大和投信のiFreeNEXTシリーズからまた面白いファンドが登場します。
その名もiFreeNEXT NASDAQ100インデックス。

これまで、日本国内では、NASDAQ100に投資できるのは、
野村アセットのNEXT FUNDS NASDAQ-100連動型上場投信しかありませんでしたが、
ついに投資信託でもNASDAQにも投資できるようになります。

今日は、iFreeNEXT NASDAQ100インデックスについて徹底分析していきますので、
購入を検討している方はぜひ参考にしてください。

iFreeNEXT NASDAQ100インデックスの基本情報

NASDAQ100とは?

NASDAQ100は、NASDAQに上場する非金融銘柄の時価総額上位100銘柄の加重平均で
算出しています。一般的に使われるNASDAQ総合指数は3000以上の銘柄の加重平均と
なっているので、勘違いしないよう注意してください。

S&P500やNYダウとは異なり、金融会社が含まれていないことや、指数の乱高下が
非常に大きいというのが特徴です。

またNASDAQに上場していれば、米国企業かどうかは関係ないので、S&P500やNYダウよりも
世界の企業動向を反映していると言えます。そして、セクター構成比でみると、
50%以上をテクノロジー銘柄が占めているのも特徴です。

NASDAQ100の推移は?

インデックスファンドなので、NASDAQ100の過去の推移は必ず把握しておくべきポイントです。
まず直近7年間の推移を見てみましょう。比較できるようにNASDAQ総合指数とS&P500の推移も
併せて載せています。

直近7年間で見ると、NASDAQ100が一番パフォーマンスが高いことがわかります。
S&P500も7年間で2.4倍くらいに指数が上昇していますので、いかにNASDAQ100が
高いパフォーマンスだったかがわかりますね。

と、ここまで見ると、NASDAQ100すごいじゃないか!ということになるのですが、
もう少し長期で見てみると、違った姿が見えてきます。

下図は1986年来のNASDAQ100の推移です。かなり大きく乱高下しているのがわかると思います。
さきほどの図とは様相が異なりますね。2000年ごろの下落はいわゆるITバブルの影響ですが、
ここまで大きく下落されると、少し手が出しづらいのではないでしょうか。

何より、そろそろ過去の高値水準まで指数が上昇してきているので、
ここはいったん様子見のスタンスが正解だと思います。

投資対象は?

iFreeNEXT NASDAQ100インデックスの投資対象は、NASDAQ100指数を構成する株式に投資を
していきます。が、運用の効率化を図るために株式先物取引やETFを活用する可能性も
あるようです。

実際、iFree S&P500でも一部ETFを組入れているので、今回もそのようなことが
行われる可能性は高いと思います。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス の実質コストは、まだ最新の運用報告書が出ていないので、
正確にはわかりませんが、0.5%~0.6%程度にはなると思われます。

まだ他のインデックスファンドと比べると、コストが高い印象です。

購入時手数料 0
信託報酬 0.486%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.5~0.6%(概算値)

iFreeNEXT NASDAQ100インデックス の評価分析

インデックスファンドに投資をするか検討するとき、必ず押さえておきたいポイントは、
コストとベンチマークの推移です。コストの観点でみると、iFree S&P500は0.24%、
iFree NYダウ・インデックスも0.24%ですので、2倍近いコストがかかることになります。

現状、2倍近いコストを払うほど、NASDAQ100が優れているという点を見出すことはできません。

続いて、ベンチマークの推移ですが、さきほどお見せしたように、2000年前後に急上昇を
見せた後、急降下しています。これは、NYダウやS&P500の推移と比べるとわかりますが、
かなりリスクが高くなっています。

2000年以降は非常に好調であることから、期待をしたいところではありますが、
直近、2000年頃につけた高値に到達しますので、もう少し様子を見てから購入すべきファンドでしょう。