楽天投信投資顧問が設定・運用する楽天日本株4.3倍ブル。

主に短期売買を繰り返す投資家向けに設定されたファンドですが、
このような投資家と利害が一致し短期売買で手数料を証券会社で、
販売ラインナップに採用されるようになっています。

楽天日本株4.3倍ブルに限らずですが、いわゆるブルベア投信の類は
資産運用に全く不向きです。(投機なら別ですが)。

楽天日本株4.3倍ブルについて徹底分析していきます。

楽天 日本株4.3倍ブルの基本情報

投資対象は?

投資対象は、日経225の先物取引です。

一部、国債やコマーシャルぺーバーなどを買い付けていますが、
これはレバレッジ4.3倍の株価先物指数を買い建てるための担保と、
「投資信託は有価証券に総資産額の2分の1以上投資しなければならない」
という規制をすり抜けるためです。

そして、日々の日経平均株価の値動きの4.3倍程度動くように、
レバレッジをかけて運用していきます。

なお、基準価額が日経平均株価の約4.3倍の動きとなるということは、
仮に100万円投資したのであれば、その4.3倍である430万円を運用できる
と思ってしまいがちですが、そのように捉えているのであれば、必ず痛い目にあいます。

後述しますが、ブルベア型ファンドは、複利計算の構造上、
基準価額が下落する仕組みになっていますので、注意が必要してください。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。純資産総額というのは、
あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

楽天 日本株4.3倍ブルの純資産額は295億円と、規模としては問題ありません。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

楽天 日本株4.3倍ブルの実質コストは1.359%とカテゴリー内ではかなり高いです。
後述しますが、ブルベア型ファンドは構造上、基準価額が下落する仕組みに
なっているため、コストが高いというのは致命的です。

購入時手数料 3.24%(税込)
信託報酬 1.2204%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.359%(概算値)

※第3期 運用報告書(決算日2018年6月15日)より

楽天 日本株4.3倍ブルの評価分析

基準価額をどう見る?

楽天 日本株4.3倍ブルの直近の基準価額は、11,340円です。

「分配金は出していないし、2017年の株価の好調があったのに、
4.3倍のブルファンドでこの程度?」と感じたあなたは、
高レバレッジのブルファンドのまやかしに気づきつつあります。

楽天 日本株4.3倍ブルが目標とするレバレッジ4.3倍は、
前日に対する1日の値動きについてのものです。

言い換えると、比較する日から2日間以上期間が空くと、
必ずしも4.3倍の値動きにはならなくなります。

簡易的な例でみてみましょう。

当初を100円として、1日後、日経平均株価が5%と下落すると、
その4.3%である21.5%楽天 日本株4.3倍ブルは下落します。

そして、2日目+5.26%上昇すると、楽天 日本株4.3倍ブルは
22.61%上昇することになります。

さて、ここからが問題なのですが、実際に数値を確認してみると、
日経平均株価は100円にもどっていますが、楽天 日本株4.3倍ブルは
96.24円になっています。

実際はコスト分も下落しますので、もう少し開きは大きくなります。
実際に計算してみるとよりイメージが沸きますが、複利計算の構造上、
下落仕組みになっているのです。

対象 当初 1日目 2日目
日経平均株価 100円 95.0円(▲5%) 100円(+5.26%)
楽天 日本株4.3倍ブル 100円 78.5円(▲21.5%) 96.24円(+22.61%)

直近3年間の日経平均株価との推移を比較してみても、下方圧力が
常にあるため、基準価額の伸びはレバレッジをかけていなくても変わりません。

利回りはどれくらい?

直近1年のトータルリターンは、何と69.63%です。

同じ期間で、他の日経225インデックスファンドのトータルリターンが
概ね10%台前半であることを考慮すると、楽天 日本株4.3倍ブルの面目躍如
と言えるでしょう。

ただし、このリターンはここ1年の株価がほぼ一本調子の上がり方だったため、
先述の通りボックス相場に入れば必ずしもインデックス比で良好なパフォーマンスは
期待できない点に注意が必要です。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※2018年9月時点

四半期別運用パフォーマンス

毎年のパフォーマンスがどうだったのかも気になるところだと思いますので、
載せておきます。参考にしてください。

評判は?

楽天 日本株4.3倍ブルの評判はネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけ楽天 日本株4.3倍ブルを解約している人が
多いということなので、評判が悪いということです。

高レバレッジのブルファンド全般に言えますが、純資産総額と同様に資金流出入が
激しいファンドです。

直近はパフォーマンスが優れないことから、資金流出が続いていますね。

楽天 日本株4.3倍ブルの今後の見通し

日本の株式市場はまだ割安という声も聞こえますが、短期・中期では相当に
バリュエーションが高くなっています。

これに加えて最近は金融緩和の方向性が読みづらくなっていることから、
ボックス相場に入ることが十分予想されます。何度も言っていますが、
ボックス相場になってしまうと、楽天 日本株4.3倍ブルは仕組み上、
下落圧力が強まるので、プラスのリターンは出にくくなります。

繰り返しですが、楽天 日本株4.3倍ブルはあくまで投資のためのものではなく、
投機のためのものです。

それでも買いたいという方は短期目線であることと、そして入念な
リスクコントロールが必要であることを忘れないようにしてください。