投資の世界には間違った情報が出回り、あたかもそれが正しいように
認識されていることが多々あります。

投資信託においても例外はなく、多くの人が勘違いをしながら
投資をしてしまっています。

何も害がないのであればよいのですが、投資信託においては、
間違った認識で投資をしていると大損する可能性があります。

運用のプロであれば、まず間違いなく知っているけれど、
なかなか知られていない運用業界における常識をまとめてみました。

バランス型ファンドがおすすめのわけがない

投資初心者やリスクを嫌う投資家からは圧倒的な人気を誇っている
バランス型ファンドですが、周りの人気ほど、おすすめできる商品では
ありません。

一見すると、聞こえはいいのですが、いったい何が問題なのでしょうか。
パッと理由が思いつかない方はこちらの記事を読んでみてください。

バランス型ファンドの本当のデメリット。なぜ私はおすすめしないのか

 

アクティブファンドが圧倒的に優れているカテゴリーがある。

巷ではインデックスファンドのほうがアクティブファンドよりも優れている
と言われることが多くなっています。しかし、ほとんどの人は実際に自分で
パフォーマンスを比べたことはないでしょう。

たしかに、マクロ的に見れば、インデックスファンドが優れているように
見えるのですが、ミクロの視点でみると、実は違った景色が見えてきます。

こちらの記事を読めば、いかに巷で言われていることが間違っているか
よくわかります。

【衝撃の検証結果】インデックスファンドVSアクティブファンド。結局優れているのはどっち?

 

元本割れを防ぐために圧倒的に有利な方法がある。

投資には元本保証はありませんが、過去の統計データを検証すると、
明らかに元本割れをしにくくなるケースが存在します。

こういった事実を知りながら、投資をするのかしないのかで将来の
パフォーマンスは圧倒的に変わります。

果たして、それはどのような方法なのか、こちらの記事にまとめました。

過去データの検証結果からついに判明。元本割れを限りなくゼロにする投資方法とは?

債券ファンドを買うなら債券を買うほうがよほど良い

巷では、分散投資をするのがよい。ということで、株式、債券、REITなどを
組み合わせて保有するというのが、一般的になっています。

しかし、やみくもに分散させればよいというわけではなく、特に債券ファンド
については、ポートフォリオに組み込む必要があるのか甚だ疑問です。

その理由をこちらにまとめています。

債券ファンドのデメリット。なぜ私は債券ファンドをおすすめしないのか。

 

単純に手数料が安ければ良いファンドなわけがない

近年、販売手数料がゼロのノーロード投資やインデックスファンドが人気です。

もちろん、手数料が安いに越したことはないのですが、このような人は
あるとても重要なことに気づいていません。

それは何なのでしょうか。

投資信託の手数料は安いほうがいいという誤解

 

運用実績はトラックレコードだけを見ればいいわけがない

多くの人が投資信託を選ぶときに過去のトラックレコードを
確認していると思います。

もちろんトラックレコードは重要なファクターの1つではあるのですが、
特にアクティブファンドを選定するときは、トラックレコードだけを
見て商品選定しているようでは、まずうまく運用することは難しいでしょう。

では、どうすればよいのでしょうか?

投資信託の運用実績はトラックレコードだけ見ればいいわけではない。

 

ファンドマネージャーはただのサラリーマンでしかない

投資信託を運用しているのは、相場に精通しているプロである。

当然、あなたの大事なお金を預けるわけですので、誰もがそうに違いないと
思っています。

しかし、実際のところはそうでもないことがあるのです。

投資信託はプロのファンドマネージャーが運用するという誤解

 

分散投資をしているつもりが分散投資になっていない

「分散投資が重要である。」ということは、さすがに投資を
している人で知らない人はいないと思います。

しかし、分散投資の意味をちゃんと理解して、投資できている人は
ほんのわずかです。私が色々な人のポートフォリオを見てきましたが、
実際に分散投資を理解して分散できている人はわずかです。

それはなぜなのでしょうか。

分散投資をしているつもりでも、分散投資になっていない

 

長期保有目的の投資信託でも放っておけばいいというわけではない。

「長期保有目的で購入しているので、放ったらかしにしてます。」
なんていう方がいます。

しかし、何事も放っておいて運用がうまくいくなんてことはありません。
特にアクティブファンドを保有する場合は注意が必要です

投資信託はあるタイミングでしっかり見直さなければならないのです。

長期保有前提の投資信託でも買ったあと放置しておけばいいわけではない。

 

パフォーマンスの源泉であるアセットアロケーションが機能しない

「投資信託を購入するときはアセットアロケーションが重要である。」
といった言葉を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?

しかし、実際、投資信託の組み入れ銘柄をみればわかるとおり、
100%株式だったり、100%債券だったりになっており、
アセットアロケーションが全く機能していません。

じゃあ株式や債券が混ざったバランスファンドがいいのかということ、
単純にそういう話でもないのです。

では、どうすればアセットアロケーションを効果的に利用できるのでしょうか。

運用実績の源泉であるアセット・アロケーションが機能していない現実

 

機関投資家が買わない“投資不適格”の投資信託が平然と売られている

多くの人が投資信託の組入銘柄について詳しく分析することはないと思いますが、
投資信託という枠の中に隠されることで、機関投資家が見向きもしない
投資不適格の債券が組みこまれているケースがあります。

どういったケースがあるのでしょうか?

機関投資家が買わない”投資不適格”の投資信託が平然と売られている事実