インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で戦っている
三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimシリーズ。

バランス型ファンドは投資初心者から常に人気がありますが、最近よく目にする
8資産均等型バランスファンドも非常に人気があるようです。

ただ、気を付けなければいけないのが、バランス型ファンドであれば、分散効果も
あるし、リスクも低いであろうと何も考えずに投資をしていると痛い目を見る可能性が
あるということです。

今日はその点にも触れながら、三菱UFJ国際投信のeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)
について徹底的に分析したいと思います。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の基本情報

投資対象は?

投資対象は、国内・海外の株式、債券およびREITとし、下図のように
8つの資産クラスに均等配分を目標にします。アクティブファンドのように
アセットクラスを機動的に変更しないことがひとつの特徴ですね。

そして、それぞれの資産クラスごとに、下記のようにベンチマークを設定し、
それぞれ連動するように運用成果を目指します。ここで、注意が必要なのが、
ベンチマークに採用されている指数がまともな指数であるかという点です。

多くの人がベンチマークに何が採用されているかについて、何も考えずに
投資をしてしまっていますが、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)において、
一番確認すべきポイントは、この点だと言っていいでしょう。

各アセットクラスで上位に組み込まれている銘柄はこのようになっています。

純資産総額は?

続いて、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。純資産総額というのは、
あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべきポイントです。
ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることができず、
インデックスから乖離してしまうリスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、
予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、下図のように2017年の新規設定以来、
純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は約160億円となっています。

毎月、安定的に純資産総額を伸ばしており、さすがの人気と言えます。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。

特にスマート・ベータ指数といって、FTSE RAFI エマージング インデックス(円換算)
のようなベンチマークが使われていると、実質コストが上がりやすいので、
必ず確認するようにしましょう。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の実質コストは0.217%程度となっています。
バランスファンドでこのコストなのであれば、悪くないですね。

購入時手数料 0
信託報酬 0.1728%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.217%(概算値)

※第1期 運用報告書より(決算日2018年4月25日)

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の評価分析

基準価額の推移は?

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の基準価額は2018年1月までは順調に
伸びていましたが、2018年1月末の暴落以降は、なかなか苦戦しています。

バランス型ファンドはよくも悪くもリスクをと取りませんので、予期せず
大きく下がると、そのあともとの水準まで基準価額が戻るのに時間が
かかってしまいます。

利回りは?

つづいて、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の運用実績を見てみましょう。

直近1年間の利回りは+3.96%となっています。バランス型のファンドであれば、
十分な結果ですね。

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)の前身であるeMAXIS バランス(8資産均等型)を
見てみると、3年平均利回り、5年平均利回りで5%を超えてきているので、安定的に
収益を上げていると言えます。

Slimシリーズはコストがより安いので、もう少し利回りが高くなりそうですね。
バランス型の利回りとしては、十分でしょう。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※2018年10月時点

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

まだ1年間の運用実績がないため、前身であるeMAXIS バランス(8資産均等型)の
ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。

2015年7月に一番タイミング悪く買って、2016年6月に一番タイミング悪く売った場合に
最大-10.81%あなたの資産が目減りした可能性があるということですね。

eMAXISとeMAXIS Slimシリーズはコスト以外はほぼ同じなので、下落率も
ほぼ同じだと考えてください。

しっかり長期保有をすれば、プラスのリターンが出ていますので、
10%ほど下落する場面があったとしても、すぐ売り払ってしまわないようにしてくださいね。

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率というのが
運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

2018年4月25日までの期間で見ると、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)と
ベンチマークは0.4%ほど乖離しています。

バランス型ファンドの場合、それぞれのマザーファンドについて乖離要因が
書かれているため、非常にわかりにくいのですが、組入比率や銘柄選定における
乖離というよりは配当・利子収入による影響ですので、特に気にしなくてよいでしょう。

 

評判はどう?

続いて、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の評判は見てみましょう。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、評判がいいということになります。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)は、2017年の新規設定以来、
毎月資金流入しています。

毎月大きく金額にブレがなく流入していますので、評判がいいということですね。

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)の評価まとめ

ファンドの運用ではアセットアロケーションが重要だ。ということを
聞いたことがある投資家の方も多いかと思います。

そうするとeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)のような、初めから
8つの資産に分散してあるファンドはお手軽で魅力的に見えるでしょう。

しかし、現状あなたが思っているほどバランス型ファンドにメリットがあると
私は思えません。

バランス型ファンドの本当のデメリット。なぜ私はおすすめしないのか

また、国内債券型のファンドに投資をする魅力はほとんど皆無ですし、
ベンチマークとしてTOPIXやMSCIエマージング・マーケット・インデックスも
そこまで優秀なベンチマークとは思えません。

何となく8資産に分散して、様々な資産クラスに投資をしている安心な気になりますが、
S&P500やNYダウ、FTSEグローバル・オールキャップ・インデックス等、
優秀なベンチマークにのみ投資をしていったほうが高パフォーマンスになると思います。