複利。投資を始めた人であれば、聞いたことがない人はいないと思います。
そして色々なところで複利で運用できる投資商品に投資をするのがいい
なんて言われていますね。

たしかに指数関数的に右肩上がりに上昇するグラスをみて、
自分の資産も複利で増やせばこんなに増えるのかと大きな夢を
見た人もいるかもしれません。

しかし、そんな方を地獄に落とすようですが、指数関数的に右肩上がりの
グラフには致命的な問題があります。何が嘘なのか今日は検証していきたいと思います。

投資信託の複利の嘘を検証

例えば、100万円を単利5%と複利5%で30年間運用したときの例をまず比較してみましょう。

単利と比べると複利は後半になればなるほど、効果が表れていますね。
複利運用できれば、元本の100万円は、30年間で412万円となり、
元本を引くと312万円のプラスとなります。

このようなきれいな曲線を描いたときが一番資産が増えるわけですが、
さて、問題です。あなたが仮に投資をした投資信託が毎年5%の安定した
複利運用を行えるでしょうか?

次の図は、さきほどの図とトータルのリターン(年利5%×30年間=150%)が
同じにはしていますが、毎年のリターンはプラスもマイナスの年もあった場合の
図になります。

いかがでしょうか?もちろん増えてはいますが、さきほどの綺麗な曲線と比べると、
伸びが鈍化していることがわかります。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
それは、運用実績がマイナスの年があるからです。
複利というのは、倍々に増えていく運用方法ではありますが、
銀行の預金のようにマイナス利率にならないという前提のもとで、
あの指数関数的な上昇曲線が成り立っています。

資産がマイナスになった場合、もとの水準に資産額をもどすためには、
マイナスになった以上の運用パフォーマンスが必要になります。

例えば、100万円を投資信託で運用し、1年目で50%資産が
目減りしてしまったとしましょう。そうすると、1年目の終わりの資産は50万円です。

では、2年目に100万円まで資産を戻すためには、
どれだけの運用実績を出せばよいでしょうか?

50%でもとに戻りますか?戻りませんよね。
50万円が+50%ということは、75万円です。

目減りした分の半分はとりもどせましたが、
100万円にははるかにおよびません。

結局50%目減りした資産をもとの水準に戻すには、
+100%のパフォーマンスを出す必要があります。

減るときは-50%で50万円になり、もとに戻すときは
+100%の運用実績が必要になるわけなので、
当然、運用実績がマイナスの年があると、
翌年元の水準まで戻すのは難しいとういことですね。

ここから言えるのは、毎年+5%の安定成長で30年間運用するのと、
プラスの年もあり、マイナスの年もあり、30年間のトータルで
見ると平均5%/年になっている場合とでは、運用パフォーマンスが
大きく変わってくるというわけですね。

投資信託の複利の嘘はトークでこう使われている。

こういった複利の話というのは、わかりやすいので、トークでもよく使われます。

72の法則というのはご存知でしょうか?
例えば、複利3%で運用した場合、24年で資産が2倍になります。
複利4%/年で運用できれば、18年で資産が2倍になります。
72を複利の利率で割ると、資産が2倍になるまでに必要な年数が出るというわけです。

年利4%の複利で運用できれば、18年で資産が2倍になります。
もし3000万円を60歳までに用意したいと思うなら、今から1500万円を
この年利4%の投資信託で運用しましょう。といった具合ですね。

聞いている側からすると、もっともらしく聞こえますので、
ついそうなのかと思ってしまいがちです。

しかし、結局、この72の法則というのも、毎年安定的にプラスの運用実績が
出ていることを前提としているため、実際の運用のパフォーマンスとは
大きく差が出てきてしまうのが現状なのです。

合わせて読みたい記事はこちら

複利の嘘だけじゃない!勘違い続発の新事実8選

まとめ

今日は複利の嘘について色々と書いてきましたが、いかがでしたでしょうか?
数字に強くなると、数字のごまかしに気づけるようになります。

投資話の多くは、魅力的な数字が並んでいることが多いですが、
本当に実現可能なのか、ちゃんと計算できるようになると
騙されることが一気に少なくなりますよ。