レオスキャピタルのひふみシリーズと言えば、数年前までは
日本株中心のファンドしかありませんでした。

しかし、近年、海外株式ファンドを新規で設定し、手を
広げていましたが、ここにきて、ついにバランス型ファンド
の運用にも乗り出します。

もともと非常に人気の高いひふみシリーズですのです、
今回のファンドもそれなりに人気が出るのだと思いますが、
そもそも、まるごとひふみは投資する価値があるのか、

まるごとひふみ15、50、100を比較しながら、徹底分析
していきます。

「まるごとひふみって投資対象としてどうなの?」

「まるごとひふみって持ってて大丈夫なの?」

「まるごとひふみより良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。


まるごとひふみ15、50、100の基本情報

投資対象は?

まるごとひふみの投資対象は、世界の株式と債券です。

すでに運用しているひふみ投信、ひふみワールドを通じて
国内の株式、および世界の株式に分散投資をしていきます。

さらにひふみグローバル債券ファンドを通じて、国内外の
債券にも投資をしていきます。

まるごとひふみには15、50、100の3種類があり、それぞれ
以下のように組入れ比率が異なります。

※引用:目論見書

もともとまるごとひふみのコンセプトは今まで株式ファンドは
リスクが高くて投資をしたくても手が出せなかった投資家を
ターゲットに設定されているので、まるごとひふみ15や50が
メインというところでしょうか。

まるごとひふみ100については、ひふみ投信とひふみワールドを
組み合わせているだけですので、まるごとひふみに投資をしなくても
同じ運用はできてしまいますので、目新しさはないですね。

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するように
してください。

純資産総額が多いほうが、ファンドマネージャーが資金を
投資する際に有利であったり、他の投資家の解約の際の
影響が小さくなりますので、優れた投資信託と言えます。

一方、投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなることも
ありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

まるごとひふみはまだ募集を開始してから1か月も経っていませんが、
まるごとひふみ全体では、すでに500億円資金が集まっています。

やはり人気のひふみシリーズということもあり、着実に純資産が
増えています。

まるごとひふみ15だけ、まだ規模として少し心許ない水準です。

まるごとひふみ15 まるごとひふみ50 まるごとひふみ100
純資産 約56億 約169億 約291億

※2021年4月時点

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用が
かかっていることをご存知ですか?

これを実質コストと言いますが、実質コストには株式売買
手数料や有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストが
かなり割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

まるごとひふみの実質コストはまだ運用報告書が出ていないので、
正確にはわかりませんが、信託報酬は割安とは言えない水準です。

購入時手数料もしっかり3%かかってきますので、投資をする際には
十分に検討してから購入するようにしてください。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

まるごとひふみ15 まるごとひふみ50 まるごとひふみ100
購入時手数料 3.3%※上限 3.3%※上限 3.3%※上限
信託報酬 0.66264% 0.9438% 1.3376%
信託財産留保額
実質コスト

※引用:最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

まるごとひふみ15、50、100の評価分析

基準価額をどう見る?

随時更新予定

利回りはどれくらい?

随時更新予定

平均利回り
1年
3年
5年
10年

※2021年4月時点

同カテゴリー内での利回りランキングは?

随時更新予定

上位●%
1年
3年
5年
10年

※2021年4月時点

年別のパフォーマンスは?

随時更新予定

年間利回り
2021年

※2021年4月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

ひふみ投信とインデックスファンドの利回り比較

まるごとひふみに投資をするのであれば、低コストのインデックス
ファンドと利回りを比較してから投資をしても損はありません。

ただ、バランス型ファンドの場合、組み入れ比率が異なることも
多く、一概に比較はできません。

そこで、今回は、まるごとひふみに組み入れられているひふみ投信、
ひふみワールドがそれぞれ、インデックスファンドと比較をして、
パフォーマンスが優れているのかを比較しました。

※ひふみグローバル債券ファンドは比較するものがないので、今回は
除外しています。


※引用:モーニングスター

直近3年間の利回りでは終始、日経225に連動するニッセイ
日経225インデックスファンドに大きくパフォーマンスで
負けていることがわかります。

より長期の利回りはどうなのかを以下で比較をしていますが、
5年平均利回りでもひふみ投資はわずかに負けており、10年
平均利回りだけ大きく勝ち越しているような状態です。

10年平均利回りはたしかにひふみ投信に軍配があがっている
のですが、直近の運用はインデックスファンドに軍配があがる
ので、無理にひふみ投信を選ぶ必要もないと言えます。

ひふみ投信 ニッセイ日経225
1年 +47.12% +56.19%
3年 +7.21% +12.70%
5年 +13.17% +13.60%
10年 +17.21% +13.37%

※2021年4月時点

ひふみワールドとインデックスファンドの利回り比較

続いて、まるごとひふみの海外株式部分であるひふみワールド
と世界中の株式に分散投資ができるeMAXIS Slim 全世界株式
(オールカントリー)のパフォーマンスを比較してみました。


※引用:モーニングスター

まだ、運用期間が2年ほどしかないのですが、直近2年間の
運用では、コロナショック以降、ひふみワールドが上回って
います。

暴落後の運用というのは、銘柄を自由に出し入れできるアクティブ
ファンドにやはり優位性があると言えます。

ひふみワールド slim 全世界
1年 66.90% 56.46%
3年
5年
10年

※2021年4月時点

まるごとひふみ15、50、100の利回り比較

最後に、まるごとひふみ15、50、100にそれぞれ投資を
した場合の利回りを比較してみましょう。

直近では株式市場が好調であることもあり、株式比率の
高い順にパフォーマンスもよくなっています。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

随時更新予定

期間 下落率
1カ月
3カ月
6カ月
12カ月

※2021年4月時点

評判はどう?

それでは、まるごとひふみ15、50、100の評判はどうでしょうか?

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入を
見ることで、評判がわかります。

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪く
なっていれば、資金が流出超過になります。

まだ運用が始まったばかりなので、何とも評価しがたいですが、
まるごとひふみ15、50、100合わせて500億円以上集まって
いますので、今のところは評判は上々と言えますね。

中でも株式市場が好調ということもあり、まるごとひふみ50や
まるごとひふみ100の評判が高いようです。

まるごとひふみ15、50、100の今後の見通しと評価まとめ

まるごとひふみを構成しているひふみ投資とひふみワールドの
パフォーマンスはさきほど、比較をしてみたように、

ひふみ投信は直近3年ほどインデックスファンドに大きく負け
越しており、ひふみワールドはインデックスファンドに勝ち
越しています。

ですので、ひふみワールドとひふみ投信が4:6で構成されて
いるまるごとひふみ100に関しては、インデックスファンドを
大きく上回るパフォーマンスには現状はならないと想定されます。

まるごとひふみ15やまるごとひふみ50については、まだ未知数の
ひふみグローバル債券ファンドの運用次第で良しあしが変わって
きそうです。

ただ、バランス型ファンドに投資をしたいと思うような投資家の方々は
下落に敏感です。

まるごとひふみ15や50の場合は、機動的にポートフォリオの構成比率を
変更して運用するようなファンドではないため、それよりは基準価額の
変動幅を事前に決めて運用するリスク抑制型のファンドのほうが相性が
いいと思います。

バランス型ファンドは組入比率もバラバラですし、運用手法もバラバラ
なので、一概に比較することはできませんが、現状、あえて投資をする
メリットがあるファンドではないですね。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点