投資信託に投資することを検討したことがある人であれば、まず
名前を聞いたことがあるひふみプラス。

ファンドマネージャーの藤野さんによるメディア戦略が功を奏して
いる側面もありますが、ファンドのパフォーマンス実績に加え、
「長期の積立・分散投資に適した一定の投資信託」を要件とする
「つみたてNISA」制度の対象ファンドのひとつに選ばれているとおり、
金融庁のお墨付きを得ていることも大きな人気となっている要因のひとつです。

今日は、このひふみプラスについて、徹底分析していきたいと思います。

ひふみプラスの基本情報

レオスキャピタルとは?

まず、ひふみプラスを運用しているのは、レオス・キャピタルに
ついて簡単に説明しておきます。

同社を率いるのは、ゴールドマンサックス・アセットマネジメント
などで主に日本の中小型株ファンドマネージャーとして辣腕を
振るってきた、藤野英人さんです。

藤野さんは同社の最高投資責任者でもあり、ひふみプラスとひふみ投信
の運用実務に携わるメンバーのひとりです。

2003年設立の比較的若い資産運用会社で、日本の資産運用会社としては
珍しく、ブティック型の自社運用に特化しています。

運用する投資信託の純資産残高が業界中堅クラスであるにも関わらず、
設定している投資信託はマザーファンドを除き、わずか4本というのは
運用の自信がなければできません。

このような特徴と運用するファンドの好調さも相俟って、日本の
資産運用会社の中でもユニークな存在として、注目を集めています。

投資対象は?

ひふみプラスは国内害の上場株式を投資対象とし、市場価値が割安と
考えられる銘柄を選別して投資していきます。

株式の割安感や株価水準といった定量調査と、経営者や製品、現場の声
といった定性調査の双方からアプローチし、成長企業を発掘していきます。


※引用:交付目論見書

もともと海外株式は組入られていなかったのですが、
資金が集まり過ぎたことにより現在は海外株式も組み入れ
られるようになっています。

現在では約10%が海外株式となっています。
海外株はamazonやmicrosoft、facebookといった有名どころ
のみ組入れているようです。


※引用:マンスリーレポート(2018年10月時点)

純資産総額は?

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで売買できな
かったり、コストが嵩みますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ひふみプラスは2017年以降急激に純資産を伸ばしており、現在は
6000億円程度まで膨れ上がっています。


※引用:マンスリーレポート(2018年10月時点)

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが
通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ひふみプラスの実質コストは、1.243%と同カテゴリー内ではかなり
割安となっています。

これだけのパフォーマンスでありながら、低コストとなっているのは
投資家からするとありがたいですね。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.0584%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.243%(概算値)

※引用:第7期 運用報告書(決算日2018年10月1日)

ひふみプラスで本当に大丈夫?圧倒的に高いリターンを出しているアクティブファンド特集

ひふみプラスの評価分析

基準価額の推移は?

ひふみプラスの基準価額を見てみましょう。

2016年から2017年末にかけては好調でしたが、2018年はかなり厳しい
結果となっています。このあたりは他のファンドと変わりませんね。

※引用:モーニングスターWEBサイト(2018年12月時点)

利回りはどれくらい?

それでは、ひふみプラスの利回りはどうでしょうか?

直近1年間の利回りは▲3.02%と優れませんが、3年、5年リターンでは
10%以上のリターンを出しており、カテゴリー内でも上位5%以内と
非常に優れた結果を残しています。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲3.02% 27%
3年 12.92% 4%
5年 16.12% 4%
10年

※2018年12月時点

標準偏差は?

ひふみプラスの標準偏差を見てみると、中長期になるにつれて
カテゴリー内での順位を上げています。

高いパフォーマンスを維持しつつ、リスクも低い運用ができている
ということで理想の運用ができていると言えますね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 15.14 42%
3年 14.57 29%
5年 13.63 17%
10年

※2018年12月時点

年別のパフォーマンスは?

ひふみプラスの年別のパフォーマンスを見てみると、ここ5年間は
毎年安定してプラスのリターンが出せています。

10%以上出ている年も多く、これだけの結果を残しているファンド
であれば、投資する価値があるというものです。

年間利回り
2018年 1.70%(9月末)
2017年 44.79%
2016年 4.62%
2015年 21.88%
2014年 14.42%

※2018年12月時点

「アクティブファンドは儲からない」は嘘!私のファンド運用実績を㊙公開

類似ファンドとのパフォーマンス比較

ひふみプラスに投資を検討するのであれば、インデックスファンド
とのパフォーマンス比較は必須です。

今回は、日経225をベンチマークに採用しているeMAXIS 日経225
インデックスと比較をしてみました。

黄色がひふみプラスですが、パフォーマンスでは圧勝となっています。
少なくともインデックスファンドよりは高いパフォーマンスとなって
いますので、高いコストを払ってでも投資する価値はあると言えます。

あとは、国内株式ファンドでは、ひふみプラスよりもさらに高い
パフォーマンスのファンドも存在していますので、優れたファンド
同士の比較もしておきたいところですね。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

ひふみプラスへの投資を検討するのであれば、どの程度下落する
可能性があるのかは知っておきたいところです。

標準偏差からある程度の変動範囲は予測できますが、過去に実際に
どの程度下落したのかを確認しておいたほうがよいでしょう。

ひふみプラスの最大下落率は、2018年10月の▲12.16%となっています。

まだ運用期間が短いということもあり、このような結果となっています
が、株式ファンドですので30~40%は下落する可能性もあると思って
おいたほうがよいでしょう。

期間 下落率
1カ月 ▲12.16%
3カ月 ▲10.06%
6カ月 ▲10.14%
12カ月 ▲3.22%

※2018年12月時点

評判はどう?

資金の流出入を見るのはそのファンドの評判を確認するために
有効な手段です。

資金が多く入っていれば人気があるファンドですし、流出が続いて
いるようであれば、評判が悪いファンドと言えます。

それではひふみプラスはどうでしょうか。

2016年に数カ月流出が続いた時期がありましたが、それ以外では
毎月資金流入しています。

それだけ人気のファンドということですね。
このパフォーマンスであれば、流入する理由もわかります。


※引用:モーニングスターWEBサイト(2018年12月時点)

ひふみプラスの今後の見通し

私は前々からもっと多くの運用会社のファンドマネージャーには
表舞台に出てきてもらって、どのような考えで運用しているのか等、
話をしてほしいと思っていますが、サラリーマン体質の抜けない
運用会社はまったくそのそぶりを見せません。

とは言ったものの、レオスの藤野さんを筆頭に独立系の運用会社は
積極的に表舞台に出てきて、投資家とコミュニケーションをとること
で、純資産を増やしているという事実がありますので、今後はもう
少し増えてきてもおかしくないでしょう。

少し話がそれましたが、ひふみプラスは十分に優れたパフォーマンス
を残していますので、投資に値するファンドです。

もちろん、ひふみプラスに投資をするというのもひとつの選択肢です
し、世の中にはひふみプラスよりも高いパフォーマンスを出している
国内株式ファンドも存在していますので、色々と比較してみると
面白いと思います。

ひふみプラスから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集