近年、多くの運用会社からバランス型のインデックスファンドが
出ていますが、まさにその先駆けとなったファンドが野村 世界
6資産分散投信でしょう。

10年以上前から、国内外の株式、債券、REITに分散投資をする
ファンドを設定しており、一時期は4000億円まで純資産総額が
ありました。

近年は低コストのバランス型インデックスファンドに台頭されて
しまっていますが、今日は、野村 世界6資産分散投信(分配コース)を
徹底分析していきます。

野村 世界6資産分散投信(分配コース) の基本情報

投資対象は?

野村 世界6資産分散投信(分配コース)は国内及び外国の株式、債券、
REITを実質的な投資対象としていきます。

そして、下記を見ていただくとわかるように、すべてインデックス
ファンドに投資をしていきます。


※引用:目論見書より

野村 世界6資産分散投信はコースによって、上記6資産の比率を
変えていますが、分配コースの場合は、以下のように外国債券が
約50%、国内債券が約20%、株式とREITで約30%となっており、
リスクを抑えた運用となっています。


※引用:マンスリーレポート(2018年9月末)

純資産総額は?

純資産総額は投資信託を見極める際にとても大切なポイントです。

純資産総額が多いと、思い通りにポートフォリオを組み替えられますが、
純資産総額が小さいと、銘柄をタイミングよく入れ替えることができな
かったりします。

またコストの面から見ても、ファンドが小さいとコストが嵩みます。

では、野村 世界6資産分散投信(分配コース) の純資産総額はどうでしょうか?

現在の純資産総額は、約1100億円です。

規模としては全く問題ありませんが、基準価額が上昇しているにも
かかわらず、純資産総額は右肩下がりに減っていることがわかります。


※引用:マンスリーレポート(2018年9月末)

実質コストは?

投資信託にかかる費用について、皆さんがよく目にするのは、販売時
の手数料・信託報酬・信託財産保留金といったところだと思います。

しかし、これ以外にも費用がかかっているのを知っていたでしょうか?

これを実質コストというのですが、実質コストは売買手数料や
取引の際の税金、保管費用などが含まれます。

野村 世界6資産分散投信(分配コース) の実質コストは0.7456%と
なっており、近年のバランス型のインデックスファンドと比較
すると、かなり割高となっています。

また販売手数料もかかることから、あえてこのファンドを
選択する理由というのが見つかりません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 1.62%(税込)※上限
信託報酬 0.7452%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 0.756%(概算値)

※引用:第76期 運用報告書(決算日2018年7月10日)

野村 世界6資産分散投信(分配コース) の評価分析

基準価額の推移は?

野村 世界6資産分散投信(分配コース) では、9500円~10500円の間を
推移していることがわかります。

基準価額が下落していないことから、分配金の推移順は適正な水準で
管理されているようです。


※引用:モーニングスターHP

利回りはどれくらい?

野村 世界6資産分散投信(分配コース) の直近1年間の利回りは
+2.21%となっています。

3年、5年、10年平均利回りを見ても、年利2%を超えており、
手堅く運用されていると言えるでしょう。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 2.21% 45%
3年 2.25% 72%
5年 5.04% 44%
10年 4.50% 43%

※2018年10月時点

標準偏差は?

野村 世界6資産分散投信(分配コース) の標準偏差を見てみると、
バランスファンドなので偏差自体が小さいですが、同カテゴリー内
のランキングではほぼ真ん中の順位となっています。

実質インデックスファンドに投資をしていますので、ほぼ真ん中の
順位というのも納得ですね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 4.44 46%
3年 6.16 47%
5年 6.57 45%
10年 9.39 47%

※2018年10月時点

年別のパフォーマンスは?

続いて、野村 世界6資産分散投信(分配コース)の年別のパフォ
ーマンスを見てみましょう。

マイナスになっている年度もありますが、下落幅は小さいので
ありがたいですね。

年間利回り
2018年 ▲0.16(9月末)
2017年 5.57%
2016年 ▲0.68%
2015年 ▲2.25%
2014年 16.09%

※2018年10月時点

類似ファンドとのパフォーマンスの比較

バランス型のインデックスファドであれば、eMAXIS Slim バランス
(8資産均等型)
とパフォーマンスを比較しておくよいでしょう。

比較してみると、直近では、かなりパフォーマンスの差が縮まって
いますが大部分はeMAXIS Slimバランス(8資産均等型)がパフォ
ーマンスで勝っています。

ですので、現状、コストも高く、パフォーマンスも悪い野村 世界
6資産分散投信(分配コース)を選択する理由はありませんね。

最大下落率は?

投資を検討するうえで、どの程度下落する可能性があるのかは
知っておきたいところです。

野村 世界6資産分散投信(分配コース) の最大下落率は2007年11月
~2008年10月までの間に、▲26.24%下落しています。

ここからの教訓として、債券やREITに分散投資をしていても、
下落するときは下落してしまうということです。

もし、大幅な下落が嫌なのであれば、投資する額自体をそもそも
減らすことを考えたほうがよいでしょう。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲13.33%
3カ月 ▲21.72%
6カ月 ▲26.52%
12カ月 ▲26.24%

※2018年10月時点

分配金は?

つづいては、野村 世界6資産分散投信(分配コース)の分配金をを
見てみましょう。2014年以前から隔月で30円の分配金を出しています。

分配金利回りも2%弱なので、適正な水準と言えますね。

安定しているといえば、そのとおりですが、年2%程度の分配金で
満足なのであれば、他の手段も色々とあると思います。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
74期 30円 13円 2,869円
75期 30円 2,872円
76期 30円 2,875円

評判はどう?

次に野村 世界6資産分散投信(分配コース) の評価を見てみましょう。

資金が毎月流出超過となっているということは、ファンドを解約
している人が多いということですので、評判が良くないということ
になります。

野村 世界6資産分散投信(分配コース)は直近5年間資金が流出し続け
ており、評判は決して良くないことがわかります。

コストの安いバランスファンドが次々と出てきていますので、その
影響も大きいでしょうね。


※引用:モーニングスター

野村 世界6資産分散投信(分配コース) の今後の見通し

バランス型のインデックスファンドに中長期で投資をしていれば、
大きく負けることはまず考えられませんが、やはり低コストの
ファンドを選ぶのは必須と言えます。

そう考えると、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)のほうが
低コストかつパフォーマンスも優れていますので、あえて、野村
世界6資産分散投信(分配コース)に投資をする理由が見つかりません。

まだ1000億円規模のファンドですので、保有している方も多いかも
しれませんが、特にコスト面は比較したうえで投資をするように
しましょう。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆野村 世界6資産分散投資から乗り換え続出!本当に利回りが高いインデックスファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?