近年では、「1つのカゴに卵を盛るな」の格言が浸透しており、様々な
アセットクラスに分散投資をしてリスクを軽減することが運用のセオリー
となっています。

これは、国内株式だけ保有していると、国内株式が大きく下落したときに
自分の総資産に与える影響が大きいため、他の資産(値動きが異なる資産)
も保有することでリスクを軽減するということです。

しかし、通貨という観点で考えたときに、ちゃんとした理解のもと通貨
分散をできている人がどの程度いるでしょうか。

自分は日本国外へ出るつもりがないから円だけ持っておけば大丈夫と
思っている人が多いことに驚きます。

日本円という資産が身近にありすぎるため、日本円=価値が変動しない
ものだと思っているようですが、円も立派な資産であり、価格が常に変動
している(自分の資産が常に増減している)ことに気づかなければいけません。

レベルの低いFPや生保の営業マン、証券販売員が説明している外貨保有の
メリット・デメリットでは、そもそも間違っていたり、いまいち腹落ちしない
説明が多いと思いますので、私がなぜ外貨資産を保有して運用するのかを
今日は具体的にお話しします。

日本円の価値は常に変動している事実

まず、しっかりと理解しておいていただきたいのは、日本円の価値は
常に同じではないということです。

どうしても目の前に、通貨や紙幣を持っていると、その紙幣自体が増え
たり減ったりするわけではないので、イメージはしにくいと思います。

しかし、あなたは日本円の価値の変動を実は身近に体験しています。
例えば、日清のカップヌードル、湖池屋のポテトチップス、ハーゲン
ダッツなど、身近な食料品が値上げされていますね。

これは、今まで100円で買えていたものが110円出さなければ買えなく
なるということなので、日本円の価値が目減りしているということに
他なりません。

サイフの中身の通貨や紙幣が増減しないので、どうしてもイメージし
にくいのですが、ここはしっかりと押さえておいてください。

あなたが保有している日本円の資産価値は常に増減しているのです。

価値変動の要因の1つが為替レート

前述の内容で 日本円の価値が変動することはわかったと思います。
では、日本円の価値が変わるのはなぜなのか。

これにはいくつかの要因がありますが、そのうちの一つが為替です。
ドルと日本円は相対的な関係にあり、アメリカ経済にとってプラスの
イベントが起これば、米ドルが買われます。

そうすると米ドルの価値が上がりますので、米ドル高となります。
一方で、相対的に日本円の価値は下がりますので、円安になります。

こうなると、今まで1ドル100円で買えていたものが、1ドル120円出さ
ないと買えなくなります。

海外から原料を仕入れる原料メーカーは今までより多くの日本円を支払
わなければ、必要な分の原料を購入できませんので、調達コストが高く
なります。

そうすると、原料を加工して販売する場合、仕入れ値が高くなっている
わけですから、今までと同じ価格で売ってしまえば利益は少なくなります。

ですので、値上げをする必要が出てくるわけです。そうすると、いままで
1000円で買えていたものが、例えば1100円出さなければ買えなくなり、
実質円の価値が下がってしまったとなるわけですね。

以上のように、為替と円の価値には密接な関係があるのです。円安=日本円
の価値が低下。円高=日本円の価値増加と覚えてください。

さて、為替と日本円の価値の関係については理解できたと思いますので、
なぜ外貨を保有すべきなのか、もしくは保有しなくてもよいのか一般的に
よく説明されている意見を見ていきましょう。

外貨を保有すべき派の意見

日本の衰退で為替が円安になる可能性が高い

日本は世界一速く高齢化が進行しており、人口も減少し始めています。
一方で、アメリカは移民の流入を除いても、純増しています。

経済力は人口に比例するというのが大原則ですので、米国の経済は
このまま成長し、日本の経済は衰退することが想定されます。

当然、経済が成長する国では、お金を借りてでもビジネスをしたい人
が増えますので、金利は上がっていきます。(高い金利でお金を借りて
でも、それ以上儲かるのであると思って借りる人が増える)

一方で、経済が衰退すると、ビジネスを始めたいと思うひとがそもそも
いません。仮にビジネスを始めるにしても、高い金利ではビジネスを
始めても返済ができないことから、低い金利でしかお金の借り手が
見つかりません。ですので、金利は下がっていきます。

そうすると、金利が安い日本円を保有するよりも、金利が高い米ドルを
保有したほうが利息を得ることができるので、米ドルに資金が流入し、
ドル高・円安が進行するという理論です。

これは、いわゆる国力の強いほうに為替は動くという理論で、一見すると
説得力はありますが、私が色々と調べたかぎり、国力と為替に明確な相関は
ありません。

説明しやすいので使われがちな意見ですが、簡単に鵜呑みにしないでくださいね。

通貨価値が暴落するので、外貨を保有すべきである

日本政府の借金は1500兆円に達しており、GDPをはるかに上回る借金で
あるため、日本は破綻するなどと言われています。

しかし、現在の日本は対外純資産が世界最大であり、国家が破綻するとは
考えられませんが、GDPをはるかに上回る借金を抱えている日本政府は
異常であり、今後私たちが想定できないイベントによって、国債の価格が
暴落し、日本円の価値が暴落することは確率が低いですがあり得ます。

ですので、円の価値が下がれば、相対的に米ドルなどの外貨の価値は上昇
しますので、今のうちの円を外貨に換えておこうということです。

外貨保有はしなくてもいい派の意見

日本で生活しているわけですから、仮に外貨を保有したとしても、いずれは
日本円に両替することになります。

それなのであれば、米ドルなどを保有して、為替リスクを無理に背負って、
毎日ドキドキするよりも日本円をそのまま保有しておくほうが安全である
ということです。

私が考える外貨を保有すべき本当の理由

ここまで、外貨を保有すべき派の意見と外貨を保有しなくてもいい派の
意見を見てきました。どちらも一理あると思えますが、いまいち決定打に
かけます。

では、なぜ私が外貨を保有しているのか。

私が外貨を保有している理由は、一言で言ってしまえばリスクの軽減です。
円が暴落した場合、大きく資産が目減りしますので、米ドルや他の通貨に
分散投資をしているということです。

投資で重要なのはリスクのコントロールです。株でもFXでも、起きない
であろうと思っていることが起きたときに一番資産が削られます。

そのような場合、何も起きないであろうと思って対策をしていなかった
人たちは資産を吹き飛ばされて退場することになります。そう考えた
ときに、今後確率は低いものの影響度が一番大きいのが日本の借金問題
だと思っています。

というより、影響度合いが測定できないからこそ、恐いと思っています。
私自身もすぐに日本の国債が暴落するとは思っていませんが、現在の
借金状態は誰が見ても正常であるとは言えない状況です。

今後、私たちが予測していなかったイベントがきっかけで暴落する
可能性は十分にあると思っています。もし、円しか資産を保有して
いない場合、円が暴落したとすると、自分の資産は激減することに
なります。

一方で、為替はどうでしょうか。経済状況などから、円安に進む可能性が
高いと思われる中で、外貨を保有していて、仮に円高となって資産が目減り
するにしても、どんなに大きく見積もっても30%程度でしょう。

そう考えると、円の暴落でどれだけ価値が暴落するかわからない円だけを
保有しているよりも、多く見積もっても30%程度の下落で済む米ドルを
一部保有しておいたほうがリスク分散になっていると言えるのではないで
しょうか。

このブログでは何度もお話ししていますが、投資は自分でリスクをコント
ロールすることが重要です。何か起こってから対策するようでは、三流の
投資家です。

一流の投資家を目指すのであれば、確率的に低いことは起きないだろうと
切って捨てるのではなく、万が一円の価値が暴落することを前提に、暴落
したらどう対応するのかをしっかり考えておくことで、資産を防衛すること
ができるのです。

自分の資産の2~3割は外貨で保有することを検討してよいと思いますよ。