横浜銀行と三井住友信託銀行の共同出資により2015年に誕生した
スカイオーシャン・アセットマネジメント。

たぶん名前を聞いたことはないと思いますが、現在では8本のファンドを
運用しています。

その中でも一番人気となっているのが海外株式、海外債券、金を
含めた6資産に分散投資ができるブレンドシックスです。

今日は、このブレンドシックスを徹底分析していきます。

ブレンドシックスの基本情報

投資対象は?

ブレンドシックスの投資対象は、国内債券、ヘッジ付海外債券、
高金利海外債券、グローバル好配当株式、グローバルREIT、金の
6資産です。

基準価額への影響度合いがおおむね均等になるように資産を配分
しますので、リスクの高い資産は保有比率が少なく、リスクの低い
資産は保有比率が高くなっています。

実際にブレンドシックスの資産構成比は日本国債やヘッジ付海外債券
の比率が高くなっていますね。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認しておきたいポイントです。

純資産総額が多いと、ファンドマネジャーが資金を運用する際に有利で
あったり、保管費用や監査費用が相対的に低くなりますので、優れた
投資信託と言えます。

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその投資信託に力を
注がなくなりパフォーマンスが悪くなることもありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ブレンドシックスは2017年に設定されて以来、着実に純資産を増やして
おり、現在では約400億円の規模となっています。横浜銀行に口座を
持っている投資家が積極的に購入しているようですね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用がかかって
いることをご存知ですか?

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買手数料や
有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストがかなり
割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ブレンドシックスの実質コストは1.378%となっており、割高です。
バランスファンドはただでさえ利回りが低くなりますので、その中
から毎年1.378%取られるのはかなり厳しいです。

何より3割保有している日本国債の最終利回りは約0.4%となっています
ので、保有しているだけで毎年損失が確定してしまっています。
投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)※上限
信託報酬 1.374%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.378%(概算値)

※引用:運用報告書(決算日2018年11月15日)

ブレンドシックスの評価分析

基準価額の推移は?

ブレンドシックスの基準価額を見てみましょう。2018年の1月以降は
下落が続いていますが、下落幅は抑えられています。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

ブレンドシックスの直近1年間の利回りは▲3.35%です。

マイナスの利回りではありますが、同カテゴリー内では上位10%内に
ランクインしており、悪くない結果であることがわかります。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲3.35% 6%
3年
5年
10年

※引用:2019年1月時点

標準偏差は?

ブレンドシックスの基準価額の変動を調べる上で、標準偏差が役に
立ちます。標準偏差は2.43とかなり抑えられた運用がされており、
同カテゴリー内でも上位10%以内に入る運用ができています。

バランスファンドに投資をするような人は安定的な値動きを好む
傾向がありますので、評価に値しますね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 2.43 2%
3年
5年
10年

※引用:2019年1月時点

年別のパフォーマンスは?

ブレンドシックスの年別のパフォーマンスも見てみましょう。

プラスリターンの年は20%以上を出していますが、マイナスで
終わっている年も多く、総じて大したパフォーマンスを残せて
いないことがわかります。

年間利回り
2018年 ▲3.35%
2017年
2016年
2015年
2014年

※引用:2019年1月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

ブレンドシックスへの投資を検討する上で、類似ファンドとの
パフォーマンスを比較しておいて損はありません。

今回は、超低コストのバランスファンドであるeMAXIS Slimバランス
(8資産均等型)
と比較してみますが、終始eMAXIS Slimバランス
(8資産均等型)が上回っていることがわかります。

ブレンドシックスはたしかにリスクは小さいのですが、リターンが
伴わないのであれば、投資する価値があるとは思えません。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

ブレンドシックスに投資をする前に、最大でどの程度下落する可能性
があるのかを知っておくことは非常に重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく下落した
相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

それではここでブレンドシックスの最大下落率を見てみましょう。
最大下落率は▲3.35%とかなりリスクを抑えた運用ができている
ことがわかります。

ただ、確かに下落幅は小さいですが当然リターンも小さくなります
ので、本当に自分が増やしたいと思える利回りを確保できるか計算
しなければいけません。

期間 下落率
1カ月 ▲1.30%
3カ月 ▲2.37%
6カ月 ▲2.47%
12カ月 ▲3.35%

※引用:2019年1月時点

分配金の内訳と余力は?

ブレンドシックスでは、年2回分配を行っています。

2017年が20円、2018年が45円と運用に影響なる規模での分配ではない
のですが、この程度であれば分配金として出す必要があるのか甚だ
疑問ではあります。

分配金
2018年 600円
2017年 1,300円
2016年 0円
2015年 1,400円

評判はどう?

それでは、ブレンドシックスの評判はどうでしょうか?

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入を見る
ことで、評判がわかります。

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪くなって
いれば、資金が流出超過になります。

ブレンドシックスは毎月資金が流入超過となっていますので、評判は
悪くないことがわかります。

ただ、直近になるにつれて、流入額が減少していることもあり、
人気は落ち始めていると言えるでしょう。


※引用:モーニングスター

ブレンドシックスの今後の見通し

いかがでしょうか?

初めて投資をするような人はとにかく減るのが嫌だということでリスクを
毛嫌いする傾向がありますが、リスクを嫌うあまりに全く資産が増えない
ファンドに投資をしてしまっている可能性があります。

今回も実質コストが1%を超えており、これだけリスクを取らない運用を
しているとなると、リターンに対する実質コストの割合が30%以上には
なるでしょう。これではコストが高くつきすぎてしまいます。

バランスファンドで手堅く資産を増やしたいのであればブレンドシックス
よりも低コストで運用ができるeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
投資をするほうがおすすめです。