2020年のコロナショックを非常にうまく乗り切ったという
ことで、投資家から非常に人気の高いファンドの1つとして、
三井DSアセットのテトラ・エクイティというファンドがあります。

テトラ・エクイティは米国のS&P500の先物を投資対象とした
ファンドでしたが、今回あたらしく米国のナスダック100指数先物
を投資対象としたファンドが登場します。

果たして、どのようなファンドなのかテトラ・エクイティと比較も
しながら、分析していきます。

「テトラ・ネクストって投資対象としてどうなの?」

「テトラ・ネクストって持ってて大丈夫なの?」

「テトラ・ネクストより良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。


テトラ・ネクストの基本情報

投資対象は?

テトラ・ネクストの投資対象は米国のナスダック100株式指数
先物です。

先物取引は下図のように買いからだけでなく、売りからも
入れるので、うまく相場を予測できれば、上昇局面だけで
なく、下落局面でもしっかりと利益を狙っていけます。


※引用:交付目論見書

ですので、収益のイメージは以下の右図のように
ナスダック100が上昇しようが下落しようが絶対収益を
狙っていくという投資戦略です。

理論的にはまさにそのとおりなのですが、私の知る限り、
買いも売りもうまく運用ができているファンドはほとんど
知りません。

テトラ・エクイティの場合は、コロナショックを非常に
うまく切り抜けましたが、その後のパフォーマンスが
奮っていないという現状があります。


※引用:交付目論見書

ナスダック100とは?

そもそもナスダック100をよく知らないという人もいると
思いますので、簡単に紹介しておくと、

ナスダック100は米国のナスダック市場に上場する非金融
セクターのうち、時価総額上位100社の銘柄で構成された
株式指数です。

アップル、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブック等
著名な銘柄で構成されており、金融銘柄が含まれていない
という点が一番の大きな特徴ですね。

4つの投資戦略は?

テトラ・ネクストの最大の特徴は以下の4つの投資戦略を
組み合わせている点です。


※引用:交付目論見書

(1)の日中トレンド戦略はナスダック100先物の終値と翌日の価格の
方向から、トレンドを予測し、上昇しそうだと思えば、先物
を買い建て、下落しそうだと思えば、先物を売り建てる戦略
です。

ポジションはその日の取引終了時刻で精算するので、まさに
デイトレード戦略です。

(2)の月初トレンド戦略は米国では確定拠出年金の買い付けが
月初の数営業日は株価が上昇しやすいトレンドがあります。

そのため、月初の3営業日に限り、ナスダック100先物を
買い建てる戦略です。

一見するとかなり合理的な考えですが、機関投資家であれば、
当然このようなことは誰でも知っているので、パフォーマンス
にどの程度影響があるのか甚だ疑問です。

(3)の月中トレンド戦略はナスダック100オプションの満期乗り換えに
伴って、株式相場に影響を与えることがあります。

そこを狙って、オプション満期日の4営業日前のトレンドを見て、
ナスダック100を買ったり、売ったりする戦略です。

個人投資家でも似たようなことを考える人がたくさんいますが、
あまり成果が出ているという話は聞きません。

(4)の月末トレンド戦略はリバランスによって生じるトレンド
を捉えます。

株式相場が好調であれば、月末のリバランスで株を売却する
人がいますので、ナスダック100先物を売り建てるというわけです。

1か月のポジションの推移を見てみると、以下のように、
ひと月の間に色々とポジションを組んでは解消している
ことがわかります。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

テトラ・ネクストの純資産は運用開始から数か月しか
経っていませんが、すでに500億円を超える規模の資産が
集まっており、順調な滑り出しと言えます。

やはりテトラ・エクイティがそこそこうまく運用が出来て
いることが大きいですね。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資
判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

テトラ・ネクストの実質コストはまだ運用報告書が出ていないので
わかりませんが、1%を少し超える程度には収まりそうです。

アクティブファンドの中では、比較的割安な水準ですね。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 2.2%(税込)※上限
信託報酬 0.954(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト まだ不明

※引用:最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

テトラ・ネクストの評価分析

基準価額をどう見る?

テトラ・ネクストの基準価額を見てみましょう。

まだ運用を開始して間もないので、今からですね。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

随時更新予定

平均利回り
1年
3年
5年
10年

※2021年5月時点

年別の運用利回りは?

随時更新予定

年間利回り
2021年

※2021年5月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

インデックスファンドとの利回り比較

テトラ・ネクストに投資を検討しているのであれば、より
低コストのインデックスファンドとのパフォーマンスは比較
しておいて損はありません。

テトラネクストがナスダック100の先物で運用しているので、
今回はiFreeNEXT NASDAQ100インデックスと比較をしてみたい
と思います。


※引用:モーニングスター

まだ運用が開始されてから数か月なので、何とも評価しがたい
ですが、少なくともナスダック100と値動きは大きく異なる
ようです。

値動きが大きく違うのであれば、両方保有することでリスクを
下げるという選択肢も出てきますので、今後の運用が気になり
ますね。

テトラ・エクイティ NASDAQ100
1年
3年
5年
10年

※2021年5月時点

アクティブファンドとの利回り比較

テトラ・エクイティに投資を検討しているのであれば、
他のアクティブファンドとパフォーマンスを比較して
おいて損はありません。

そこで、今回は米国株ファンドで非常に優秀な成果を
残しているAB・米国成長株投信と比較をしてみました。


※引用:モーニングスター

米国成長株投信Bコースはナスダック100と比較的似たような
値動きをしていますので、同じような結果になっています。

テトラ・ネクスト 米国成長株B
1年
3年
5年
10年

※2021年5月時点

テトラ・エクイティとの利回り比較

テトラ・ネクストに投資をするのであれば、テトラ・エクイティ
とどちらに投資をするべきか悩む人もいると思います。

そこで、テトラ・ネクストとテトラ・エクイティのパフォーマンス
を比較しました。


※引用:モーニングスター

運用期間が短いため、まだ評価はできませんが、思ったよりも
両者の値動きは違うようです。

そのため、どちらを選ぶかはかなり重要な選択となります。

テトラ・ネクスト テトラ・エクイティ
1年
3年
5年
10年

※2021年5月時点

最大下落率は?

随時更新予定

期間 下落率
1カ月
3カ月
6カ月
12カ月

※2021年5月時点

評判はどう?

続いて、テトラ・ネクストの評判を見てみましょう。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを
購入しているということなので、評判がいいということに
なります。

まだ運用を開始したばかりですが、すでに500億円流入して
いることから考えても、評判は上々であると言えるでしょう。


※引用:モーニングスター

テトラ・ネクストの評価まとめと今後の見通し

いかがでしょうか?

コロナショックをうまく切り抜けた運用戦略という意味で、
テトラ・エクイティのパフォーマンスは非常に素晴らしい
成果を残しています。

ただ、その後の運用がどうかというと、かなり苦戦をしており、
お世辞にも優れたパフォーマンスではありません。

大抵の場合、どのファンドも得意とする値動きのパターンが
あるわけですが、テトラ・エクイティの場合は、急落には
強く、急反発場面や上昇トレンド局面では弱い印象です。

なので、ここからの局面で、テトラ・エクイティと同じ戦略を
とっているテトラ・ネクストが高いパフォーマンスを残せるか
は少し疑問が残ります。

ただ、テトラ・エクイティとテトラ・ネクストの値動きは、
さきほど比較をしたとおり、思ったより値動きが異なります
ので、今後の運用をしっかりとモニタリングしていきたいと
思っています。

現時点では、まだ投資に値するかは判断しづらいですね。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点