毎月分配型ファンドの草分けである「グローバル・ソブリン・オープン」
には及ばないものの、未だ多くの投資家が投資をしているワールド・
リート・オープン(毎月決算型)。

これだけ、毎月分配型のファンドに対する風当たりが強い中でも、
いまだに2,000億円超の残高があります。

今日は、三菱UFJ国際投信のワールド・リート・オープン(毎月決算型)
について徹底的に分析します。

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の基本情報

投資対象は?

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の投資対象は世界各国の
様々なリートに分散投資をしていきます。

リートは複数の投資家から集めた資金で様々な不動産に投資をし、
その投資先の不動産から生じる賃料や売却益等を配当金として
投資家に分配する仕組みです。

リートのメリットは、何と言っても、少額で不動産に投資ができる点と、
様々な不動産に分散投資ができることですね。


※引用:交付目論見書

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の現在の投資先は、
下図のように主要な先進国リートが大半を占めており、日本を含め
11か国に分散しています。


※引用:マンスリーレポート

業種別の投資比率で見ると、小売りや複合施設への投資が多くなっています。

しかし、「ワールド・リート」と謳っている割にはポートフォリオの
半分以上をアメリカのリートに投資しており、カントリーアロケーション上は
やや偏ったポートフォリオと言わざるを得ません。

この理由は、運用委託先であるMSIMがアメリカ以外の国のリートの
低流動性とリスクの高さを嫌気していること、リートにおける同社の
もっとも得意とするカントリータイプがアメリカであることによります。


※引用:交付目論見書

運用の特徴は?

国内籍投資信託の設定・運用は三菱UFJ国際投信ですが、運用は実質的に
アメリカの大手運用会社であるモルガン・スタンレー・インベストメント・
マネジメント(MSIM)の世界各国拠点に全面委託しています。

したがって、運用パフォーマンスはMSIMの手腕次第ということになります。

ファンドの形態はファミリーファンド方式であり、MSIMの指図により
マザーファンドから世界各国のリートに投資しています。


※引用:交付目論見書

純資産総額は?

続いて、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額
だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替える
ことができなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの
組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、
事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

現在のワールド・リート・オープン(毎月決算型)の純資産総額は
2,300億円程度と、ピーク時の半分以下の数値まで落ち込みましたが、
未だ規模としてはかなり大型です。

ファンドのコンセプトから高い信託報酬に至るまで、金融庁や各メディア
からの批判の的となっている典型的なタイプの投資信託であるため、
残念ながら今後の運用残高の伸びは期待できないと考えます。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の実質コストは1.742%と
なっており、前期とくらべると、わずかに値上がりしました。

とは言っても、利回りの割に実質コストがかなり割高となっており、
正直投資しようとは思えないレベルです。

購入時手数料 2.75%(税込)※上限
信託報酬 1.705%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.742%(概算値)

※引用:最新運用報告書

まだワールド・リート・オープンに投資しているの?ワールド・リート・オープンよりはるかに優れたアクティブファンド特集

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の評価分析

基準価格をどう見る?

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の基準価額は2,000円程度です。
ここ3年で40%ほど下落しています。

「毎月決算型」「リート」「設定してから10年超」「日本の運用会社が設定」の
キーワードが揃えば、特に違和感の無い基準価額です。

なぜなら、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)は多くの
毎月分配型ファンドの例にもれず、「タコ足分配」型の毎月決算型
ファンドだからです。

分配金利回りを見ても相当無理をしていますので、基準価額の下落は
止まらないでしょう。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

つづいて、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の利回りを
見てみましょう。直近1年間の利回りは▲6.90%となっています。

5年平均利回りが+2.26%、10年平均利回りが+8.66%なので、
長期でみればなんとかプラスを維持できてはいますが、同カテゴリー内
でみると、下位3割に常に入るようなパフォーマンスです。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲6.90% 97%
3年 ▲0.27% 100%
5年 +2.26 75%
10年 +8.66% 76%

※2019年9月時点

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、ワールド・リート・
オープン(毎月決算型)の基準価額のブレの大きさを知るには役立ちます。

日経平均の標準偏差は15~17ですので、基準価額のブレ幅では株式
ファンドよりは少し低い程度に上下すると思っておいてください。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 14.77 65%
3年 13.18 73%
5年 14.15 49%
10年 16.77 56%

※2019年9月時点

年別のパフォーマンスは?

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の年別のパフォーマンス
も見てみましょう。

2014年は大きくプラスとなっていますが、それ以外の年はパッと
しないパフォーマンスでおさまっています。

この程度のパフォーマンスで毎月20円の分配金は出し過ぎですね。

年間利回り
2019年 7.34%(1-6月)
2018年 ▲11.76%
2017年 2.60%
2016年 0.11%
2015年 ▲1.37%
2014年 37.73%

※2019年9月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)への投資を検討するので
あれば、類似のインデックスファンドよりパフォーマンスが高くなければ、
投資する価値がありません。

今回は、先進国リートの代表的な指数であるS&P先進国REITインデックス
に連動するeMAXIS 先進国リートインデックスと比較をしてみましょう。

結果は、3年間ほぼワールド・リート・オープン(毎月決算型)が負け続ける
という結果となりました。これでは、高いコストを支払ってまで投資する
価値が見出せませんね。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)に投資をする前に、最大で
どの程度下落する可能性があるのかを知っておくことは非常に重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく下落した
相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

それではここでワールド・リート・オープン(毎月決算型)の
最大下落率を見てみましょう。

最大下落率はリーマンショック時で▲60.26%となっています。

さすがにここまでの下落はそうそう来ないと思いますが、REITに投資を
して、この下落は想定できないと思います。

さきほども言いましたが、株式ファンド並みのリスクがあると肝に
銘じておいてください。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲35.84%
3カ月 ▲50.84%
6カ月 ▲59.75%
12カ月 ▲60.26%

※2019年9月時点

分配金の推移と分配金余力は?

2014年頃には毎月70円あった分配金ですが、2017年には毎月50円になり、
2018年には35円、2019年にはついに20円にまで分配金が減ってしまいました。

分配金余力はまだ100カ月以上ありますが、分配金の内訳を見ると、
悲惨な状態になっていることがわかります。

あなたが受け取っている分配金のうち、8割程度はファンドの収益以外
から支払われていますので、実質あなたの元本が棄損していると考えて
よいでしょう。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
172期 35円 26 2,956円
173期 20円 16円 2,940円
174期 20円 14円 2,927円
175期 20円 8円 2,919円
176期 20円 17円 2,902円
177期 20円 15円 2,886円

評判はどう?

当然ながら、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の評判は、
総じて良くありません。

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)は、単純に銀行で勧められたから
購入したという人が多いようです。

そのため、基準価額や分配金額が下がったことに対する不満が多く
見受けられますが、これはファンドの性質上やむをえない話です。

実際に月別の資金流出入額を見ても、毎月流出が続いています。
つまり、解約が増えているということですね。


※引用:モーニングスター

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の今後の見通し

投資対象の約6割を占めるアメリカですが、不動産価格や賃料などの
実物不動産市場のファンダメンタルズが依然として堅調であること
から、リートの成長率は今後もプラス圏を維持すると考えられます。

足下、FRBが金融政策の方針を中立的な姿勢へと変化させたことも
大きいですね。

世界のリート市場を見ても、手堅く推移していくことが予想されますが、
ワールド・リート・オープン(毎月決算型)は運用実績の伴わない
過剰分配を続けています。

分配金を20円に下げたとはいえ、基準価額に対する分配金の割合を
示す分配金利回りは10%超あり、これでは基準価額の下落は止まりません。

分配金余力が100カ月ほどはあることから、すぐに減配はしないと
思われますが、分配金がもらえても、ファンドが収益をあげてくれなければ、
結局あなたは収益を得ることができません。(投資元本を受け取っているだけ)

それであれば、わざわざ高いコストを支払ってまで、毎月分配型のファンドに
投資をするよりも低コストのインデックスファンドに投資をしたほうが
賢明ではないでしょうか。

自分に最適な至極の1本を見つけたい方はこちら

◆ワールド・リート・オープンから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集

◆6000本の中から選ばれたモーニングスター Fund of the Year受賞ファンドは?

◆投信分析のプロ。投信ブロガーが選ぶFund of the Year受賞ファンドは?