株式、現金、不動産に分散投資をするのが投資の大原則。
と言われ始めてもう何十年と経ちました。

 

このような考え方は、非常にシンプルでわかりやすかったので、
多くの投資家に受け入れられていたわけですが、この考え方を
再現していると謳って設定されたのが、日興アセットの財産3分法
ファンド(不動産・債券・株式)です。

 

株・債券・不動産に分散しているバランスファンドはいくらでも
ありますが、ネーミングがわかりやすく、多くの投資家の注目を
集めています。

 

今日は、財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の評判や今後の
見通しについて、独自の視点で分析していきます。

 

 

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の基本情報

投資対象は?

まず財産3分法ファンドの投資対象は、国内株式、国内
リート、先進国海外債券、高金利海外債券の4つです。

 

そして、投資比率を下図のように、国内株式25%、国内
リート25%、先進債券15%、高金利海外債券35%と固定して
、安定した資産の成長を目指します。

 


※引用:交付目論見書

 

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)はファンド・オブ・
ファンズとなっており、各アセットごとにインデックス
ファンドに投資をしています。

 


※引用:マンスリーレポート

 

個人的には、まず国債と違ってリスクのある海外債券ですし、
不動産はリートですし、これをもって財産3分法というのは、
果たしていかがなものかと思います。

 

本来の3分法はリスクない金融資産(現金)、不動産オーナー
としての不動産、株式や債券などの有価証券をもって、
3分法です。

 

耳障りのよい言葉を使って、投資家をカモにしているよう
にしか見えないですね。

 

純資産総額は?

続いて、財産3分法ファンドの純資産総額はどうなっているか
見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで
銘柄を入れ替えることができなかったり、純資産総額が
大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまく
できず、予期せぬマイナスを生む可能性が
ありますので、事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)は2008年ごろ
まで1兆円を超える超大規模ファンドでした。

 

しかし、リーマンショックの影響をうけて基準価額が
下落して以来、純資産総額は減り続け、現在では3450億円
程度となっています。

 

とは言ったものの、3000億をこえている時点で、まだ
保有者は相当多いということです。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに
投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の実質コストは
1.05%となっており、一見低く見えますが投資対象が
インデックスファンドであることを考えると実は割高な
コストです。

 

あなたが直接インデックスファンドを購入すれば、コストは
4分の1程度で済みます。ですので、積極的にはおすすめでき
ないファンドです。

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.045%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 1.05%

※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の評価分析

基準価格をどう見る?

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の基準価額は現在
3400円程度です。ここ3年間で30%ほど下落しています。

 

分配金を受け取らずに運用を続けた場合の基準価額(青線)
を見てみると、2020年2月までは着実に成長していましたが、
コロナショックの影響で暴落しています。

 

分配金利回りが急上昇するので、さらに基準価額の下落が
加速しそうで危険な状況です。

 


※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の直近1年間の
利回りは▲5.52%です。3年、5年平均利回りはギリギリ
プラスを維持しているような状況です。

 

この5年間でみれば、あなたが得たリターンよりも運用
会社が得た手数料のほうが高くなっており、何とも複雑な
気分ですね。

 

ただ、多くのファンドが直近1年間で20%以上の下落を
している中で言うと、リスクを抑えた運用がされていた
おかげで下落幅は小さく済んでいます。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解
していますか?

 

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいて
ください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲5.52% 27%
3年 +0.81% 24%
5年 +0.54% 35%
10年 +5.35% 29%

※2020年4月時点

 

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年平均利回りランキングで見る圧倒的に優れた投資信託まとめ

 

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、財産3分法
ファンド(不動産・債券・株式)の基準価額のブレの大きさを
知るには役立ちます。

 

もともと財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の標準偏差
は7~8くらいでしたが、今は1.5倍くらいにまで上昇して
います。

 

ただ、コロナショックのような暴落相場では、標準偏差は
あまり役立たないので、参考程度に見ておいてください。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じ
でしょうか?

 

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 12.72 50%
3年 8.88 27%
5年 9.21 29%
10年 10.76 50%

※2020年4月時点

 

年別のパフォーマンスは?

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の年別のパフォーマ
ンスも見てみましょう。

 

大きな特徴としては、リスクを抑えた運用をしています
ので、コロナショック以前では、3%程度の下落しか起こ
りませんでした。

 

ただ、2020年はすでにコロナショックの影響で、13%超
の下落となっています。まだ2020年は更なる下落の可能性
もありますので、気を抜けない状況です。

年間利回り
2020年 ▲13.46%(1-3月)
2019年 +15.18%
2018年 ▲3.48%
2017年 +5.96%
2016年 +5.03%
2015年 ▲3.07%
2014年 +12.51%

※2020年4月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

 

類似ファンドとのパフォーマンス比較

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)への投資を検討する
上で、類似ファンドとのパフォーマンス比較をしてみましょう。

 

今回は、国内外株式、債券、REITに超低コストで分散投資が
可能なeMAXIS Slim バランス(8資産均等型)と比較をしてみます。

 

直近3年間では、eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)が
勝ったり、財産3分法ファンドが勝ったりとほぼ互角です。

 

ただ、直近では、分散効果がより効いていた財産3分法ファンド
のほうが下落率を抑えられており、結果、マイナス幅を大きく
抑えることができています。

 

これでコストが割安であれば、文句ないですね。

 


※引用:モーニングスター

 

最大下落率は?

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)に投資をする前に、
最大でどの程度下落する可能性があるのかを知っておく
ことは非常に重要です。

 

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく
下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

 

それではここで財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の
最大下落率を見てみましょう。

 

最大下落率は1年間で36.05%となっており、バランス型
ファンドにしてはかなり大きく下落しています。ここまで
下落すると、元の水準に基準価額が戻るまでに相当の時間
がかかりそうです。

 

この下落はリーマンショック時のものなので、それと比較
すると、コロナショックはまだマシと言えそうです。

 

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかも
しれません。

 

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの
可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲17.33%
3カ月 ▲26.55%
6カ月 ▲29.04%
12カ月 ▲36.05%

※2020年4月時点

 

分配金の内訳と余力は?

毎月分配型のファンドに投資をするのであれば、分配金が
ちゃんとファンドの収益で賄われているのか確認しておいて
損はありません。

 

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)は2014年以前から
毎月50円の分配を安定的に続けていましたが、2019年に
入りついに、分配金が毎月40円に減配されました。

 

繰越対象額を見ても、残り5カ月程度の分配金余力しかあ
りませんので、かなり危険な状態です。

 

さらに直近のコロナショックで基準価額が下落したことで
分配金利回りが10%を超えました。そのため、当期収益
以外からの払い出しが増える可能性が高く、分配金余力
の減少に拍車がかかりそうです。

 

このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない
限りは毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
190期 40円 8円 182円
191期 40円 2円 180円
192期 40円 180円
193期 40円 6円 175円
194期 40円 6円 168円
195期 40円 1円 167円

評判はどう?

それでは、財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の
評判はどうでしょうか?

 

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の
流出入を見ることで、評判がわかります。

 

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪くなって
いれば、資金が流出超過になります。

 

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)は2017年以降ほぼ毎年資金が
流入しており、評判がよくなってきています。私からすると疑問でしか
ありませんが、分配利回りの高さに釣られて無知な投資家が集まって
きているものだと考えられます。

 


※引用:モーニングスター

 

財産3分法ファンド(不動産・債券・株式)の今後の見通し

いかがでしたでしょうか?

 

正直、日興アセットは販売用の資料を作成するのがうまい
ので、一見すると非常にすばらしいファンドのように見え
てしまいます。

 

しかし、基準価額が3000円台ということで、明らかに
過剰な分配を続けてきており、直近では、分配金を下げな
ければ、どうしようもならない状況に近づいています。

 

唯一評価できるのは、リスクを抑えた運用をしてきたので、
コロナショックの影響が相対的に軽微で済んでいるという
ことでしょうか。

 

ただ、もともとリスクを回避したい投資家がこの財産3分法
ファンドに投資をしているはずなので、そのような方には
10%以上の下落というのは耐えられないかもしれません。

 

少なくとも、あえて毎月分配型の財産3分法ファンドに
投資をするメリットはないというのが結論ですね。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点