ゆうちょ銀行で投資初心者向けにすさまじい勢いで販売されているバランス型ファンド。
上位10ファンドのうち、8ファンドがバランス型ファンドという状況です。

ゆうちょ銀行の純資産増加額1位のスマートファイブに至っては、
プロが見れば、まず間違いなく大したファンドではありませんが、
日興アセットマネジメントとモーニングスターとゆうちょ銀行が結託することで、
カモにされている投資家が後を絶ちません。

バランス型ファンドは1つのファンドで多くのアセットクラスに分散投資ができ、
リバランスもやってもらえるということで、「初心者に最適」と言われたりも
していますが、本当にそうなのでしょうか?

私個人としては、バランス型ファンドをおすすめすることはまずないのですが、
なぜそう考えるのか、私が考えるデメリットについて徹底的にお話したいと思います。
バランス型ファンドの保有者もしくは、検討している方は一度読んでみてください。

バランス型ファンドの本当のデメリット①自分の投資レベルが上がらない

私は、自分で努力することなく、楽して資産を増やしたいと思っている人は、
そもそも投資をしないほうがいいと思っています。

投資の世界は、努力もせず楽して儲けられるほど甘い世界ではありません。
あの手この手を使って、あなたの資産を奪ってやろうと目を光らせている輩が
山ほどいる世界です。

かく言う私も4000万円近くの資金をだまし取られてきました。
(主に事業投資ですが・・・)

様々な経験をしてきたからこそわかりますが、失礼ながら投資初心者を騙すのは、
とても簡単です。あなたも知らないうちに騙されているかもしれません。

どんなことが起きても投資は自己責任です。あなたが騙されたからと言って、
お金が返ってくることはまずありませんので、お金を投資する前のタイミングで
しっかり見極める力をつけることが何より重要なのです。

そして、その判断力は一朝一夕で見につくものではありません。
長い時間かけて磨かれてくるものだと私は考えています。

そう考えたとき、バランス型ファンドは、あなたの投資レベルを上げるには
一番不向きなファンドであると思っています。

バランス型ファンドは、最近流行りのものだと、だいたい8資産
(国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、新興国債券、
国内REIT、先進国REIT)に分散するものが多いです。

一見すると、運用のプロが8つの異なるアセットクラスのファンドに分散投資をして
適切なタイミングで構成比を調整してくれるので、楽だし効率が良いと思って
しまいがちです。

しかし、初心者が投資を学ぶという視点にたったとき、これほど複雑で
わかりづらいファンドはありません。

ただでさえ、投資信託について、よくわかっていないのにもかからず、
株式ファンド、債券ファンド、REITについて、理解しないといけませんし、
自分が保有しているバランスファンドを他のファンドを比較しようにも、
似たような資産に分散投資されているファンドを見つけるのは一苦労です。

ですので、結局、バランス型ファンドに投資をしてしまうと、
あとはほったらかしになってしまい、資産が増えても減っても、
あなたの投資レベルがあがることは一切ありません。

これは他であまり語られていませんが、一番のデメリットだと思います。

このような投資の仕方をし続けると、いつか必ず大きな失敗をします。

たぶん、あなたの知人や友人が、限られた一部の人にしか出回っていない
投資案件の話を持ってきて、投資レベルの低いあなたは、友人の紹介だし、
相手が信用できそうな人だからということで、投資をし、結局一銭もお金が
戻ってこなくなるといったところでしょうか。

ですので、バランス型ファンドを購入して、このような状況に陥ってしまうくらい
であれば、私は、国内株式型のファンドを1本買ってみるほうがよほど良いと思います。

リスクが高いという人もいますが、購入する金額を半分にするとか4分の1にすれば、
いくらでもリスクを下げられます。

国内株式ファンドであれば、仕組みはシンプルなので、理解しやすいですし、
組入銘柄もあなたが知っている企業が含まれているので、親近感がわきやすく
、イメージしやすいはずです。

そして、ファンドの仕組みもシンプルなので、自分の保有しているファンドを
他のファンドと比較することも容易です。このように、簡単で身近なファンドから、
少しずつ学びながら投資をしていけば、あなたの投資レベルは着実成長していきます。

 

バランス型ファンドの本当のデメリット②機会損失が大きい

そして、私がバランス型ファンドのデメリットだと感じている
もう一つの理由が、資産を増やす大きなチャンスを逸していると言う点です。

まずあなたに知っておいてほしいのは、適切なインデックスを選べば、
あなたの資産は中長期的に見れば、確実に増えていくということです。

具体例をあげるとすると、MSCIコクサイやNYダウ、S&P500などですね。
下図のようにリーマンショックで大きく下落はしていますが、
そのあと数年を経て、当時の水準まで回復し、今では当時の水準をはるかに上回っています。

【MSCIコクサイ】

【NYダウ】

一方で、ダメなインデックスを選ぶとどうなるか見ておきましょう。
私がおすすめしないインデックスはTOPIX、東証REIT、
JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(新興国債券を代表する指数)
のような指数です。

下図のように、お世辞にも成長しているとは言えません。
【TOPIX】

【東証REIT】

【JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド】

さて、上図を見たときにあなたはどう思うでしょう?

私は少なくともMSCIコクサイやNYダウには投資をしたいと思いますが、
自分の大切な資産をTOPIXや東証REIT、JPモルガンGBI-EMグローバル・
ダイバーシファイドに投資をしたいとは思いません。

バランス型ファンドというのは、違う値動きをするファンドを組み合わせることで、
リスクを下げているわけですが、あなたがまさに投資をしようとしている
バランス型ファンドには、TOPIX(国内株式)、REIT(国内REIT)、
JPモルガンGBI-EMグローバル・ダイバーシファイド(新興国債券)
といったものが、まず間違いなく組入られています。

つづいて、見ていただきたいのが、MSCIコクサイと、8資産の
合成インデックス(国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、
新興国債券、国内REIT、先進国REIT)を比較した図です。

つまり、先進国株式ファンドとバランス型ファンドを比較した
と思ってもらえばよいでしょう。

たしかに、緑色の合成指数のほうが下げ幅は小さくなっているので、
リスクが下がっていることがわかります。

一方で、下落した後、もとの水準まで戻る期間で見ると、
MSCIコクサイのほうが6カ月も早くもとの水準まで回復しています。
また、元の水準まで戻したあとの伸び率もMSCIコクサイのほうが大きいです。

これは結局、さきほど図で紹介した東証REITやJPモルガンGBI-EMグローバル・
ダイバーシファイドが足を引っ張っているため、儲けを増やす機会を
逸しているとみることができます。

ここまで見て、いかがでしょうか?

たしかに、分散投資をすることでリスクは下がることがわかりました。
しかし、リスクを下げるために、TOPIXや東証REIT、JPモルガンGBI-EMグローバル・
ダイバーシファイドに投資するくらいであれば、MSCIコクサイやNYダウだけに
投資し、中長期で保有する戦略のほうがよほど優れていると思います。

私は多くのひとが勘違いしていることの1つとして、リスクに対する考え方がある
と思います。例えば、リスク10%というと、多くの人が10%損する可能性がある
と連想します。

本来であれば、値動きの幅を表しているので、一時的に10%程度下落することも
あるという認識が正しいのですが、どうしても損する額と考えてしまいがちです。
そうすると必然的にリスク10%のファンドよりリスク3%のファンドのほうが
安心ということになります。

数値だけみれば、上述のようにリスクが低いファンドを選択をしたくなるわけですが、
MSCIコクサイやNYダウのように一度下落するリスクはあるものの、中長期的に
右肩上がりに成長しているということがわかっていれば、リスクは一時的な下落に
すぎないわけですので、そこまで恐れる必要のないものと思えるのではないでしょうか。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

もちろん、私が今日お話ししたバランス型ファンドのデメリットに賛否両論あると思いますが、
バランス型ファンドを検討する上で、ひとつの判断材料にはなるのではないかと思います。
ぜひ参考にしていただければと。