日本国内の数少ない独立系運用会社であるポートフォリア。

お客様から預かる大切な資産という大地に、世界中から選りすぐった
企業の素晴らしい種をまき、丹精を込めて育て、芳醇な成果を収穫する
というコンセプトのもと、みのりの投信というファンド1本のみを運用
しています。

果たして、みのりの投信とはどのようなファンドなのか、徹底分析して
いきます。

「みのりの投信って投資対象としてどうなの?」

「 みのりの投信って持ってて大丈夫なの?」

「みのりの投信より良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。


みのりの投信の基本情報

投資対象は?

みのりの投信の投資対象は、国内外の株式です。

現在のポートフォリオは以下のようになっていますが、
日本株の買いと売りの両方のポジションを持っている
ことがわかります。

現金の比率が16%あり、この部分は信託報酬がとられる
だけですので、運用に回してほしいものです。


※引用:マンスリーレポート

みのりの投信は現在37銘柄で構成されており、組入上位
10銘柄を見てみましょう。

1位のIDOMはガリバーを中心に展開する中古車買い取り
で首位を行く会社です。

2位のフジシールインターナショナルは熱収縮性ラベルで
市場シェアの5割を誇る会社です。

3位のパルグループはヤングレディース衣料を展開して
いる企業です。


※引用:マンスリーレポート

運用体制は?

みのりの投信の運用チームはあのひふみ投信で有名なレオスキャピタル
出身の2人が中心となっています。

運用部長の立田氏は20年超の運用経験を持ち、過去にはForbesが選ぶ
20 of the world Best Fund Maneger の1人に選出されたほどの実力者です。

つみたてNISAとiDeCoの対応状況は?

つみたてNISAやiDeCoで積立投資を検討している人も多いと
思います。

そこで、つみたてNISAやiDeCoの対応状況をまとめました。

ただあえて、みのりの投信を選択する投資家はいないと
思います。

つみたてNISA iDeCo
× SBI証券、北國銀行

※2021年4月時点

純資産総額は?

つづいて、みのりの投信の純資産総額を見てみましょう。

純資産総額が小さいと運用が効率的に行えず、余計なコストが発生
したり、運用会社も運用に力を入れないため、パフォーマンスが
優れないといったデメリットが発生します。

ですので、必ずチェックするようにしてください。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

みのりの投信の純資産総額は、現在約280億円です。

2018年までは毎年着実に純資産総額を増やしていましたが、
パフォーマンスの悪化に伴い、ついに資金が流出し始めました。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

投資信託を運用する際には、購入時手数料や信託報酬以外にも、
実際にはコストがかかっています。

具体的には、株式売買手数料や有価証券取引税、印刷費用などが
該当します。

これを実質コストと言いますが、実質コストが信託報酬よりもかなり
高くなっていることもありますので、必ず事前に確認しておいたほう
がよいポイントです。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

みのりの投信の実質コストは2.00%となっており、かなり
割高です。

何より購入時手数料が4.4%と異常に高くなっているのが
気になります。

投資した初年度だけで6%も手数料を取られるのはさすがに
厳しいです。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 4.4%(税込)※上限
信託報酬 1.925%(税込)
信託財産留保額 なし
実質コスト 2.00%(概算値)

※引用:最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

みのりの投信の評価分析

基準価額をどう見る?

みのりの投信の基準価額を見てみましょう。

2018年以降は下落が続いており、3年間で20%近く下落
しています。

コロナショックで急落したあとも優れたファンドは
すぐに反発して戻していますが、みのりの投信は
かなり低空飛行をしていますね。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

それでは、みのりの投信の利回りはどうでしょうか?

直近1年間の利回りは+20.00%とパッと見ると悪くない
ように見えますが、他の株式ファンドであれば、50%近くは
上昇していますので、この程度では物足りません。

日本株ファンドで3年平均利回りがマイナスというのは
みのりの投信くらいじゃないでしょうか。それくらい
他のファンドとパフォーマンスに乖離がありますね。

これでは運用会社だけが手数料で儲かっている構造で
投資家としては何のメリットもありません。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り
1年 +20.00%
3年 ▲6.70%
5年 +2.02%
10年

※2021年4月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している国内中小型株式ファンドランキング

同カテゴリー内での利回りランキングは?

みのりの投信は、国内小型ブレンドカテゴリーに
属しています。

投資をするのであれば、同カテゴリーでも優秀な
パフォーマンスのファンドに投資をすべきなので、
同カテゴリー内でもパフォーマンスのランキングは
事前に調べておいて損はありません。

みのりの投信は、もともとかなりランキングは低かった
のですが、どの期間においてもほぼ最下位となっています。

この順位では誰もみのりの投信を買いたがりませんね。

上位●%
1年 100%
3年 100%
5年 89%
10年

※2021年4月時点

年別のパフォーマンスは?

みのりの投信の年別の利回りを見てみましょう。

2018年に大きくマイナスを出し、2020年にも大きく
マイナスとなっています。

プラスを出している年もあるので、一見すると、そこまで
悪くないのでは?と思ってしまいますが、他のファンドと
比較をするとその差が明確になります。

年間利回り
2021年 +8.04%(1-3月)
2020年 ▲15.50%
2019年 +18.73%
2018年 ▲30.37%
2017年 +32.21%
2016年 +12.41%
2015年 +14.33%
2014年 +6.11%

※2021年4月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

アクティブファンドに投資をするのであれば、低コストで
投資ができるインデックスファンドよりも優れたパフォー
マンスでなければ投資をする価値がありません。

今回は、みのりの投信と日経225に連動するニッセイ 日経225
インデックスファンド
とパフォーマンスを比較しました。


※引用:モーニングスター

ほぼ全期間でみのりの投信のパフォーマンスが下回っています。

販売手数料もない信託報酬も安いインデックスファンドと
比較して、ここまで差がつくと投資家としてもみのりの投信
を選択する理由が見当たりません。

5年、10年の期間でも、みのりの投信とニッセイ 日経225インデックス
ファンド
のパフォーマンスを比較してみても同じ結果ですので、
これは投資してはいけませんね。

みのりの投信 ニッセイ日経 225
1年 +20.00% +56.19%
3年 ▲6.70% +12.70%
5年 +2.02% +13.60%
10年 +13.37%

※2021年4月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

せっかくアクティブファンドに投資をするのであれば、
アクティブファンドの中でも優秀なファンドに投資をしたい
と思うもの。

今回は、国内小型株カテゴリーで中長期で高いパフォーマンス
を残している東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン
パフォーマンスを比較しました。


※引用:モーニングスター

見るまでもなく、東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン
の圧勝です。

アクティブファンドに投資をするのであれば、こういったファンド
に投資をしたいものです。

東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープンの長期
パフォーマンスを比較しても、差は歴然です。

みのりの投信 ジャパン・オーナーズ
1年 +20.00% +59.49%
3年 ▲6.70% +17.28%
5年 +2.02% +26.71%
10年

※2021年4月時点

最大下落率は?

標準偏差がわかれば、どの程度下落する可能性があるかはある程度
予測できますが、実際にどれくらい下落したことがあるのか確認する
ほうがイメージが湧きます。

みのりの投信の最大下落率は2018年1月~2018年12月で▲30.37%と
なっています。

多くの小型株ファンドは20%台の下落でおさまっているので、完全に
運用の失敗と言えます。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲14.63%
3カ月 ▲23.93%
6カ月 ▲18.65%
12カ月 ▲30.37%

※2021年4月時点

評判はどう?

みのりの投信の評判を確認する上で、毎月の資金の流出入が役立ちます。
資金流入が多くなっていれば、人気が出てきているファンドであると
わかりますし、流出が続いているようであれば、評判が悪くなっている
ファンドと言えます。

それでは、みのりの投信の評判を見てみましょう。

2018年末までは毎月資金が流入しており順調でしたが、2018年末に
基準価額が大きく下落したことでついに資金が流出超過に転じました。

直近のパフォーマンスが優れませんので、このまま資金の流出が
続き、当面評判はよくなる兆しはありません。


※引用:モーニングスター

みのりの投信の評価まとめと今後の見通し

いかがでしょうか?

アクティブファンドに投資をするのであれば、最低限、インテックス
ファンドよりもパフォーマンスが上回っている必要があります。

しかし、みのりの投信はそもそもパフォーマンスでインデックス
ファンドに負けてしまっています。

かつ同カテゴリーのアクティブファンドの中で比較をしても、
大きく負け越しています。

中長期でみれば、年数%のリターンは期待できますが、
他にもっと優れたファンドがある中で、あえて、みのりの投信
に投資を続ける理由もありません。

購入時手数料が異常に高いのも気になりますし、信託報酬も
かなり割高です。

運用会社を儲けさせたい人以外は投資をしないほうが賢明と
言えるでしょう。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点