アセマネOneが今、一番注力しているのが、未来の世界
シリーズです。

 

未来の世界に始まり、未来の世界(先進国)、未来の世界
(新興国)と次々とファンドをリリースし、次はなんと
未来の世界(ESG)が登場します。

 

確かに未来の世界のパフォーマンスは非常に優れているため、
投資価値があると私も思っていますが、うまく運用ができている
ファンドの名前を使って、投資家からお金を集めようとする
運用会社のやり方は好きではありません。

 

とは、言いつつも、募集を開始してわずか1カ月で4000億円
を超える資金が集まっており、投資家からも大きな期待が
寄せられています。

 

今日は、グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド
(為替ヘッジなし)『愛称:未来の世界(ESG)』について、
徹底分析していきます。

 

グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)『愛称:未来の世界(ESG)』の基本情報

投資対象は?

未来の世界(ESG)の投資対象は、世界のハイクオリティ成長企業です。

 

ハイクオリティ成長企業の定義は以下のようになっており、
特徴的なのが左下のESG評価を銘柄選定に取り入れている
という点です。

 

どこまでこのESG評価の項目が銘柄選定に影響を与えるのか
わかりませんが、明らかに近年のESGブームに乗っていきたい
という運用会社の意図を感じます。

 

ちなみにESGというのは、Enviroment(環境)、Social(社会)
Governance(統治)の頭文字をとった言葉で、企業が持続的な
成長をするにはこのESGの観点が必要だと近年言われています。


※引用:交付目論見書

 

具体的に、ESG評価とはどのようなことをしているのか。

 

ESG評価の観点により除外される銘柄としては、酒、
たばこ、ギャンブル、化石燃料の生産、武器の製造等
を主な事業とする企業や

 

国による株式保有比率が20%を超える企業などが対象
となります。

 

このESG評価基準で除外させるような企業がそもそも
スクリーニングのタイミングで残っているのか甚だ
疑問です。

続いて、未来の世界(ESG)の国別の資産構成比を見ていきます。

 

米国が約70%、次いで、中国、インド、デンマークと続きます。

 

この組み入れ比率を見る限り、未来の世界とほとんど構成比は
変わらないようですね。

 

では、もう少し具体的に組入銘柄も見ていきます。

 

組入銘柄は現在27銘柄となっており、かなり強気の
銘柄選定が行われています。

 

個人的には銘柄を絞っての運用は評価が高く、ファンド
マネジャーが自信がなければ、まずできない運用です。

 

有名企業が上位にランクインしており、これは未来の世界
とほぼ変わらないラインナップです。

純資産総額は?

続いて、未来の世界(ESG)の純資産総額はどうなっているか
見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から
集めた資金の総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで
銘柄を入れ替えることができなかったり、純資産総額が
大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまく
できず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、
事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

未来の世界(ESG)はわずか1カ月で4000億円を超える規模
にまで成長しており、一瞬で巨大ファンドに成長しました。

 

規模としては全く問題ないレベルです。

 

近年いかに多くの投資家がESGを意識しているかがよくわか
ります。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに
投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

未来の世界(ESG)の実質コストはまだ最新の運用報告書が
出ていないためわかりませんが、購入時手数料、信託報酬
ともにかなり強気の設定となっています。

 

すでに4000億円も集まっていますので、運用会社としては
笑いが止まらないでしょう。

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.848%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 不明

※引用:最新運用報告書

グローバルESGハイクオリティ成長株式ファンド(為替ヘッジなし)『愛称:未来の世界(ESG)』の評価分析

正直、アセマネOneの、ESGという流行りのテーマに乗るために、
無理くりファンド名に名前をつけて、投資家から資金を集めると
いう方法は好きではありません。

 

ただ、未来の世界シリーズの中でも、初期版である未来の世界
全世界の株式に分散投資ができるファンドとして非常に優秀な
ファンドです。

 

これで、パフォーマンスも酷いファンドに投資をさせようと
しているのであれば、是が非でも止めるべきところですが、
未来の世界とほぼ同じような銘柄選定がされている未来の世界(ESG)
は期待ができるファンドだと思います。

 

30銘柄前後にまで銘柄を絞り込んで、リスクを分散させるというのは、
スパークスの厳選投資などもやっている方法ではありますが、
簡単にできることではありません。

 

果たして、今後どの程度のパフォーマンスを残してくれるのか、
とても楽しみなファンドだと言えるでしょう。

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点