が優れていました。

楽天とはほとんどパフォーマンスは変わりません。

この図ではわずかに負けてしまっていますが、SBI・全世界
株式インデックスも信託報酬を下げたので、実質コストも
ほとんど差がなくなってくるでしょう。

どちらにしても、わずかな差ではありますが、やはりMSCI
AWCIに連動するインデックスファンドのほうがパフォーマ
ンスが優れているので、あえてSBI・全世界株式インデック
ス・ファンドに投資をする理由は見当たりません。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

SBI・全世界株式インデックス・ファンドに投資をする
前に、最大でどの程度下落する可能性があるのかを知って
おくことは非常に重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大き
く下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

それではここでSBI・全世界株式インデックス・ファンド
の最大下落率を見てみましょう。

最大下落率は運用期間がまだ短いので15%程度しかありま
せんが、リーマンショックのときは株式ファンドは50%程度
下落したこともありますので、今後、まだまだ大きな下落を
することはあると思っておいたほうがいいですね。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかも
しれません。

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの
可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲9.77%
3カ月 ▲15.89%
6カ月 ▲9.64%
12カ月 ▲12.59%

※2020年2月時点

評判はどう?

それでは、SBI・全世界株式インデックス・ファンドの
評判はどうでしょうか?

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入
を見ることで、評判がわかります。

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪く
なっていれば、資金が流出超過になります。

SBI・全世界株式インデックス・ファンドは設定来、安定
的に流入が続いており、安定して人気を維持していることが
わかります。

つみたて投資をメインに据えていますので、つみたての特性
上、毎月流入があるのは当然なのですが、やはりグローバル
株式に投資をしたいというニーズは強いということですね。


※引用:モーニングスター

SBI・全世界株式インデックス・ファンド『雪だるま』の今後の見通し

2020年の目玉はやはり米大統領選になると思いますが、
2019年はあれだけ株式相場を騒がせましたが、選挙を
にらんで、株式相場を荒らすような暴挙には出づらい
状況だと思います。

そのため、2020年の後半までは安定して推移することが
考えられます。

グローバル株式自体は長期間で見ても、一桁後半の利回り
は出ているので、途中で解約せずに長期で積み立てるのが
ベストでしょう。

全世界株式に投資ができるファンドはいくつもありますが、
少なくとも直近ではFTSEグローバル・オールキャップ・
インデックスに連動するインデックスファンドよりも、

MSCI ACWIに連動するインデックスファンドのほうが
パフォーマンスで勝っているので、eMAXIS Slim 全世界
株式(オールカントリー)を選択するほうが賢明でしょう。