近年、投資家から非常に注目されているのが、SDGsやESG
といったキーワードです。

一言で言ってしまえば、持続可能な社会の実現を目指して、
様々な観点で目標をもって開発を進めていきましょうという
ものですが、

SDGsやESGの観点で企業がどのような取り組みをしているのかで、
集まる資金が1桁、2桁変わってくると言われています。

それだけ多くの投資家が注目を集めているテーマですが、今回、
三井住友DSアセットからカーボンニュートラルをテーマにした
新ファンドが登場しました。

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略って投資対象としてどうなの?」

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略って持ってて大丈夫なの?」

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略より良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。


イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略の基本情報

カーボンニュートラルとは?

まず、カーボンニュートラルについて簡単に説明しておきます。

科学技術の発展と急激な人口増加により、私たちが排出する
CO2は自然が吸収可能な許容範囲を大きく超えて、地球の平均
気温は毎年上昇しています。

この上昇を止めなければ、いずれ人間が地球上で生活できなくなる
ということで、掲げられたのが、「カーボンニュートラル」です。

カーボンニュートラルとは、企業や家庭から出る二酸化炭素(CO2)の
温室効果ガスを減らし、森林による吸収分等と相殺することで、実質的な
排出量をゼロにすることを言います。

この脱炭素社会を実現するために、イノベーションを起こしている
企業に投資をしていくのが、イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略
です。

投資対象は?

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略の投資対象は、
脱炭素社会に向けた取り組みやイノベーションに貢献する
企業の株式です。

実質的な運用はアリアンツ・グローバル・インベスターズ
が行いますので、運用委託コストが割高になることが予想されます。

2021年1月時点のイノベーティブ・カーボンニュートラル戦略の
国別の投資比率を見てみると、米国が約80%、残りの国は数%に
とどまっていることがわかります。


※引用:目論見書

テーマ別の投資比率を見てみると、クリーンエネルギー、
産業用エネルギーの転換というテーマの比率が高くなっています。

当時は68銘柄で構成されており、その中の組入比率トップ5は
以下のようになっています。

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するように
してください。

純資産総額が多いほうが、ファンドマネージャーが資金を
投資する際に有利であったり、他の投資家の解約の際の
影響が小さくなりますので、優れた投資信託と言えます。

一方、投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなることも
ありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略はまだ募集を
開始してから1か月も経っていませんが、すでに450億円を
超える規模にまで資金が集まっています。

このペースであれば、すぐに1000億円を突破しそうな勢いで
いかに投資家が注目しているかがよくわかります。

この規模であれば、問題ありませんね。

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

これを実質コストと言いますが、実質コストには株式売買
手数料や有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略の実質コストは
まだ運用報告書が出ていないので、正確にはわかりませんが、
ほぼ間違いなく2%は超えてくるでしょう。

購入時手数料と信託報酬を合わせると、初年度は5%程度取られ
ますので、投資する際は慎重に判断をする必要があります。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%※上限
信託報酬 1.925%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト まだ不明

※引用:最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略の評価分析

基準価額をどう見る?

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略はここ数日で、
2%ほど上昇しています。

まだまだ今からですね。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

随時更新予定

平均利回り
1年
3年
5年
10年

※2021年4月時点

同カテゴリー内での利回りランキングは?

随時更新予定

上位●%
1年
3年
5年
10年

※2021年4月時点

年別のパフォーマンスは?

随時更新予定

年間利回り
2021年

※2021年4月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

インデックスファンドとの利回り比較

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略へ投資を検討
するのであれば、より低コストで運用ができるインデックス
ファンドとパフォーマンスを比較してから投資をしても遅くは
ありません。

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略は米国株の比率が
80%程度であることから、S&P500に連動する超低コスト
ファンドであるeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と、

全世界の株式に分散投資ができるeMAXIS Slim 全世界株式
(オールカントリー)
と比較しました。


※引用:モーニングスター

まだ運用期間が短いので何とも言えませんが、この短期間では、
イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略のパフォーマンスが
一番低くなっています。

イノベーティブ slim 米国株式
1年
3年
5年
10年

※2021年4月時点

アクティブファンドとの利回り比較

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略へ投資を検討する
のであれば、他のアクティブファンドとパフォーマンスを比較
してから投資をしても遅くはありません。

今回は、米国株の代表的なアクティブファンドであるアライアンス
・バーンスタインの米国成長株投信Bコースと比較をしました。


※引用:モーニングスター

結果は、米国成長株投信Bコースのほうが上回っています。

米国成長株投信は比較的eMAXIS Slim 米国株式と似たような
値動きをしていますが、イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略は
米国株比率が高いものの、値動きには違いがあることがわかります。

イノベーティブ 米国成長株投信
1年
3年
5年
10年

※2021年4月時点

最大下落率は?

随時更新予定

期間 下落率
1カ月
3カ月
6カ月
12カ月

※2021年4月時点

評判はどう?

それでは、イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略の評判は
どうでしょうか?

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入を
見ることで、評判がわかります。

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪く
なっていれば、資金が流出超過になります。

まだ運用が始まったばかりなので、何とも評価しがたいですが、
すでに450億円あつまっている事実を考えると、評判はかなり
良いということがわかりますね。


※引用:モーニングスター

イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略の今後の見通しと評価まとめ

いかがでしょうか?

私は大きく2つの点からイノベーティブ・カーボンニュートラル戦略は
大きく期待ができると考えています。

1つは近年のSDGsやESGに対する投資家の姿勢です。

冒頭にも述べましたが、多くの投資家がSDGsやESGに大きな関心を
寄せています。

少なくとも当面はこういったテーマの銘柄には資金が集まってくる
と思いますので、組み入れられている銘柄も上昇していく可能性が
大いにあります。

一昔前は、なかなか資金が集まっていませんでしたが、大きく流れが
変わってきていますね。

2つ目が、CO2排出量の40%以上を占めるアメリカと中国がいよいよ
本腰を入れてカーボンニュートラルに舵を切り始めたという点です。

中国は2030年のCO2排出量削減目標を引き上げ、2060年までの
カーボンニュートラル達成を表明しています。

アメリカは大統領選の公約の1つとしてパリ協定への復帰を表明し、
2021年2月にはパリ協定に正式復帰しました。

これによりカーボンニュートラルが世界の潮流となると考えられます。

今後も、カーボンニュートラルの分野には巨額の投資が見込まれている
ことからも、大きな成長が期待できる分野であると思います。

気になる点があるとすれば、NYダウ・S&P500ともに過去最高値を
更新し続けており、堅調に推移しているようには見えますが、多くの
投資家が過熱感を警戒しているのも事実です。

そのため、イノベーティブ・カーボンニュートラル戦略も中長期では
成長が期待できると思いますが、この株式市場が過熱している今買う
のか、調整局面に入り、ある程度、価格が下がってきたところで、
買うのかは考える必要があるでしょう。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点