「マメ知識」の記事一覧


投資詐欺から身を守る24の超実践術

マメ知識

ブログを書き始めてようやく半年。いつも当ブログに訪問いただきありがとうございます。 さて、実は前々からやろうやろうと思ったまま、なかなか実現できていなかったのが、 投資詐欺に関する本(電子書籍)を出すことです。 投資詐欺から身を守る24の超実践術 このような本(電子書籍)を書きたいと思うきっかけとな […]

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

マメ知識

投資信託を選ぶに際に、必ずチェックすべき項目のひとつが純資産総額です。 ただ、案外何をどう見ればよいのか知らない人が多いことに気づきました。 純資産総額の多寡は、その投資信託の人気のバロメーターとして見ることが できるのですが、実は他にも色々とわかることがあります。 今日は、よくお客様から質問される […]

40代におすすめの投資信託ポートフォリオは?

マメ知識

40代になってくると、将来のことも考えて投資についても色々と挑戦 していこうと思われる方も増えてきています。 しかし、今まで、投資教育をまともに受けてきていないがために、 自分では意識せずとも、金融機関の策略にはまってしまっているケースが非常に 多いです。 最近は、ロボアドツールで、いくつか自分の投 […]

20代におすすめの投資信託ポートフォリオは?

マメ知識

積立NISAやIDECOのプロモーションのおかげで、 20代から投資に興味を持つ人が増えてきました。 一方で、20代ですと、どうしても投資に回せる資金も少なく 何に投資をしておけばよいかわからない人も多いでしょう。 今日は、そういった20代の方におすすめの投資信託ポートフォリオを 紹介していきたいと […]

30代におすすめの投資信託ポートフォリオとは?

マメ知識

最近、「投資信託を購入するなら分散投資が大事だ。」 「ポートフォリオ組むことが大事だ」とよく言われるようになりました。 そして多く人が、自分に最適なポートフォリオはどれなんだろうかと 探す人が増えています。ただ、一方で、ポートフォリオ理論を安易に 信じてしまうと、思ってもいない結果につながりかねませ […]

投資信託の実質コストとは?実質コストを比較検証!

マメ知識

「投資信託はコストが高いから、コストが低い投資信託を買いましょう!」 「信託報酬は1%以下じゃないと買う気がしない」といったことをよく 聞くになりました。 ようやく多くの投資家にもコストが割高という意識が定着してきたなと いうところですが、多くの人が表面コストのことしか把握できていません。 ここでい […]

投資信託とETFの違いを徹底比較!おすすめはどっち?

マメ知識

色々なお客様と話をしていると、「投資信託とETFって何が違うんですか?」 「どちらがおすすめですか?」とかなりの頻度で質問されます。 どちらも有価証券をひとまとめで購入するための箱と言ってしまえば、 それまでですが、今日は、投資信託とETFのメリット・デメリットを明確にして、 違いを徹底比較していき […]

1000円から始める投資信託。1000円積み立て続けると、30年後はいくらになる?

マメ知識

現在、日本から購入できる投資信託は5000~6000本もあります。 そのため、投資を始めよう!と思いつつも、自分にとってどの投資信託がおすすめなのか、 なかなか判断ができず、手が出ないという人も多いのではないでしょうか? 一方、近年の傾向として、信託報酬等のコストが安くなり、最低購入金額も 1000 […]

バランス型の投資信託を複数保有するメリット・デメリットは?

マメ知識

今年に入り、金融庁肝煎りの「つみたてNISA」制度が始まりました。 金融庁によれば本制度の投資対象として「長期の積立・分散投資に適した 一定の投資信託」と定義されており、実際に選定された投資信託を見ると、 ETFなどインデックス系に次いでバランス型投資信託が多く選定されています。 そのため、何も気に […]

新規募集の投資信託を購入するメリット・デメリットは?

マメ知識

インターネットで投資信託関連の記事を見ていると、ほぼ毎営業日に 近いような頻度で新規の投資信託が設定されていることに気が付くと思います。 なぜこんなに多くの投資信託が新規で登場するのでしょうか? 今日は、新規募集の投資信託について運用会社・販売会社・投資家の視点から メリット・デメリットを見ていきた […]

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

マメ知識

1年後のリターンがどの程度になるのか、誰しもが予測できたらいいなと 思っています。もちろん将来のことなので、わからないと言えば、それまで なのですが、ある計算をすることで、1年後のリターンの予測をすることが 可能です。 ある程度、投資信託について勉強している人であれば、何となくはご存じかと 思います […]

勘違い続出!プロは必ず知っている。投資信託の新常識8選

マメ知識

投資の世界には間違った情報が出回り、あたかもそれが正しいように 認識されていることが多々あります。 投資信託においても例外はなく、多くの人が勘違いをしながら 投資をしてしまっています。 何も害がないのであればよいのですが、投資信託においては、 間違った認識で投資をしていると大損する可能性があります。 […]

アクティブ運用よりパッシブ運用のほうがいいという誤解

マメ知識

近頃、アクティブ運用よりもインデックスファンドのような パッシブ運用のほうが効率がよい。優れている。というようなことを 言う人が増えていますが、資産運用業界にいる人間からすると、 この議論は大きな誤解の下に語られています。 こうした議論は、アクティブ運用のファンドマネージャーで長期的に ベンチマーク […]

投資信託の手数料は安いほうがいいというわけではない

マメ知識

日本の投資信託の七不思議のひとつが、手数料の高さです。 海外の運用会社の人間と話をしても、なぜ日本の投資信託の手数料が ここまで高いのか不思議がられます。 とりわけ販売手数料の高さは驚嘆されます。 近年では、「手数料が高い」という認識が個人投資家の間でも広がり、 手数料だけを基準にノーロード投信がい […]

分散投資をしているつもりでも、分散投資になっていない.

マメ知識

一般に分散投資の必要性を説明するとき、 「卵を1つの籠に盛ってはいけない」とよく言われます。 卵を1つの籠にもってしまうと、もしその籠を落としてしまったら、 全部の卵が一度に割れてしまうから危険だということですね。 あなたも1度は聞いたことがあるのではないでしょうか? この説明自体に、間違いはなく、 […]

すべての投資信託をファンドマネージャーが運用しているわけではない。

マメ知識

投資信託の運用といえば、ファンドマネージャーがいて、調査部や トレーディング部があって、日々パソコンとにらめっこをしながら、 良い銘柄を物色しているというイメージがあるかもしれません。 しかし、当然、そうなれば、人件費が膨らんできます。 預かり資産が十分にあり、信託報酬が十分にもらえる 運用会社はよ […]

投資信託はプロのファンドマネージャーが運用するという誤解

マメ知識

投資信託のファンドマネージャーと聞くと、運用会社の中でも エリート中のエリートで、自分たちとは違う世界に生きている人 というような印象を持っている人も多いかもしれません。 確かに大事なお金を預ける相手だからこそ、そのような人で あってほしいという願望もあるのでしょうが、実態はあなたが 思っているほど […]

投資信託の販売員がお客様にバレたくない真実とは

マメ知識

あなたが初めて投資信託を購入した経緯を思い出してみてください。 おそらく、「金融機関の販売員に勧められたから買ってみた」と いう方が多いのではないのでしょうか。 販売員から低金利な中の魅力的な運用商品として推奨され、 更にはあなた個人の情に訴えるようなセールスをされた結果、 元本保証ではないこと以外 […]

運用実績の源泉であるアセット・アロケーションが機能していない現実

マメ知識

投資信託の勉強をするために本を読んだり、記事を読んだり したことがある人であれば、「アセット・アロケーション」という 言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか? 実際、多くの投資の教科書にもアセット・アロケーションが パフォーマンスの大部分を決めると書いてあります。 私自身もアセット・アロケーショ […]

投資信託の運用実績はトラックレコードだけ見ればいいわけではない。

マメ知識

多くの投資信託の入門書や解説記事などに、投資信託の購入時の チェックポイントとして、トラックレコードが最重要ポイントとして 書かれていることが多いです。 確かにトラックレコードはないよりはあったほうがいいのですが、 トラックレコードはあくまで過去の通信簿です。 小学校や中学校で神童と呼ばれ、のちは博 […]

ページの先頭へ