インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で
戦っている大和証券投資信託委託のiFreeシリーズ。

特に投資初心者の人には、株式、債券、REITに分散投資が
できるバランス型ファンドが人気です。

今日は、大和証券投資信託委託のiFree8資産バランスについて
徹底的に分析したいと思います。

iFree8資産バランスの基本情報

投資対象は?

iFree8資産バランスの投資対象は、国内・海外の株式、債券および
REITとし、下図のように8つの資産クラスに均等配分を目標にします。

アセットアロケーションを機動的に変更しないというのがひとつ
特徴と言えるでしょう。


※引用:交付目論見書

そして、それぞれの資産クラスごとに、下記のようにベンチマーク
を設定し、それぞれ連動するように運用成果を目指します。


※引用:交付目論見書

純資産総額は?

続いて、iFree8資産バランスの純資産総額はどうなっているか
見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも
見るべきポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を
入れ替えることができず、インデックスから乖離してしまう
リスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

iFree8資産バランスは下図のように2016年の新規設定以来、
純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約100億円
となっています。

右肩上がりに一直線に伸びており、バランス型ファンドの
人気が伺えます。規模としては全く問題ありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

特にインデックスファンドにおいては、同じベンチマークを採用
していることが多いため、実質コストの部分でパフォーマンスに
差がつきます。

またスマート・ベータ指数といって、FTSE RAFI エマージング
インデックス(円換算)のようなベンチマークが使われていると、
実質コストが上がりやすいので、必ず確認するようにしましょう。

iFree8資産バランスの実質コストは0.343%となっており、1期目は
0.44%程度でしたので、実質コストはだいぶ下がってきました。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 0
信託報酬 0.248%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.343%(概算値)

※引用:第2期 運用報告書(決算日2018年9月7日)

実質コストも加味して、私がオススメする最強のインデックスファンド

iFree8資産バランスの評価分析

基準価額の推移は?

iFree8資産バランスの基準価額は、2017年まで順調に伸びていましたが、
2018年に入ってからは上昇のきっかけをつかめていません。

バランスファンドはよくも悪くも様々なアセットクラスに分散
しているので、上昇するには時間がかかってしまいます。

※引用:モーニングスター

利回りは?

つづいて、iFree8資産バランスの運用実績を見てみましょう。
直近1年間の利回りは▲0.72%となっており、10月の暴落の
影響を受けて、ついにマイナスになってしまいました。

まだ設定してからの年数が短いことと、8つのベンチマークの
合成指数の推移がわからないため、今後の推移は読みにくい
というのが正直なところです。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲0.72% 12%
3年
5年
10年

※2018年12月時点

標準偏差は?

iFree8資産バランスの標準偏差を見てみると、同カテゴリー内
でのランクは上位3割程度に入っています。

インデックスファンドの場合、アクティブファンドよりは価格
の変動幅が小さくなるので、このあたりが妥当でしょう。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのは
ご存じでしょうか?

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 6.99 25%
3年
5年
10年

※2018年12月時点

年別のパフォーマンスは?

iFree8資産バランスの年別のパフォーマンスを見てみると、
2017年は好調でしたが、2018年はほぼトントンといったところです。

年間利回り
2018年 7.05%(9月末時点)
2017年 18.60%
2016年 3.02%
2015年
2014年

※2018年12月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

インデックスファンドに投資をするのであれば、類似のインデックス
ファンドとパフォーマンスを比較しておいたほうがよいでしょう。

今回は、iFree8資産バランスと同じく、8資産分散投資がいる
インデックスファンド3本と比較してみました。

現状、iFree8資産バランスのパフォーマンスが一番優れていることが
わかります。

他の3ファンドついては、まだ1期目ということもあり、実質コストが
高くなっているということも考慮しておく必要があります。

2019年以降になると、実質コストも落ち着いてくるので、ある意味、
本当に比較できる状態になるでしょう。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になる
のが、最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点か
と思います。

1年間という区切りでみると、▲0.72%しか下落したことがないので、
安心できると言いたいところですが、まだ運用期間が短いため今後、
もう少し大きく下落することがあると思います。

長期で保有したほうが下落幅が小さくなっていることからも、長期
保有を前提に考えるようにしてください。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲3.92%
3カ月 ▲3.60%
6カ月 ▲2.89%
12カ月 ▲0.72%

※2018年12月時点

評判はどう?

続いて、iFree8資産バランスの評判を見ていきましょう。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を
知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを
購入しているということなので、評判がいいということに
なります。

iFree8資産バランスは、2016年の新規設定以来、毎月資金流入
しています。

バランス型のファンドは販売員からしても紹介しやすいので、
これだけコストが低いと紹介しやすいですね。


※モーニングスター

iFree8資産バランスの評価まとめ

ファンドの運用ではアセットアロケーションが重要だ。
ということを聞いたことがある投資家の方も多いかと思います。

そうするとiFree8資産バランスのような初めから8つの資産に
分散してあるファンドはお手軽で魅力的に見えるでしょう。

しかし、現状、国内債券型のファンドに投資をする魅力は
ほとんど皆無ですし、FTSE RAFI エマージング インデックス
(円換算)は実質的にアクティブファンドのような運用でコスト
が割高になっているので、あまり良いとは言えません。

このように8つの資産のベンチマークがすべて自分が良いと
思っている指標であれば、問題ありませんが、1つか2つはあまり
納得感のないものも含まれていることが多いのです。

バランス型ファンドの本当のデメリット。私がなぜバランス型ファンドに投資しないのか

それを考えると、少し手間ではありますが、8つの資産クラス
それぞれで、自分が一番信頼できるベンチマークと低コスト運用
を実現しているインデックスファンドを自分でそれぞれ選んだほう
がはるかに高いパフォーマンスが期待できます。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆iFree8資産バランスから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?