ウェルスナビは6つの質問に答えると自動的にリスク許容度が
決まり、ポートフォリオが決定します。

もちろんポートフォリオの中身の判断もつかないからこそ、
ウェルスナビを使っているのだと思いますが、運用を
お任せするにしても、

  • 「私のポートフォリオってどれくらいのリターンが期待できるんだろう?」
  • 「私のポートフォリオってどれくらいリスクがあるんだろう?」

といった疑問は投資する前に出てくるものです。

今日は、ウェルスナビのポートフォリオについて
独自の目線で徹底分析していきます。

ウェルスナビ(WealthNavi)のリスク許容度別のポートフォリオの構成とは?

まずあなたのポートフォリオはウェルスナビの画面から、
すぐに確認できますが、リスク許容度別でみると、
だいたい以下のような比率で組み入れられています。


※引用:ウェルスナビ ホワイトペーパー

どの資産クラスにどのくらいの比率を投資しているのかは
すぐわかりますが、このままでは

「リスク許容度5のポートフォリオは米国株の比率が高いな。
日本株の比率も高い。米国債の比率は低いな」

といった程度のことはわかりますが、それ以上のことがわかりません。

そこで投資業界で一般的に使われるリスク資産と安全資産という
2つの区分けでそれぞれのリスク許容度のポートフォリオを
分析してみましょう。

ちなみに、リスク資産は値動きが大きく、収益が期待できる反面、
損失を被る可能性がある資産を指し、株式、RIET、ハイ・イールド
債券等の商品を指します。

安全資産は将来の収益が目減りする可能性が低い資産を指し、
預貯金、国債、金などの商品を指します。

リスク許容度 リスク資産 安全資産
1 30.0% 70.0%
2 48.4% 51.6%
3 65.0% 35.0%
4 78.1% 21.9%
5 87.5% 12.5%

リスク許容度1のポートフォリオは、安全資産が70%程度を
占めており、一般的なバランス型ファンドの中でもかなり手堅い
運用をするカテゴリーに入るポートフォリオとなっています。

一方で、リスク許容度5のポートフォリオはリスク資産が
90%近いので、ほとんど株式100%のポートフォリオと同じです。

最近流行りの8資産均等型のバランスファンドはリスク許容度4
くらいですね。

と、ポートフォリオのリスク資産の比率はわかりましたが、
ここまでの情報だけだと、自分のポートフォリオは年間で
とれくらいのリターンが期待できるのか、また下落するときは
どれくらい下落しそうなのかがわかりません。

そこで、さらにウェルスナビのリスク許容度別のポートフォリオの
期待リターンとリスクを分析してみましょう。

ウェルスナビ(WealthNavi)のリスク許容度別ポートフォリオの期待リターンとリスクは?

ウェルスナビのホワイトペーパーを見ると、以下のような
リスク許容度別の期待リターンとリスクのグラフが乗っています。


※引用:ホワイトペーパー

リスク許容度 期待リターン リスク
1 2.9% 4.6%
2 3.7% 6.2%
3 4.6% 8.1%
4 5.3% 9.9%
5 5.9% 11.2%

こちらのデータをもとに、ウェルスナビのリスク許容度別の
ポートフォリオがそれぞれ1年間でどの範囲内で値動きを
するのか算出します。

年間リターンの変動幅というのは、1年間のリターンが95%の
確率でこの範囲内のどこかに収まるという範囲です。

リスク許容度1の場合は、1年間で▲6.3%程度、資産が
目減りする可能性があり、12.1%資産が成長する可能性もある
ポートフォリオになっているということですね。

つまりリスク許容度1を選択した場合、1年間運用して、
マイナス10%やプラス20%資産が増減する可能性は
かなり低いということが言えます。

リスク許容度 リターン+2α 年間リターンの変動幅
1 2.9%±9.2% 6.3%12.1%
2 3.7%±12.4% 8.7%16.1%
3 4.6%±16.2% 11.6%20.8%
4 5.3%±19.8% 14.5%25.1%
5 5.9%±22.4% 16.5%28.3%

※あくまでもホワイトペーパーをもとに算出した概算値です。

もちろん、ウェルスナビに運用をお任せする前提の方が多いと
思いますので、こういったデータは知らなくても良いという人も
いるかもしれません。

しかし、6つの質問だけで投資家のリスク許容度が把握できる
のかは
甚だ疑問ですので、念のため、上の表を参考にして、

自動で選択されたリスク許容度のポートフォリオが
自分が受け入れられる変動幅なのか確認しておくと良いでしょう。

ウェルスナビの発表によると、リスク許容度5のポートフォリオの方が
約50%いますので、皆さん思った以上に積極的な運用になっていると
思われます。


※引用:ウェルスナビ

ウェルスナビ(WealthNavi)のおすすめのポートフォリオはどれ?

ここまで話をすると、

「ウェルスナビのロボアドバイザーに自分のリスク許容度を
決めてもらってはいるけど、実際のところ、自分におすすめの
ポートフォリオはどれなんだろう?」

と気になる人もいると思います。

そのような方はまず今のリスク許容度で運用を続けましょう。

そうするうちにどこかのタイミングで大きく相場が下落し、
一時的に含み損を抱えることも出てきます。

そのときの下落幅(マイナス金額)を目の当たりにして、
「こういうこともあるよね」と平常心で眺めて居られる
ようであれば、今のリスク許容度で問題ありません。

一方で、

「毎日毎日これ以上マイナスが増えないか気になって仕方がない」
と言う人はリスク許容度が高く設定されすぎているので、
リスク許容度を1段下げるとよいでしょう。

あなたにおすすめのポートフォリオというのは、投資金額や
投資経験によって常に変化していきます。

ですので、正解を初めから求めるのではなく、運用をする中で、
自分に最適なポートフォリオに変化させていくようなイメージで
運用をされるとよいと思います。