1997年に設定されて以来、純資産総額が6兆円というとてつもない
人気を誇っていたグローバル・ソブリン・オープン。

ですが、近年はその人気もだいぶ下火となってしまいました。

とは言っても、純資産総額は、いまだ約4500億円もあり、グローバル
・ソブリン・オープンを保有している方も多いのではないでしょうか?

今日は、プロの目から徹底分析していきます。

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の基本情報

投資対象は?

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の特徴は、OECD加盟国
である世界主要先進国の信用力高いソブリン債券を主要投資対象とし、
国際分散投資行います。

ソブリン債というのは、各国の政府が発行する国債や政府機関が
発行する政府機関債、世界銀行やアジア開発銀行などの国際機関が
発行する国際機関債も含まれます。

債券ファンドへの投資をする上で必ずチェックしなければならない
のが、組入られている債券の格付です。

一般にS&P社やMoody’s社の格付でBaa(BBB)以上の格付は信用力が
高く投資適格債券と呼ばれますが、BB以下の債券は投資不適格債券
と呼ばれ、機関投資家は基本的にリスクが高いため手を出しません。

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の場合は、Aランク以上
の債券のみに投資しているので、信用力が高く、ひとつ安心できる
ポイントです。


※引用:交付目論見書

組入債券は、下記のように、世界中の高い信用力をもつ債券にのみ
投資を行っています。

デフォルトの可能性が低いため、継続して安定的な利子収入が期待
できます。


※引用:交付目論見書

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ
替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、
ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の純資産総額は未だ
4500億円程度ありますので、多くの投資家が継続的に保有をしています。

規模としては全く問題ありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の実質コストは1.359%と
なっており、前期とほぼ変わっていません。カテゴリー内では平均的
な水準です。

とは言っても、信託報酬は高く、積極的におすすめできる商品では
ありません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 1.62%(税込)
信託報酬 1.35%(税込)
信託財産留保額 0.5%
実質コスト 1.359%

※第251期 運用報告書(決算日2018年11月19日)より

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の評価分析

基準価額をどう見る?

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の基準価額は
直近3年間で10%ほど下落しています。

分配金も無理な金額を出していないのですが、それ以上に
パフォーマンスが悪いため、まだまだ下落がつづきそうですね。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の直近1年の利回りは
▲4.55%、3年平均利回りもマイナスです。5年、10年の長期で見る
となんとかプラスのリターンとなっています。

同カテゴリー内のランキングでは、半分以下の順位ですので、決して
優れているとは言えません。

毎月分配で過剰な分配を行っていることも問題ですが、この程度の
パフォーマンスしか出せていないにもかかわらず、年間1%以上の
手数料をとっていることを考えると、とんでもないファンドだと
いうことがよくわかります。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲4.55% 38%
3年 ▲1.56% 76%
5年 0.99% 48%
10年 2.74% 79%

※2019年1月時点

標準偏差は?

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の標準偏差を見てみると、
同カテゴリー内では上位30%となっています。

今後1年間のリターンは、▲14.61%~5.51%に収まると予想できます。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 5.03 29%
3年 6.11 25%
5年 6.37 22%
10年 8.56 57%

※2019年1月時点

年別運用パフォーマンス

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の年別のパフォーマンスを
見てみましょう。2014年には大きくプラスとなっていますが、それ以外
の年では、パフォーマンスがさえません。

債券ファンドは安定と思われがちですが、決してそうは言えないことが
よくわかる結果です。このパフォーマンスでは投資しようとは思えませんね。

年間利回り
2018年 ▲4.55%
2017年 3.17%
2016年 ▲3.13%
2015年 ▲4.30%
2014年 15.05%

※2019年1月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)に投資するうえで、
類似ファンドとのパフォーマンスは比較しておきたいところです。

今回は、FTSE世界国債インデックスをベンチマークとするたわら
ノーロード先進国債券と比較してみると、どちらもマイナスでは
ありますが、グローバル・ソブリン・オープンのほうが負けている
ことがわかります。

これでは、高いコストを支払って投資する意味がありませんね。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

投資を検討するのであれば、基準価額がどの程度下落する可能性が
あるのは確認しておきたいですね。

標準偏差からある程度は予測できますが、最大下落率を直接確認した
ほうがイメージがわきますね。

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)は1年間で最大▲24.78%も
下落しています。

リートはリスクが低いと思われがちですが、下落するときは大きく
下落しますので、その点は心にとめておきましょう。

基本的には長期保有をすればプラスのリターンが出ていますが、
ただし、何も考えず保有し続けるのは厳禁です。

考えなしの長期保有が自分の首を絞める理由とは?

期間 下落率
1カ月 ▲12.70%
3カ月 ▲16.47%
6カ月 ▲20.25%
12カ月 ▲24.78%

※2018年11月時点

分配金の推移と分配金余力は?

2016年末に毎月10円に分配金が減額されてからは、同じ金額の分配が
続いています。

当期の収益以外からはほとんど分配されていませんので、タコ足配当
にはあまりなっていないことがわかります。

ただし、分配金余力は約16カ月となっており、あまり余裕はありません。
ここ1年以内に減額される可能性は十分にあり得ます。

またパフォーマンスがひどい結果なので、分配金利回りが約2.5%である
ことを考えると、今後の基準価額の下落は止まらなさそうです。

分配金 当期収益以外 繰越対象額
246期 10円 1円 165円
247期 10円 167円
248期 10円 1円 166円
249期 10円 169円
250期 10円 2円 166円
251期 10円 2円 164円

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知る
うえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流出しているということは、それだけこのファンドを
解約している人が多いということなので、評判が悪いということです。

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)は2014年から毎月資金が
流出し続けており、ここまで流出しているファンドも珍しいです。

それだけ不評ということですね。

私からみても、このファンドを保有しているのであれば、即刻解約
をお勧めします。


※引用:モーニングスターWEBサイト

グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)の今後の見通し

米国では、税制改革や財政拡大による景気押し上げ効果が期待
されることなどから、FRBは今後も引き続き緩やかな利上げを
実施するとみられています。

一方で、日欧と比較して、相対的に高い金利への投資家需要が
あるため、米国の長期金利は安定的に推移するものと考えられます。

ユーロ圏は、マイナス金利政策の影響などから債券は安定的に
推移すると考えられます。

ただ、景気回復が続く中、ECBは今後、金融緩和政策の調整を
進めていく可能性があり、景気回復動向次第では、長期金利に
上昇圧力が高まる可能性も考えておきましょう。

ソブリン債で構成されている限り、運用パフォーマンスが大きく
ぶれることは考えづらく、今後も2~3%程度の安定的な運用になる
と思われます。

ただ、信託報酬分を差し引くと、1~2%程度の運用益となり、分配金を
すべて運用でカバーするというのは、今後も厳しいと予想されます。

分配余力も17カ月と迫ってきていますので、減配になる可能性も視野に
いれておいたほうがよいでしょう。