モーニングスターのファンド・オブ・ザ・イヤーを頻繁に受賞
して、注目を集めるようになった円奏会。

ゆうちょ銀行が販売に力を入れたことと、リスクを極力
抑えて運用したいという預金者の意向を反映させたファンド
として、多くの投資家が保有しています。

しかし、コロナショックで大失敗し、ここ数年で保有を始めた
人はほぼ元本割れしています。

今日は、円奏会(毎月決算型)の評判や今後の見通しについて、
独自の目線で分析していきます。

「円奏会(毎月決算型)って持ってて大丈夫なの?」

「円奏会(毎月決算型)って投資対象としてどうなの?」

「円奏会(毎月決算型)より良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。


東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)『円奏会』の基本情報

投資対象は?

まず円奏会の投資対象は、国内株式、国内債券、国内REITで、
基準価額の変動リスク抑制と安定した収益の確保の両立を
目指して運用します。

各資産への基本配分比率は国内債券が70%、国内株式が15%、
国内REITが15%となっており、基準価額の変動リスクが
大きくなった時は、基準価額の変動リスクを年率3%程度に
抑制することを目標としています。

ここで気づく人は気づきますが、アクティブファンドで国内
債券を保有する場合、実質コストが高いため、国内債券部分は
元本割れする可能性が非常に高いという点です。

金利が低下しているときは、債券価格が上昇しますので、
基準価額は上昇しますが、本来の利子収入は手数料負けして
しまっているのが、現状です。

実質、この70%部分は運用会社と販売会社が儲けるために
だけ存在するといっても過言ではありません。

※引用:交付目論見書

そして、ファミリーファンド方式となっており、東京海上・
円建て投資適格債券マザーファンド、東京海上・高配当低
ボラティリティ日本株ファンド、TMA日本REITマザーファン
ドのにそれぞれ投資をしていきます。


※引用:交付目論見書

まずは債券部分を見ていきましょう。

組入銘柄数は約1500銘柄で平均格付はAAとなっています。
社債が中心なので、少しリスクを高めて高い利回りを狙い
つつ、分散投資をしていることがわかります。

最終利回りが0.34%しかありませんので、満期まで保有
をするだけでは明らかに元本割れしてしまいます。

今までは何とかなってきていましたが、コロナショックで
様相は一変しました。

元本を取り戻すまでには相当な時間がかかるでしょう。


※引用:マンスリーレポート

続いて、株式部分を見ていきましょう。株式は123銘柄で
構成されています。もともと商社など配当が高い銘柄が
選択されていましたが、コロナショックの影響もあり、
内需関連銘柄中心になっていますね。


※引用:マンスリーレポート

REITは51銘柄で構成されており、予想配当利回りは4.34%になって
います。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

続いて、円奏会(毎月決算型)の純資産総額はどうなっているか
見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄
を入れ替えることができなかったり、純資産総額が大きく
減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、予期
せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

円奏会は2014年ごろから資産が増え始め、現在では約6400億円
近くにまで膨れています。

国内でもトップクラスの規模です。純資産総額の規模としては
全く問題ありません。

ただし、人気があるからファンドのパフォーマンスが優れている
わけではありません。後述しますが、なかなか悲惨な状況です。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資
判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

円奏会の実質コストは0.933%となっています。日本国債の
比率が70%もあるにもかかわらず、この手数料はかなり割高
です。

運用会社と販売会社が儲けるためだけに作られたファンドだと
言っても過言ではないですね。

購入時手数料 1.65%(税込)※上限
信託報酬 0.924%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.933%(概算値)

※引用: 最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)『円奏会』の評価分析

基準価格をどう見る?

円奏会(毎月決算型)の基準価額は2020年のコロナショックまでは
分配金とのバランスを見ながら、11500円近辺を維持していました
が、コロナショックで10%近く下落しています。

円奏会はもともとリスク3%程度になるように運用する
という戦略を掲げていましたが、コロナショック時は、
銘柄の組み替えが後手に回り、結局大きな損失を出して
しまった形ですね。

しかも、これ以上リスクを取れないということで、現金の保有に
切り替えてしまい、2020年4月以降はほぼ横ばいになっています。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

つづいて、円奏会(毎月決算型)の運用実績を見てみましょう。

直近1年間の利回りは▲7.57と厳しい結果となっています。

3年平均利回りもマイナスで、5年平均利回りだけわずかに
プラスとなっています。

ただ、ファンドの信託報酬のほうが高いので、喜んでいるのは
運用会社と販売会社だけですね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り
1年 ▲7.57%
3年 ▲0.68%
5年 +0.57%
10年

※2020年12月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している米国株式ファンドランキング

同カテゴリー内での利回りランキングは?

円奏会(毎月決算型)は、バランスファンドの中でも株式・REITの
組入比率が25~50%に収まる安定成長カテゴリーに属しています。

ご覧の通り、ほぼ最下位を独走しており、コロナショック前までの
評判が嘘のような結果です。

前々から警鐘をならしてきましたが、ついにという感じですね。

上位●%
1年 99%
3年 93%
5年 89%
10年

※2020年12月時点

年別運用パフォーマンスは?

円奏会(毎月決算型)の年別の運用パフォーマンスを見てみましょう。

2020年のマイナスが大きく響き、直近5年間の利益をほぼ
食いつぶしたような状況です。

最近、投資を始めた人も多いと思いますので、実際には
元本割れしている投資家も相当数いると思われます。

こういったリスクを抑えたファンドがコロナショックの
ような暴落時に大きな損失を出してしまっては、投資家
として期待外れですね。

年間利回り
2020年 ▲6.98%(1-9月)
2019年 +5.59%
2018年 ▲0.38%
2017年 +1.60%
2016年 +3.18%
2015年 +1.26%
2014年 +9.55%

※2020年12月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

類似ファンドとのパフォーマンス比較

円奏会(毎月決算型)に投資をするのであれば、同じように
リスクを抑えて手堅く運用できるアクティブファンドと
比較をしておいて損はありません。

今回は、アセマネOneの投資のソムリエと比較をして
みました。


※引用:モーニングスター

円奏会(黄色)と投資のソムリエ(赤線)はコロナショック
前までは、買ったり負けたりの状態が続いていました。

しかし、コロナショックで大きな差がつきました。

正直、コロナショックといった暴落相場を予見して、
ポートフォリオを組み替えるのは至難の業なのですが、
投資のソムリエはポートフォリオを適切に組み替える
ことで、損失を極力抑えることに成功しています。

リスクも4%以内という運用戦略どおりの運用を行えて
おり、普段バランスファンドをおすすめしない私ですが、
投資のソムリエならば、投資家としても安心して投資が
できると思っています。

明らかにファンドマネージャーの実力の差が見えて
しまった形ですね。

最大下落率は?

円奏会(毎月決算型)に投資をする前に、最大でどの程度
下落する可能性があるのかを知っておくことは非常に重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく
下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

円奏会の最大下落率は2019年11月~2020年10月の1年間で
▲8.51%です。

コロナショックが起きるまでは最大損失も2%台だったので、
投資家も安心できたと思いますが、コロナショック後の
最大損失額を見ると、少し怖いですね。

下落率
1カ月 ▲5.42%
3カ月 ▲7.76%
6カ月 ▲7.85%
12カ月 ▲8.51%

※2020年12月時点

分配健全度はどれくらい?

分配金を毎月受け取っていると、受け取っていることに安心
してしまい、自分の投資元本からの配当なのか、ファンドの
収益からの配当なのか調べなくなります。

そこで、分配金がファンドの収益からちゃんと支払われている
のかを調べるときに役立つのが分配健全度です。

分配健全度とは、1年間の分配金の合計額と基準価額の変動幅を
もとに、あなたが受け取った分配金の約何%がファンドの収益
によるものなのかを計算できる指標です。

基準価額の変動幅 1年間の分配合計額 分配健全度
▲1,143円 360円 ▲217%

※2019/12/13~2020/12/12

円奏会(毎月決算型)の直近1年間の分配健全度は
▲217%となっています。

分配健全度は100%を切ると、一部ファンドの収益以外から
分配金が支払われていることを意味しますが、0%を下回る
ということは、ファンドの収益からの支払いは一切ない
ということを意味します。

ですので、今年の円奏会(毎月決算型)から受け取った
分配金はほぼすべて、あなたの元本が戻ってきただけと
いうことです。

分配金利回りはどれくらい?

毎月分配型のファンドに投資をしている場合、どれくらいの
分配金が受け取れるのかを知るために分配金利回りを参考
にします。

ただし、投資信託の場合、分配金利回りだけをみていると、
受け取っている分配金がファンドの収益から出ている
ものなのか、投資元本が削られているのか、判断できません。

そのため、ファンドの運用利回りと分配金利回りを比較して、
ファンドの運用利回りのほうが高ければ、あなたが受け取って
いる分配金がファンドの運用の収益から支払われていると
判断することができます。

円奏会(毎月決算型)の分配金利回りは、かなり健全な水準
です。

しかし、ファンドの運用利回りがそもそもマイナスであるため、
タコ足配当になっています。

運用利回り 分配利回り
1年 ▲7.57% 3.4%
3年 ▲0.68%
5年 +0.57%
10年

※2020年12月時点

分配金余力はどれくらい?

毎月分配型ファンドに投資をしている場合、もう1つ気になる
のが今後いつごろ、減配されそうかという点です。

そんなときに役立つのが分配金余力という考え方です。

分配金余力というのは、今の分配金の水準をあと何か月
続けられそうかを判断するための指標です。

明確にこの水準になったら減配されるという指標では
ありませんが、12カ月を切ったファンドはたいてい近々、
減配されることが多いです。

円奏会(毎月決算型)の分配金余力は、55カ月ですので、
まだまだ余裕があります。

分配金 繰越対象額 分配金余力
82期 30円 1,677円 56.9カ月
83期 30円 1,807円 61.2カ月
84期 30円 1,846円 62.5カ月
85期 30円 1,821円 61.7カ月
86期 30円 1,791円 60.7カ月
87期 30円 1,775円 60.1カ月
88期 30円 1,746円 59.2カ月
89期 30円 1,725円 58.5カ月
90期 30円 1,711円 58.0カ月
91期 30円 1,684円 57.1カ月
92期 30円 1,657円 56.2カ月
93期 30円 1,628円 55.2カ月

毎月分配型か年1回型どちらがいい?

円奏会(毎月決算型)には毎月分配型と年1回型の2つが
ありますが、どちらがおすすめなのか。

このブログでは何度もお伝えしていますが、基本的に
分配金を出せば出すほどリターンは悪化します。

円奏会の場合は分配利回りが3%程度なので、ほとんど
影響はありませんが、以下のように、毎月分配型のほうが
わずかですが、パフォーマンスが悪化しています。

これは、分配利回りが高くなればなるほど、顕著に差と
なって現れます。

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を
知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは、それだけ東京海上・
円資産バランスファンド『円奏会』を購入している人が
多いということなので、評判が良いということです。

一方で、流出超過となっている場合は、評判が悪くなって
いるというわけです。

円奏会(毎月決算型)は2014年以降、ほぼ毎月資金が流入して
いましたが、2020年についに資金が流出超過となって
しまいました。


※引用:モーニングスター

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)『円奏会』の今後の見通しと評価まとめ

いかがでしたでしょうか?

円奏会(毎月決算型)のリターンは実質、株式部分とリート部分で
まかなっています。

債券部分は利回り1%程度しかない中で、実質コストが約1%ほど
かかっていますので、ほとんど手残りがない状況です。
(運用会社と販売会社だけが儲かる)

コロナショックでは、この唯一の収益源である株式とRIET部分を
ほぼ現金化してしまったことで、見たことのないような横一直線
のチャートとなってしまいました。

何より、問題なのは、リスクを3%以内に収める運用を目指す
と謳っておきながら、今回のコロナショックでは、リスク3%
をはるかに上回る運用がされてしまっているということです。

コロナショックのような暴落相場でこそ、リスクを抑えた
運用をしてほしいにもかかわらず、このような運用では、
投資家も安心して投資をすることができません。

現に、ここ5年ほどで円奏会を買い始めた投資家は例外なく
元本割れを起こしています。

さきほど投資のソムリエと比較をしましたが、リスクを
抑えた運用をするのであれば、投資のソムリエのような
運用を目指してほしいところです。

少なくとも今回のコロナショックでリスクを●%以内に
抑えた運用をします。と謳っていたファンドの選別が
行われました。

たいしたファンドマネージャーがいなかったファンド
では、コロナショック後はほぼ横一直線の基準価額の
推移になっています。

今回の経験を活かして、リスク抑制型のファンドも
しっかりと選定するようにしてください。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点