大手運用会社が競って出している低コスト・インデックスファンド。

三井住友・225オープンも、一昔前は低コストインデックスファンド
の最前線で競っていましたが、今では影を潜めています。

果たして、近年の超低コストファンドと比べてパフォーマンスにどの
程度差が出てくるのか、今日は三井住友・225オープンを徹底分析
したいと思います。

三井住友・225オープンの基本情報

投資対象は?

三井住友・225オープンは、国内株式のうち日経平均株価(日経225)
採用銘柄を主要投資対象とし、原則として等株数投資することで
同株価に連動する投資成果を目指します。

直近の組入上位業種と銘柄は以下の通りです。組入銘柄数は225銘柄
なので、完全に日経平均株価と連動させるような組入れ方をしている
ことがわかります。

※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

純資産総額は投資信託を見極める際に大切なポイントとなります。
基本的には、純資産総額が多い方が、ファンドマネージャーが効率
よく運用ができますので、パフォーマンスが良くなります。

また純資産総額が減少しているファンドは、解約が増えているという
ことです。

さらに投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその投資信託に
力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなることもあります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

三井住友・225オープンは1998年に設定されて以来、20年近く運用
されています。直近では700~800億円規模となっており、インデックス
ファンドとしては規模は大きいほうですね。

ただ、後述しますが、コスト面等を考慮すると、他のファンドへの
乗り換えを検討したほうがよいと思います。

実質コストは?

投資信託には、目論見書に書かれている購入時手数料や信託報酬以外
にも費用がかかっていることをご存知ですか?

これを実質コストと言います。

実質コストには、株式売買手数料や有価証券取引税、監査費用などが
含まれており、信託報酬だけを頼りに投資判断をしていると、あとから
痛い目を見ることがあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

三井住友・225オープンの実質コストは、0.663%です。

他社の日経平均連動型のインデックス型ファンドだと、実質コストベース
で0.19%程度のものがありますので、かなり開きがあることがわかります。

また近年のインデックスファンドは購入時手数料はかかりませんので、
購入時にも差がついてしまいます。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 1.08%(税込)※上限
信託報酬 0.648%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 0.663%(概算値)

※引用:第20期 運用報告書(決算日2018年11月12日)

三井住友・225オープンで本当に大丈夫?圧倒的に高いリターンを出している国内株式ファンド特集

三井住友・225オープンの評価分析

基準価額の推移は?

それでは、三井住友・225オープンの基準価額の推移を見てみましょう。
日経平均に連動するファンドですので、2018年の値動きは日経平均同様
低迷気味でした。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

三井住友・225オープンの利回りを見てみましょう。

直近の1年間はは▲10.75%と冴えませんでしたが、2017年まで
日経平均が好調だったため、3年で3.21%、5年で5.75%,10年では
10.05%のリターンが出ています。

同カテゴリー内での順位を見ても、常に上位30%以内にはランクイン
していますので、パフォーマンスは十分優れていると言えますね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲10.75% 28%
3年 3.21% 24%
5年 5.75% 29%
10年 10.05% 19%

※引用:2019年1月時点

標準偏差は?

三井住友・225オープンの標準偏差から、1年間で基準価額がどの程度
変動する可能性があるのかがわかります。

同カテゴリー内では、中長期で下位30%程度に入っていますので、
比較的値動きは大きくなっていると言えます。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 17.39 52%
3年 16.43 73%
5年 16.20 79%
10年 18.47 82%

※引用:2019年1月時点

年別のパフォーマンスは?

三井住友・225オープンの年間パフォーマンスを見てみると、2018年は
▲10.75%と優れませんでしたが、それ以外の年ではしっかりとプラスの
リターンを維持することができています。

インデックスファンドでも十分なパフォーマンスが出せることがよく
わかります。

年間利回り
2018年 ▲10.75%
2017年 20.86%
2016年 1.93%
2015年 10.64%
2014年 8.69%

※引用:2019年1月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

インデックスファンドへの投資を検討するのであれば、他社のインデックス
ファンドとパフォーマンスを比較してから投資するのが理想です。

三井住友・225オープン(黄線)は他の超低コストインデックスファンドと
くらべると、パフォーマンスで負けてしまっていることがわかります。

eMAXIS Slim国内株式(日経平均)とは0,3%ほど差がありますので、
10年運用すれば3%もパフォーマンスが変わってきます。

こう見ると、あえて、三井住友・225オープンに投資をするメリットは
ありませんね。

※引用:モーニングスター

最大下落率は?

三井住友・225オープンへの投資を検討しているのであれば、過去に
最大でどの程度下落したことがあるのかを知ったうえで投資をした
ほうが、大きな急落時にも同様せずに投資をすることができます。

三井住友・225オープンの最大下落率は、2007年11月~2008年10月の
1年間で▲48.29%です。

この時期国内株式に投資するファンドは、だいたい50%ほど下落して
いましたので、回避することのほうが難しかったですが、その後長期で
保有すればしっかりプラスのリターンとなっていますので、くれぐれも
すぐ売却しないようにしてください。

期間 下落率
1カ月 ▲24.04%
3カ月 ▲35.65%
6カ月 ▲41.93%
12カ月 ▲48.29%

※引用:2019年1月時点

評判はどう?

それでは、三井住友・225オープンの評価はどうでしょうか?

資金の流出入を見れば、投資信託の評判がわかります。解約が増えて
いるということは、この投資信託の魅力が減っているということです。

それでは、三井住友・225オープンはどうでしょうか?

以下のグラフを見てみると、資金が流入している月もあれば流出して
いる月もあります。

未だにこのファンドを購入している人がいることに驚きますが、
日経平均に連動するファンドは一定数の人気は常にあるようです。


※引用:モーニングスター

三井住友・225オープン の今後の見通し

今までは証券マンや銀行員に勧められて投資信託を買っていた時代
でしたが、今後は投資家が投資対象・運用実績などに加えコストなど
もご自分で比較の上、投資する時代になってきています。

少し前でしたら三井住友・225オープンも低コストのファンドに含まれて
いたでしょうが、今現在どんどん信託報酬が引き下げられている中、
この程度の率ですと周りに置いていかれてしまうでしょう。

今後日経平均インデックス型の購入を検討している方もご自分のファンド
を見極める視点をしっかり身につけてましょう。

三井住友・225オープンから乗り換え続出!本当に利回りが高いインデックスファンド特集