2019年のレバレッジファンド元年の初期に登場した
楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』。

 

レバレッジ型ファンドと一言にいっても、各社の
レバレッジのかけ方や投資戦略は全く異なるため
パフォーマンスにも大きく影響しています。

 

もともとはレバレッジ型ファンドに対して、否定的な
意見を持っていたのですが、コロナショックで実際
に運用した実績をみて私も考えを一部改めました。

 

米国株と米国債にレバレッジをかけて運用する戦略は
果たしてどの程度効果があるのか、今日は様々なファンド
とパフォーマンスを比較しながら、分析していきます。

 

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』の基本情報

投資対象は?

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』
の投資対象は米国の株式及び米国の債券です。

 

基本配分比率は米国株1に対して米国債が3になる
ように運用をしていきます。


※引用:交付目論見書

 

ここで1つ押さえておきたいのは、レバレッジをかける
のはあくまでも米国債券部分だけという点です。

 

米国株式にレバレッジをかけると当然ですが、値動きが
相当大きくなりますので、ギャンブルファンドになって
しまいます。

 

しかし、もともと値動きの小さい米国債券の比率を
レバレッジをかけて高めることで、株式相場が下落
した時などの影響を緩和できるというわけです。

 

ですので、バランスファンドと比較をすると、リスク
は高く感じると思いますが、株式ファンドのリスクを
抑えたバージョンであると考えるとよいと思います。

 

現在の組入資産を見てみると、株式部分はバンガード
トータル・マーケットETF(VTI)に投資をしています。

 

VTIは大小関わらず、米国の企業3500社以上に分散が
できるETFで米国でも非常に人気の高いETFです。

 

VTIをもとに作られているのが楽天・全米株式イン
デックス・ファンド
で、こちらも非常に人気と
なっています。

 

参考までにVTIの組入上銘柄を見ると、以下のように
超一流の企業が名前を連ねています。


※引用:マンスリーレポート

 

現在のUSA360の組入比率を見てみましょう。

 

米国株式がVTI+米国株式先物で約90%、米国債が約260%と
なっており、おおまかにですが、1:3になっていることが
確認できます。


※引用:マンスリーレポート

 

あまりこだわらなくても良い部分ではありますが、
なぜ自己資金に対して3.6倍もの資産を保有できる
のかと言えば、

 

先物は100買うのに、100のお金が必要ではないので、
短期金融資産で多くの先物を購入できているからです。

 

純資産総額は?

続いて、楽天・米国レバレッジバランス・ファンド
『USA360』の純資産総額はどうなっているか見て
みましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から
集めた資金の総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで
銘柄を入れ替えることができなかったり、純資産総額が
大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまく
できず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、
事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』は
現在40億円程度で規模としてはまだ小さいですが、着実に
純資産を伸ばしています。

 

ファンドの規模としては、まだ心許ないので、初年度は
実質コストが割高になってきそうです。


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに
投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』は
購入時手数料がしっかり3.3%取られますので、この時点で
評価が下がりますが、信託報酬は0.5%程度なので比較的
健全な水準です。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 0.4945%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 不明

※引用:最新運用報告書

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』の評価分析

基準価格の推移は?

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』は
コロナショックで一時は10000円を割り込みましたが、
そのあと急回復をしており、

 

コロナショック前の高値をあっさり更新しました。

多くのファンドがコロナショック前の水準まで戻せて
いない中で、このパフォーマンスはレバレッジがうまく
機能している証拠です。


※引用:モーニングスター

 

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』に
投資をするのであれば、より低コストのインデックス
ファンドとパフォーマンスを比較しておきたいところです。

 

USA360は米国株と米国債券で構成されているため、
まったく同じ構成のインデックスファンドがありません。

 

そのため、今回は、私がよくおすすめしているeMAXIS Slim
米国株式(S&P500)
と比較をしてみました。


※引用:モーニングスター

 

コロナショック以降は大きくUSA360がパフォーマンスで
上回っています。

 

eMAXIS Slim S&P500も決して悪くないファンドですが、
USA360のパフォーマンスが良すぎるというのが正直な
感想です。

 

ここまで差がつくと、高いコストを支払ってでもUSA360に
投資をする価値があると言えます。

 

アクティブファンドとのパフォーマンス比較

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』に
投資をするのであれば、類似のアクティブファンドと
パフォーマンスを比較してからでも遅くはありません。

 

USA360は投資金額に対して90%程度の米国株が
入っていますので、今回はS&P500の中から優れた銘柄
を絞り込んで運用しているアライアンス・バーンスタイン
米国成長株投信Bコースとパフォーマンスを比較しました。

 

米国成長株投信はアクティブファンドの中でも最高クラス
のパフォーマンスを誇るのですが、米国成長株投信に
まさるパフォーマンスとなっています。

 

米国債券が組入られた影響がかなり大きく出ていますね。


※引用:モーニングスター

 

レバレッジ型ファンドとのパフォーマンス比較

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』に
投資をするのであれば、他のレバレッジ型ファンドとも
パフォーマンスを比較しておきましょう。

 

あまり類似のファンドはないのですが、米国株式シグナル
チェンジ戦略ファンド
は米国株の組入比率にレバレッジを
かけて運用するので、比較してもよいでしょう。

 

かなり競ってはいますが、ここでもUSA360が上回って
います。

 

レバレッジ型ファンドがここまで成果を出してくるとは
さすがに思っていませんでした。


※引用:モーニングスター

 

評判はどう?

続いて、楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』
の評判を見てみましょう。

 

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

 

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを
購入しているということなので、評判がいいということに
なります。

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』は
まだ期間があまりたっていませんが、すでに流出超過と
なっている月があり、そこまで評判はよくありません。

 

コロナショックで大きく下落した分、多くの投資家が
興味を失ってしまったのかもしれません。

 

ただ、今の運用を続けられれば、今後注目を集める
に違いないです。


※引用:モーニングスター

 

積立NISAとiDeCoの対応状況は?

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』の
積立NISAとiDeCoの対応状況を確認しておきましょう。

 

レバレッジ型ファンドはリスクが高いと思われていますので、
残念ながらどちらも対応していません。

積立NISA iDeCo
× ×

※2020年7月時点

 

楽天・米国レバレッジバランス・ファンド『USA360』の評価まとめと今後の見通し

正直、今まではレバレッジ型ファンドに投資をする
くらいであれば、米国株ファンドに投資をすれば、
十分だと思っていました。

 

しかし、楽天・米国レバレッジバランス・ファンド
『USA360』は米国債が組み入れられているからこそ、
下落幅が相対的に小さくなり、パフォーマンスが向上
しています。

 

コロナショックをここまでうまく立ち回れなければ、
たぶん評価が変わることはなかったと思いますが、
この結果を見ると、優れた運用戦略の1つだと認め
ざるを得ません。

 

インデックスファンドにもパフォーマンスで大きく
勝っており、アクティブファンドにもこの短期間
ではありますが、勝っています。

 

もう少し長期のパフォーマンスを早くみてみたい
というところですが、コロナショックをうまく切り
抜けたことで、多くの投資家にも言っていることが
正しかったと証明できました。

 

株式相場も想定以上に堅調に推移していますので、
今後、コロナが収束してこれば、レバレッジ型
ファンドが注目を浴びる日が来ると思います。

 

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点