楽天投信投資顧問が設定・運用する楽天日本株4.3倍ブル。

主に短期売買を繰り返す投資家向けに設定されたファンドですが、
このような投資家と利害が一致し短期売買で手数料を稼ぎたい
証券会社で、販売ラインナップに採用されるようになっています。

楽天日本株4.3倍ブルに限らずですが、いわゆるブルベア投信の類は
資産運用に全く不向きなのですが、一定数の人気はあるようです。

今日はそんな楽天日本株4.3倍ブルについて徹底分析していきます。

楽天 日本株4.3倍ブルの基本情報

投資対象は?

楽天 日本株4.3倍ブルの投資対象は、日経225の先物取引です。

一部、国債やコマーシャルぺーバーなどを買い付けていますが、
これはレバレッジ4.3倍の株価先物指数を買い建てるための担保と、
「投資信託は有価証券に総資産額の2分の1以上投資しなければならない」
という規制をすり抜けるためです。

そして、日々の日経平均株価の値動きの4.3倍程度動くように、
レバレッジをかけて運用していきます。

なお、基準価額が日経平均株価の約4.3倍の動きとなるということは、
仮に100万円投資したのであれば、その4.3倍である430万円を運用できる
と思ってしまいがちですが、そのように捉えているのであれば、必ず痛い目にあいます。

後述しますが、ブルベア型ファンドは、複利計算の構造上、
基準価額が下落する仕組みになっていますので、注意が必要してください。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を
入れ替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少して
いると、ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを
生む可能性がありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

楽天 日本株4.3倍ブルの純資産額は275億円と、規模としては問題ありません。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

楽天 日本株4.3倍ブルの実質コストは1.359%とカテゴリー内ではかなり高いです。
後述しますが、ブルベア型ファンドは構造上、基準価額が下落する仕組みに
なっているため、コストが高いというのは致命的です。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.2204%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.359%(概算値)

※引用:運用報告書(決算日2018年6月15日)

楽天 日本株4.3倍ブルで本当に大丈夫?圧倒的に高いリターンを出しているアクティブファンド特集

楽天 日本株4.3倍ブルの評価分析

基準価額をどう見る?

楽天 日本株4.3倍ブルの直近の基準価額は、7,180円近辺です。

2018年の10月以降はブル型ファンドにとっては悪夢だったと
言えますが、基準価額が半分程度にまで下落してしまいました。


※引用:モーニングスター

楽天 日本株4.3倍ブルが目標とするレバレッジ4.3倍は、
前日に対する1日の値動きについてのものです。

言い換えると、比較する日から2日間以上期間が空くと、
必ずしも4.3倍の値動きにはならなくなります。

簡易的な例でみてみましょう。

当初を100円として、1日後、日経平均株価が5%下落して95円になると、
その4.3倍である21.5%楽天 日本株4.3倍ブルは下落します。

そして、2日目。日経平均株価が100円に戻ったとすると、+5.26%上昇
したことになります。すると、楽天 日本株4.3倍ブルは22.61%上昇する
ことになります。

さて、ここからが問題なのですが、実際に数値を確認してみると、
日経平均株価は100円にもどっていますが、楽天 日本株4.3倍ブルは
96.24円になっています。

実際はコスト分も下落しますので、もう少し開きは大きくなります。
実際に計算してみるとよりイメージが沸きますが、複利計算の構造上、
下落仕組みになっているのです。

対象 当初 1日目 2日目
日経平均株価 100円 95.0円(▲5%) 100円(+5.26%)
楽天 日本株4.3倍ブル 100円 78.5円(▲21.5%) 96.24円(+22.61%)

直近3年間の日経平均株価との推移を比較してみても、下方圧力が
常にあるため、基準価額の伸びはレバレッジをかけていなくても変わりません。

利回りはどれくらい?

楽天 日本株4.3倍ブルの直近1年のトータルリターンは▲49.51%です。

2018年の10月末以降の大暴落の影響をもろに受けた形ですが、この
下落幅はさすがに厳しいですね。ブル型ファンドの弱点がもろに
影響してしまっています。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲49.51% 91%
3年 0.14% 100%
5年
10年

※引用:2019年2月時点

標準偏差は?

楽天 日本株4.3倍ブルの標準偏差を見てみましょう。

標準偏差は基準価額のブレが大きいかどうかを確認するための指標で、
将来の値動きの予測の参考にもなります。

楽天 日本株4.3倍ブルの標準偏差は70を超えており、基準価額の変動幅は
異常に高くなっていることがわかります。まさにハイリスクな投資が
好きな方向けのファンドと言えますね。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 75.85 100%
3年 70.10 100%
5年
10年

※引用:2019年2月時点

年別のパフォーマンスは?

楽天 日本株4.3倍ブルの年別の利回りを見てみましょう。

2017年は100%を超える異常な利回りとなっていますが、2016年、
2018年は大きく下落してしまっているため、実質リターンはほぼ
相殺されてしまっています。

これでは高いリスクを取る理由がありませんね。

年間利回り
2018年 ▲53.76%
2017年 102.33%
2016年 ▲38.71%
2015年
2014年

※引用:2019年2月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

高いリスクを取るのであれば、日経平均に連動するインデックスファンド
よりもパフォーマンスが優れていなければ、投資するに値しません。

そこで日経225と連動するニッセイ 日経225インデックスファンドと比較
してみると、わずかにではありますが、ニッセイ 日経225インデックスファンド
のほうがパフォーマンスで上回っています。

これではハイリスクの楽天 日本株4.3倍ブルに投資する価値がありません。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

標準偏差がわかれば、どの程度下落する可能性があるかはある程度
予測できますが、実際にどれくらい下落したことがあるのか確認する
ほうがイメージが湧きます。

楽天 日本株4.3倍ブルの最大下落率は6カ月で▲71.41%となっています。
さすがにこの下落幅は大きすぎますね。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲42.20%
3カ月 ▲68.46%
6カ月 ▲71.41%
12カ月 ▲57.70%

※引用:2019年2月時点

評判は?

楽天 日本株4.3倍ブルの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法も
ありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけ楽天 日本株4.3倍ブルを
解約している人が多いということなので、評判が悪いということです。

高レバレッジのブルファンド全般に言えますが、純資産総額と同様に
資金流出入が激しいファンドです。

2018年10月に市場が大きく下落したタイミングで反転を狙った資金流入が
あり、一時的に人気が増しているような状況です。


※引用:モーニングスター

楽天 日本株4.3倍ブルの今後の見通し

日本の株式市場はまだ割安という声も聞こえますが、短期・中期では相当に
バリュエーションが高くなっています。

これに加えて最近は金融緩和の方向性が読みづらくなっていることから、
ボックス相場に入ることが十分予想されます。何度も言っていますが、
ボックス相場になってしまうと、楽天 日本株4.3倍ブルは仕組み上、
下落圧力が強まるので、プラスのリターンは出にくくなります。

繰り返しですが、楽天 日本株4.3倍ブルはあくまで投資のためのものではなく、
投機のためのものです。

それでも買いたいという方は短期目線であることと、そして入念な
リスクコントロールが必要であることを忘れないようにしてください。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆楽天 日本株4.3倍ブルから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?