三菱UFJ投信からまた新たにレバレッジコントロール型
の米国株式シグナルチェンジ戦略ファンドが登場します。

 

最近流行りのレバレッジ型ファンドでは、相場状況に
関係なく常に同じレバレッジを効かせて運用を行うため、
2倍のレバレッジを効かせていれば、下落局面では2倍
下落してしまうという問題を抱えていました。

 

そこで、登場してきたのが、下落局面では、レバレッジ
を小さくし、上昇局面ではレバレッジをフル活用すると
いう運用戦略です。

 

理論上は、一番理想ではあるのですが、はたして、
どこまで理想に近い運用ができるのかは見物です。

 

今日は、米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド『愛称:
クォーターバック』は投資価値があるのか、徹底分析して
いきます。

 

 

米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』の基本情報

投資対象は?

米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』の
投資対象は、米国株式および米国の株価指数先物取引です。

 

株式部分はS&P500配当貴族指数に連動した投資成果
を目指します。

 

S&P500配当貴族指数とは?

S&P500配当貴族指数は、S&P500構成銘柄の中から
少なくとも25年間増配している等の基準に基づき企業
を抽出し、算出している株価指数です。

 

現在の構成銘柄は66銘柄となっており、上位10銘柄は
以下のようになっています。

※引用:マンスリーレポート

 

1989年からのパフォーマンスをS&P500と比較してみると、
S&P500配当貴族指数のほうが2倍近く高い成果を残して
いることがわかります。

 


※引用:商品説明資料

 

運用の特徴は?

米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』の
投資戦略では、株式部分としてS&P500配当貴族指数70%程度
組入れつつ、投資環境に応じて先物を活用し、株式組入比率を
変更します。

 

平常時は株式比率を200%にまで上げることで、米国株式
のみに投資するよりも大きな値上がりが期待できます。

 

一方で、リスク回避時は株式比率を0%に引き下げることで、
価格変動リスクの低減をはかります。

 

相場状況に合わせて、運用戦略を変えるというのは、昔から
言われていることですが、実際には相場の変動を事前に察知
して、組入比率を変えるというのは、そう簡単にうまくいく
ものではないです。


※引用:商品説明資料

 

期待できる運用利回りは?

つづいて、米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』
の運用シミュレーションをみていきます。

 

2005年3月時点を1としたとき、米国株式シグナルチェンジ
戦略ファンドは2019年9月末までに約12倍に上昇しています。

 

レバレッジを使っていないS&P500やS&P500配当貴族指数
と比較をすると圧倒的なパフォーマンスとなっています。

純資産総額は?

続いて、米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』の
純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができず、インデックスから乖離してしまうリスクがあります。

 

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

米国株式シグナルチェンジ戦略ファンドは下図のように2020年
2月以降は伸び悩んでいますが、300億円程度の規模は維持
しています。

 

規模としては問題ないですね。


※マンスリーレポート

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに
投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』は
購入時手数料だけでなく信託報酬もかなり割高なので、慎重に
選定する必要があります。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.76%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト まだ不明

※引用:最新交付目論見書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』の評価分析

基準価額の推移は?

米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』の
基準価額は、通常の株式ファンドとはかなり異なる値動きを
しています。

 

これは、レバレッジの度合いを相場状況に合わせて組み替えた
ことによるものです。

 

後述しますが、現状機動的に組入比率を変える投資戦略は
非常にうまくいっていると言えます。


※引用:モーニングスター

 

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』へ
投資をするのであれば、低コストで投資ができるインデックス
ファンドとパフォーマンスを比較してから投資をするほうが
賢明です。

 

今回は、S&P500に連動するインデックスファンドとして
非常に人気の高いeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)と比較を
しました。

 

結果は、米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』
の圧勝です。

 

急落相場ではインデックスファンドというのは成すすべが
ないので、パフォーマンスが悪化する傾向にあるのですが、
ここまで差が開くとは思いませんでした。


※引用:モーニングスター

 

現状、組入比率を変える運用はかなりうまくいっているようです。

 

もう少し様子を見たいところではありますが、コロナショックを
うまく切り抜けているので、十分投資対象として魅力的だと
思います。

 

アクティブファンドとのパフォーマンス比較

米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』への
投資を検討するのであれば、他のアクティブファンドとパフォー
マンスを比較してから投資をしても遅くはありません。

 

今回は、S&P500の銘柄の中から優れた銘柄だけに絞り込んで
運用しているアライアンス・バーンスタインの米国成長株投信
パフォーマンスを比較しました。

 

結果は、かなり拮抗していますが、わずかに米国成長株投信
が勝つ結果となりました。

 

ただ、チャートをよく見ると、米国シグナルチェンジ戦略ファンド
『クォーターバック』のほうが明らかにリスクを小さく運用
できており、この点も非常に評価できます。


※引用:モーニングスター

 

下落率は?

では、S&P500やS&P500配当貴族指数と比較して、
米国株式シグナルチェンジ戦略ファンドの下落率は
どうなっているでしょうか?

 

以下に、S&P500が下落した月の平均パフォーマンスを
比較しています。

 

レバレッジが利いている分、米国株式シグナルチェンジ
戦略ファンドの下落率は高くなるのかと思うところですが、
シグナルチェンジ戦略がうまく機能して、下落局面で株式
の組入比率を下げているので、下落幅も小さくなっています。

評判はどう?

続いて、米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』の
評判を見てみたいと思います。

 

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

 

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを
購入しているということなので、評判がいいということになります。

 

米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』は
毎月資金流入はしていますが、だんだん流入超過額が減少
しており、評判は落ち気味だとわかります。

 

これだけ高いパフォーマンスを残しているにも
かかわらず理由がよくわかりません。


※引用:モーニングスター

 

積立NISAとiDeCoの対応状況は?

米国シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』の
積立NISAとiDeCoの対応状況を確認しておきましょう。

 

残念ながら、今のところどちらも対応していません。

積立NISA iDeCo
× ×

※2020年7月時点

 

米国株式シグナルチェンジ戦略ファンド『クォーターバック』の評価まとめと今後の見通し

レバレッジ型ファンドの問題点の一つが、下落局面で、
通常よりも大きく下落してしまい、もどの水準に戻す
までにかなりの時間を要するといった点です。

 

この大きな弱点を米国株式シグナルチェンジ戦略ファンドは
レバレッジを相場状況に合わせて変更することで、克服して
います。

 

ただ、この相場状況に合わせて組入比率を変更すると
いうのは、システム制御していたとしてもかなり難しく、
バックテストではたしかに成果が出ていますが、今後
どこまで成果が出せるのかは、今後の運用実績を見て
みなければわかりません。

 

今回、コロナショックというまさに投資戦略がうまく
機能するか試す絶好のタイミングがありました。

 

そして、さきほど比較してみせたように、米国シグナル
チェンジ戦略ファンド『クォーターバック』は通常の
株式ファンドと比べるとかなり下落幅を抑えるだけでなく、
その後大きく伸びています。

 

インデックスファンドをはるかに上回るパフォーマンスで
かつ、アクティブファンドの中でも最高に近いパフォー
マンスを残している米国成長株投信とも拮抗しています。

 

今までレバレッジ型ファンドというのはあまりおすすめ
をしてこなかったのですが、レバレッジをうまく活用
して機動的に運用するファンドであれば、投資する
価値があると言えそうです。

 

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点