投資信託を選ぶに際に、必ずチェックすべき項目のひとつが
純資産総額です。

ただ、案外何をどう見ればよいのか知らない人が多いことに
気づきました。

純資産総額の多寡は、その投資信託の人気のバロメーターとして
見ることができるのですが、実は他にも色々とわかることがあります。

今日は、よくお客様から質問される内容を参考にしながら、
投資信託に投資をするなら、最低限しっておきたい純資産総額の
常識についてお話ししていこうと思います。

投資信託の純資産総額とは?どう計算される?

まず簡単にではありますが、純資産総額とは何か説明しておきましょう。

投資信託の純資産総額とは、投資信託の時価総額と言えます。
簡単に言ってしまえば、あなた含め、投資家の皆さんから集めた
資金の合計ということですね。

基準価額×購入口数=純資産総額となります。

もうすこし具体的に説明すると、皆さんから集めた資金の総額から
負債(解約金や報酬)を差し引いたものが純資産総額となります。

純資産総額は、投資信託の運用がうまくいくと増え、運用がうまく
いかないと減ります。また、分配金などを出すと減ります。

純資産総額が多い=多くの人が投資をしているということにもなり
ますので、人気度合いをはかる指標にもなっていますね。

投資信託の純資産総額は大きいほうがよいのか?

まず、よく聞かれるのが、投資信託の純資産総額は大きいほうが
よいのかという質問です。
全投資信託の平均値をとると、100~200億の間になりますので、
それ以上あれば、比較的大きいと思っていいです。

純資産総額が大きいファンドのメリットとして、

経費率を抑えられる

適切なタイミングで銘柄を入れ替えられる

より詳しい情報が公開される

繰り上げ償還されない

ことが挙げられます。

「経費率が抑えらえる」というのは、投資信託を運用していれば、
運用報告書の作成や各種事務費用がかかりますが、これは投資信託
の規模にかかわらず、同程度の費用がかかります。

ですので、投資信託の規模が大きければ、費用の比率は下がる
ということです。

「適切なタイミングで銘柄を入れ替えられる」というのは、
規模が小さい投資信託の場合、大きく資金が流出すると、
その資金を捻出するために、意図せず投資信託の一部を
解約しなければならなくなります。

まだ売りたくない投資信託を売るわけですから、当然収益を得る
機会損失となるわけですね。規模が大きい投資信託の場合、
その心配がないということです。

「より詳しい情報が公開される」というのは、純資産総額が大きい
投資信託ほど、広告予算が大きくなります。

そのため、新規顧客開拓のための費用だけでなく、既存の顧客を
フォローする意味で、投資信託の特集が組まれたりすることが
ありますので、情報の量が多くなります。

「繰り上げ償還されない」というのは、投資信託の規模が小さいと、
採算が取れないため、予定していたよりも早く投資信託を償還する
ケースがあり、予期せぬタイミングで売却を余儀なくされることが
あります。

以上のように、基本的には投資信託の規模は大きいほうが良いのですが、
大きすぎるのも問題となってきます。

投資信託の規模が大きいということは、それだけ株式などを
購入しなければなりません。

規模が大きくなりすぎることで、投資信託のテーマとあわない銘柄
まで購入するはめになり、パフォーマンスが落ちてしまうといった
ことがあるのです。

現在、大人気のひふみ投信は国内株式を中心に運用されていましたが、
純資産が増え過ぎたため、海外の株式に手を出し始めています。

今のところは米国の大型株式にしか手を出していませんが、リサーチを
しっかり行えていない株式を組入れはじめるとどこかでひずみが生じる
可能性もあるので、ひふみ投信には少し期待外れです。

以上のことから、基本的には純資産総額は大きいほうがよいのですが、
大きすぎても運用が難しくなると思っておいてください。

純資産総額の目安は?

では、ここで純資産総額の目安について説明しておきましょう。

まず、10億円以下の規模の投資信託というのは、適切なタイミングで
売買できずにコストが余計にかかるリスクや繰り上げ償還リスクがある
ので、あまり手を出さないほうがよいです。

ただし、設定されてから1年未満であれば、規模が小さくても仕方ない
ので、設定されてから2年以上がたっている場合です。

最低10億円以上ですが、余裕を持つのであれば、50億円以上は
ほしいところです。積立NISAの対象ファンドの要件にもなっている
基準ですので、ひとつの目安にはなると思います。

純資産総額は最近増えているファンドは良いファンドなのか?

こちらもよく聞かれる質問ですが、一概にそうとは言いきれません。
純資産総額の上昇は、基準価額の上昇もしくは、資金の流入に
よって起こります。

資金が流入しているということは、多くの投資家がそのファンドを
購入しているということなので、人気があるわけなのですが、人気が
ある=良いファンドとは限りません。

特に投資信託の場合は、銀行や証券会社の販売員が、とんでもない
ファンドを初心者投資家に売りつけています。

販売員のごり押しによって、そのようなファンドでも売れに売れて、
純資産総額のランキングで上位にランクインしていることもあります。
ゆうちょ銀行のスマートファイブなんかが良い例ですね。

あとは、毎月分配型の投資信託で、異常に高い分配金を分配することで、
見かけ儲かるように見せている詐欺ファンドも一時的に純資産総額が
ぐーっと増えたりすることもあります。

ですので、純資産総額の増加具合だけで、判断するのは絶対にやめてください。

投資信託の純資産総額は上がっているのに、基準価額は下がるのはなぜ?

これは計算式で考えるとよくわかるのですが、
基準価額=純資産総額÷購入口数で表すことができます。

このようなことが起こるのは、投資信託の購入口数は増えているが、
①運用パフォーマンスが優れない②過剰な分配金を出しているため
に起こります。

投資信託の申し込みが増えれば、購入口数も増え、それに比例して
純資産総額は上昇します。

しかし、運用パフォーマンスが例えばマイナスであれば、
純資産総額は減少します。

分母の購入口数は変わらず、分子の純資産総額が目減りするため、
結果として基準価額が下がるのです。

具体例を数字で書いておきます。

<初期>

純資産総額:10000

購入口数:100

基準価額:100(10000/100)

<1年後>

純資産総額:18000(運用がうまく行かず純資産が2000減少)

購入口数:200

基準価額:90 (18000/200)

数値で見るとよくわかりますが、純資産総額は増えているにも
かかわらず、基準価額は下落していますね。

これは分配金を出した場合も、純資産総額が減少するので、
同じような動き方をします。

こういった投資信託に出会った場合は、要注意です。というのも、
①パフォーマンスは優れないのに、周りの投資家が購入している
②分配金がタコ足配当になっている。
場合にしか、このような動きにはなりません。

投資家にとって、メリットはあまりないので、このようなグラフに
なっているときは注意してください。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

純資産総額だけで、ファンドの良し悪しを判断するということは
ありませんが、純資産総額をしっかり分析することで、どのような状況に
あるファンドなのかある程度、想像することはできます。

とりあえず、純資産総額が10億円以下のうちは、コストが割高になる
傾向があるので、積極的には投資をしないようにしましょう。