ファンド・オブ・ザ・イヤー2017の国際株式(グローバル)部門において、
最優秀ファンド賞を受賞したグローバル・フィンテック株式ファンド。

2017年につづき、2018年も高いパフォーマンスを残しており、注目が集まっています。

グローバル・フィンテック株式ファンドは年1回決算型/年2回決算型、
為替ヘッジ有/無の4コースがありますが、今日はその中でも一番人気のある
年1回決算型、為替ヘッジ無コースを徹底分析していきます。

購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

グローバル・フィンテック株式ファンドの基本情報

投資対象は?

グローバル・フィンテック株式ファンドの投資対象は、世界の株式の中から
フィンテック関連企業の株式に投資します。

フィンテックという言葉自体はかなりメジャーなってきましたので、ご存知の方も
多いと思いますが、金融(Finance)と技術(Technology)を組み合わせた造語で、
新たな金融サービスのことを指します。

もう少し具体的な例をあげますと、例えば「電子決済」。
最近ではスマートフォンのアプリを通じた決済など、利便性の高いモバイル決済
サービスが提供されています。

それ以外には、「家計管理」。銀行口座やカード履歴、オンラインショッピング、
保有ポイントなどの情報をまとめ、家計の収入と支出を一括管理できるサービスがあります。

資産運用をしている人であれば、「ロボアドバイザー」なども聞いたことが
あるかもしれません。資産運用のアドバイスをしてくれるロボットですね。

このようにフィンテックの波は私たちの生活にすでに浸透し始めているのです。

グローバル・フィンテック株式ファンドは現在、46銘柄で構成されています。
国別の構成比率で見ると、アメリカが6割超となっている点が特徴でしょう。

そして、業種別で見ると、フィンテックのシステムを支えるソフトウェア・
サービスの比率が高くなっているのが特徴です。


※2018年9月時点

運用体制は?

グローバル・フィンテック株式ファンドの運用はアーク・インベストメントの
投資助言をうけて運用されます。

アーク社は2014年設立の新しい会社で、革新的な企業や次世代のネット産業を
担う企業に集中投資を行う手法を得意としています。

アーク社の面白いところは、外部の専門家と共同研究を行ったり、ネット上で
意見を集めて、分析の精度を高めている点です。

伝統的なリサーチにこだわらずに、クラウドソーシングやSNSを積極的に
活用することで、他と差別化を図っています。

純資産総額は?

続いて、グローバル・フィンテック株式ファンド の純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと
思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

グローバル・フィンテック株式ファンドの純資産総額は、約2200億円までふえています。
約1年半でここまで巨大なファンドに成長するということは、それだけ注目が高い
ファンドであるということですね。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

グローバル・フィンテック株式ファンドの実質コストは2.096%となっており、
同カテゴリーの中でもかなり割高となっています。

購入時手数料の高さと、実質コストの高さを考えると、そう簡単には手を出せないですが、
それに見あうだけのパフォーマスを出しているのが、グローバル・フィンテック株式ファンドです。

購入時手数料 3.78%(税込)
信託報酬 1.89%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 2.096%(概算値)

※第1期 運用報告書(決算日2017年12月7日)より

グローバル・フィンテック株式ファンドの評価分析

基準価額の推移は?

グローバル・フィンテック株式ファンドの基準価額は、
設定来、きれいな右肩上がりになっています。

多くの株式ファンドが2018年1月末の水準まで戻せていない中で、
あっさりと高値を更新し、今も更新し続けています。

利回りはどれくらい?

グローバル・フィンテック株式ファンド の利回りを見てみましょう。
直近1年間の利回りは+32.94%となっており、カテゴリーランキングでも
なんと2位という驚異的なパフォーマンスとなっています。

私も保有していますが、ここまで調子が良いと逆に怖くなります。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※2018年9月時点

四半期別運用パフォーマンスは?

グローバル・フィンテック株式ファンドの四半期別の運用パフォーマンスも
下に載せておきます。こちらもあわせて検討材料として利用してください。

評判はどう?

グローバル・フィンテック株式ファンドの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法も
ありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流入しているということは、それだけグローバル・フィンテック株式ファンドを
購入している人が多いということなので、評判がよくなっているということです。

グローバル・フィンテック株式ファンドは、設定来、毎月資金が流入していましたが、
直近はパフォーマンスがそこまで優れなかったため、一部資金が流出しています。
それでも、まだまだ期待できるファンドなのではないでしょうか。

グローバル・フィンテック株式ファンドの今後の見通し

アメリカと中国の貿易摩擦の拡大懸念やトルコ・リラの急落など、
株価下落の懸念はあるものの、アメリカの税制改革による減税と
規制緩和によって他の地域よりも想定的な景気の拡大が期待されています。

その点、アメリカ株式の多いグローバル・フィンテック株式ファンドには
成長余力があると考えられます。

またフィンテック関連企業は、クラウド、機械学習、ブロックチェーン、
AIといったテクノロジーを土台にした戦略をベースに利益成長が期待できます。