1997年に設定されて以来、絶大な人気を誇っていたグローバル・ソブリン・オープンですが、
近年はその人気もだいぶ下火となっています。とは言っても、純資産総額はいまだ約4500億円
もあり、グローバル・ソブリン・オープンを保有している方も多いのではないでしょうか?

では、直近の運用はどうなっているのでしょうか?
プロの目から分析していきたいと思います。

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の基本情報

投資対象は?

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の特徴は、OECD加盟国である
世界主要先進国の信用力高いソブリン債券を主要投資対象とし、国際分散投資行います。

ソブリン債というのは、各国の政府が発行する国債や政府機関が発行する政府機関債、
世界銀行やアジア開発銀行などの国際機関が発行する国際機関債も含まれます。

債券ファンドへの投資をする上で必ずチェックしなければならないのが、
組入られている債券の格付です。一般にS&P社やMoody’s社の格付でBaa(BBB)以上の
格付は信用力が高く投資適格債券と呼ばれますが、BB以下の債券は投資不適格債券と呼ばれ、
機関投資家は基本的にリスクが高いため手を出しません。

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の場合は、Aランク以上の債券のみに
投資しているので、信用力が高く、ひとつ安心できるポイントです。


※引用:交付目論見書

組入債券は、下記のように、世界中の高い信用力をもつ債券にのみ投資を行っています。
デフォルトの可能性が低いため、継続して安定的な利子収入が期待できます。


※引用:交付目論見書

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと
思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の純資産総額は未だ4500億円
ありますので、多くの投資家が継続的に保有をしています。
規模としては全く問題ありませんね。


※引用:マンスリーレポート(10月31日)

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の実質コストは1.358%となっており、
カテゴリー内で平均的な水準です。

とは言っても、信託報酬は高く、積極的におすすめできる商品ではありません。

購入時手数料 1.62%(税込)
信託報酬 1.35%(税込)
信託財産留保額 0.5%
実質コスト 1.358%

※第245期 運用報告書(決算日2018年5月17日)より

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の評価分析

基準価額をどう見る?

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の基準価額は
直近3年間で15%ほど下落しています。

分配金も無理な金額を出していないのですが、それ以上に
パフォーマンスが悪いため、まだまだ下落がつづきそうですね。


※引用:モーニングスターWEBサイト

利回りはどれくらい?

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の直近1年の利回りは▲3.36%、
3年平均利回りもマイナスです。5年、10年の長期で見るとプラスのリターンが
出てはいるものの、カテゴリー内のランキングでは、半分以下の順位ですので、
決して優れているとは言えません。

毎月分配で過剰な分配を行っていることも問題ですが、この程度のパフォーマンスしか
出せていないにもかかわらず、年間1%以上の手数料をとっていることを考えると、
とんてもないファンドだということがよくわかります。


※引用:モーニングスターWEBサイト

四半期別運用パフォーマンス

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の四半期別のパフォーマンスを
見てみましょう。2014年には大きくプラスとなっていますが、それ以外の年では、
パフォーマンスがさえません。

債券ファンドは安定と思われがちですが、決してそうは言えないことがよくわかる結果です。


※引用:モーニングスターWEBサイト

類似ファンドとのパフォーマンス比較

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)に投資するうえで、類似ファンドとの
パフォーマンスは比較しておきたいところです。

今回は、FTSE世界国債インデックスをベンチマークとするたわらノーロード先進国債券と
比較してみると、どちらもマイナスではありますが、グローバル・ソブリン・オープンの
ほうが負けていることがわかります。

これでは、高いコストを支払って投資する意味がありませんね。


※引用:モーニングスターWEBサイト

分配金の推移と分配金余力は?

2016年末に毎月10円に分配金が減額されてからは、同じ金額の分配が続いています。

分配金余力は約17カ月となっており、あまり余裕はありません。分配金利回りは約2.5%なので、
それほど過剰な分配はしていませんが、それ以上にパフォーマンスが悪いのが問題ですね。


※引用:モーニングスターWEBサイト

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、
月次の資金流出入額でしょう。資金が流出しているということは、それだけこのファンドを
解約している人が多いということなので、評判が悪いということです。

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)は2014年から毎月資金が流出し続けており、
ここまで流出しているファンドも珍しいです。それだけ不評ということですね。

私からみても、このファンドを保有しているのであれば、即刻解約をお勧めします。


※引用:モーニングスターWEBサイト

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の今後の見通し

米国では、税制改革や財政拡大による景気押し上げ効果が期待されることなどから、
FRBは今後も引き続き緩やかな利上げを実施するとみられています。

一方で、日欧と比較して、相対的に高い金利への投資家需要があるため、米国の長期金利は
安定的に推移するものと考えられます。ユーロ圏は、マイナス金利政策の影響などから
債券は安定的に推移すると考えられます。

ただ、景気回復が続く中、ECBは今後、金融緩和政策の調整を進めていく可能性があり、
景気回復動向次第では、長期金利に上昇圧力が高まる可能性も考えておきましょう。

ソブリン債で構成されている限り、運用パフォーマンスが大きくぶれることは考えづらく、
今後も2~3%程度の安定的な運用になると思われます。

ただ、信託報酬分を差し引くと、1~2%程度の運用益となり、分配金をすべて運用で
カバーするというのは、今後も厳しいと予想されます。

分配余力も17カ月と迫ってきていますので、減配になる可能性も視野にいれて
おいたほうがよいでしょう。