「表面利回り」「実質利回り」等、投資した元本に対して、
どれくらいのリターンが期待できるのかを示す指標として、
上述のような表現をすることがあります。

なんとなくわかっているという方も多いと思いますが、
それぞれの違いを正確に理解できている人は案外少ないのが実態です。

この2つの指標のどちらで話がされているかによって、
あなたの投資信託の運用実績は大きく影響を受けます。

もし表面利回りでリターンの話がされている場合、
あなたの手元に実際に残るお金は、想定していたものより
かなり少なくなります。

そんな想定外が起きないようにするためにも、
この場で必ず利回りの計算方法についてはマスターしておいてください。

投資信託の表面利回りの計算方法

まず、表面利回りとは、投資した元本に対して、
どれだけ収益を得ることができるかの指標です。

表面利回り(%)=収益÷投資元本÷運用年数×100とあらわすことができます。

具体例で見てみましょう。

100万円を元本として投資信託を購入し、5年後150万円で投資信託を
売却することができました。この期間に分配金を毎年2万円受け取っていたとします。

そうすると、投資元本(100万円)、収益(売却益(50万円)+配当金(10万円))、
運用年数5年となりますので、表面利回りは12%ということになります。

投資信託の実質利回りの計算方法

表面利回りの計算方法には実は問題点があります。
それは、販売手数料や信託報酬、税金などの費用が計算に含まれていない
ということです

あなたが実際に受け取れる金額というのは、この費用を抜いた分に
なるわけですので、実質利回りというのが、投資に対するリターンを
一番正確に算出している
といえるでしょう。

では具体例で見てみましょう。

100万円を元本として投資信託を購入し、5年後150万円で投資信託を
売却することができました。この期間に分配金を毎年2万円受け取っていたとします。
そして、販売手数料が3万円、信託報酬が年1万円、信託財産留保額が
1万円だったとします。税率は20%としましょう。

そうすると、投資元本(100万円)、収益(60万円)、費用(20.2万円)、
運用年数5年となりますので、実質利回りは、7.96%ということになります。
費用が引かれるとここまで実際の利回りは下がるんですね。

このように表面利回りと実質利回りではリターンにかなり大きく差が出ます。
投資した金額が大きくなればなるほど、この差は大きくなります。

ですので、投資信託の購入を検討する際には、
利回りが表面利回りの話なのか実質利回りの話なのか
しっかり確認しながら話を聞くようにしましょう。

証券会社の営業マンや銀行の窓口販売員などは、
基本、表面利回りベースでしか話をしてきません。

また他社の投資信託と比較する際も、自分たちが売りたい投資信託のみ、
表面利回りで話をし、他社の投資信託は実質利回りで話をする輩もいます。

とうぜん表面利回りのほうが、収益から費用分が引かれていませんから、
リターンが大きく見えるわけです。私は、証券会社や銀行の窓口販売の知人が
おりますので、話を聞く機会も多いのですが、平気でこのようなことが行われています。

決して落とし穴にはまらないよう注意してくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今日、具体的に出した利回りはかなり実態
に近い数値でシュミレーションをしています。

表面利回りだけで計算するのがいかに危ないかわかっていただけたのではないでしょうか。

投資の世界において、数値をしっかり計算できることはかなりのアドバンテージになりますし、
騙されないためにも把握できなければいけないスキルです。

ぜひこれを機会に利回りの計算方法をマスターしましょう。