楽天投信投資顧問が設定・運用する楽天日本株4.3倍ブル。

 

主に短期売買を繰り返す投資家向けに設定されたファンド
ですが、このような投資家と利害が一致し短期売買で手数料
を稼ぎたい証券会社で、販売ラインナップに採用されるよう
になっています。

 

楽天日本株4.3倍ブルに限らずですが、いわゆるブルベア投信
の類は資産運用に全く不向きなのですが、一定数の人気はある
ようです。

 

今日はそんな楽天日本株4.3倍ブルについて徹底分析していき
ます。

 

 

楽天 日本株4.3倍ブルの基本情報

投資対象は?

楽天 日本株4.3倍ブルの投資対象は、日経225の先物取引です。

 

一部、国債やコマーシャルぺーバーなどを買い付けてい
ますが、これはレバレッジ4.3倍の株価先物指数を買い建
てるための担保と、「投資信託は有価証券に総資産額の
2分の1以上投資しなければならない」という規制をすり
抜けるためです。

 

そして、日々の日経平均株価の値動きの4.3倍程度動く
ように、レバレッジをかけて運用していきます。

 

 

なお、基準価額が日経平均株価の約4.3倍の動きとなると
いうことは、仮に100万円投資したのであれば、その4.3倍
である430万円を運用できると思ってしまいがちですが、
そのように捉えているのであれば、必ず痛い目にあいます。

 

後述しますが、ブルベア型ファンドは、複利計算の構造上、
基準価額が下落する仕組みになっていますので、注意して
ください。

 

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで
銘柄を入れ替えることができなかったり、純資産総額が
大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくで
きず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、
事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

楽天 日本株4.3倍ブルの純資産額は265億円と、規模としては
問題ありません。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに
投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

楽天 日本株4.3倍ブルの実質コストは1.37%とカテゴリー内で
はかなり高いです。

 

後述しますが、ブルベア型ファンドは構造上、基準価額が
下落する仕組みになっているため、コストが高いというのは
致命的です。

購入時手数料 3.30%(税込)※上限
信託報酬 1.243%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.37%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

楽天 日本株4.3倍ブルの評価分析

基準価額をどう見る?

楽天 日本株4.3倍ブルの直近の基準価額は、現在2700円程度
で推移しています。

 

注目すべきは縦軸の刻みです。他のファンドではありえない
ですが、5000円刻みとなっています。これをみるだけでも、
いかに変動が大きいファンドがわかります。

 

2020年の2月までは13000円近辺を推移していたにも関わ
らず、コロナショックの影響で急落し、今や3000円をきる
水準です。

 

直近の高値から70%近く下落しており、さすがにギャンブル
以外でこのような値動きをするファンドには投資はできませ
ん。

 


※引用:モーニングスター

 

楽天 日本株4.3倍ブルへの投資を検討している人に注意
しておいてほしいポイントがあります。

 

それは、楽天 日本株4.3倍ブルが目標とするレバレッジ
4.3倍は、前日に対する1日の値動きについてのものです。

 

言い換えると、比較する日から2日間以上期間が空くと、
必ずしも4.3倍の値動きにはならなくなります。これが、
運用する上で大きなキーポイントになります。

 

簡易的な例でみてみましょう。

 

当初を100円として、1日後、日経平均株価が5%下落して
95円になると、楽天 日本株4.3倍ブルはその4.3倍である
21.5%下落します。

 

そして、2日目。日経平均株価が100円に戻ったとすると、
+5.26%上昇したことになります。すると、楽天 日本株
4.3倍ブルは22.61%上昇することになります。

 

さて、ここからが問題なのですが、実際に数値を確認して
みると、日経平均株価は100円にもどっていますが、楽天
日本株4.3倍ブルは96.24円になっています。

 

何が言いたいかと言えば、日経平均のパフォーマンスが
プラスマイナスゼロだったとしても、楽天 日本株4.3倍
ブルはプラスマイナスゼロにならず、マイナスになる
ということです。

 

実際はコスト分も下落しますので、もう少し開きは大きく
なります。

 

つまり、楽天 日本株4.3倍ブルがプラスのリターンを残す
には、日経平均がプラスマイナスゼロになるような水準
の運用では意味がなく、

 

日経平均が大きくプラスになるような運用をしなければ
楽天 日本株4.3倍ブルもプラスにならないということです。

 

実際に計算してみるとよりイメージが沸きますが、複利
計算の構造上、下落仕組みになっているのです。

対象 当初 1日目 2日目
日経平均株価 100円 95.0円(▲5%) 100円(+5.26%)
楽天 日本株4.3倍ブル 100円 78.5円(▲21.5%) 96.24円(+22.61%)

 

ですので、少なくとも長期目線でプラスのリターンを
狙って投資をするような商品ではまずありません。

 

短期でプラスを狙っていくギャンブル要素のかなり強い
投資信託だと思ってください。

 

利回りはどれくらい?

楽天 日本株4.3倍ブルの直近1年のトータルリターンは
▲52.28%です。同カテゴリー内でも当然ですが、ほぼ
最下位のパフォーマンスです。

 

3年平均利回りも▲15.74%でこれも同カテゴリー内で、
ほぼ最下位となっています。

 

ブル型ファンドなので、コロナショックで暴落すると、
当然パフォーマンスは悪化するのですが、さすがに、
これだけ下落すると投資家も怖くて投資を続けられ
ないでしょう。

 

生粋のギャンブラーでない限り、このタイミングで
投資をできないと思います。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解
していますか?

 

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲52.28% 88%
3年 ▲15.74% 94%
5年
10年

※引用:2020年4月時点

 

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している国内大型株式ファンドランキング

 

標準偏差は?

楽天 日本株4.3倍ブルの標準偏差を見てみましょう。

 

標準偏差は基準価額のブレが大きいかどうかを確認する
ための指標で、将来の値動きの予測の参考にもなります。

 

楽天 日本株4.3倍ブルの標準偏差は80を超えており、基準
価額の変動幅は異常に高くなっていることがわかります。

 

まさにハイリスクな投資が好きな方向けのファンドと言え
ますね。一般の投資家はまず投資を考えてはいけません。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 88.33 96%
3年 70.82 100%
5年
10年

※引用:2020年4月時点

 

年別のパフォーマンスは?

楽天 日本株4.3倍ブルの年別の利回りを見てみましょう。

 

2017年と2019年は100%前後の異常な利回りとなっていま
すが、2016年、2018年、2020年は50%以上のマイナス
リターンとなっています。

 

相当タイミングよく投資をしていかなければ、まずこの
ファンドで大きなリターンは狙えないでしょう。

年間利回り
2020年 ▲69.00%(1-3月)
2019年 +94.40%
2018年 ▲53.76%
2017年 +102.33%
2016年 ▲38.71%

※引用:2020年4月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

類似ファンドとのパフォーマンス比較

高いリスクを取るのであれば、日経平均に連動するイン
デックスファンドよりもパフォーマンスが優れていな
ければ、投資するに値しません。

 

そこで日経225と連動するニッセイ 日経225インデックス
ファンドと比較してみました。

 

コロナショックがあるまでは、日経225インデックスファ
ンドのパフォーマンスを下回ることもありましたが、それ
でもたいした水準ではありませんでした。

 

しかし、今回のコロナショックで日経225のインデックス
を大幅に下回っています。

 

この下落分を取り戻すにはそれなりの時間がかかること
でしょう。

 


※引用:モーニングスター

 

最大下落率は?

標準偏差がわかれば、どの程度下落する可能性があるかは
ある程度予測できますが、実際にどれくらい下落したことが
あるのか確認するほうがイメージが湧きます。

 

楽天 日本株4.3倍ブルの最大下落率は2016年に6カ月で▲71.41%
下落しています。さすがにこの下落幅は大きすぎますね。

 

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかも
しれません。

 

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの
可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲46.32%
3カ月 ▲69.00%
6カ月 ▲71.41%
12カ月 ▲57.70%

※引用:2020年4月時点

 

評判は?

楽天 日本株4.3倍ブルの評判はネットでの書き込みなどで
調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つ
のが、月次の資金流出入額です。

 

資金が流出しているということは、それだけ楽天 日本株4.3倍
ブルを解約している人が多いということなので、評判が悪い
ということです。

 

高レバレッジのブルファンド全般に言えますが、純資産総額
と同様に資金流出入が激しいファンドです。

 

総じて、資金流出している年のほうが多く、少なくとも人気
が高いファンドではないですね。

 


※引用:モーニングスター

 

楽天 日本株4.3倍ブルの今後の見通しと評価まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回のコロナショックまでは、100%近くプラスの出る
年と大きくマイナスになる年が交互に来ていたので、
一発大きく儲けたい投資家が流入してきていたと思い
ます。

 

しかし、今回のコロナショックで楽天 日本株4.3倍ブル
は大暴落しており、この悲惨な状況を見て、今から
あえて投資をしようと思う投資家は少なくなるのでは
ないでしょうか。

 

繰り返しになりますが、楽天 日本株4.3倍ブルへの投資
は投資というよりもギャンブルに近いです。たしかに、
今の下落したタイミングで保有をすれば、大きなリタ―
ンが得られるかもしれません。

 

しかし、長期保有をしてしまうと、また大きく暴落する
タイミングで大けがをします。

 

結局、低コストのインデックスファンドでコツコツ投資を
いたほうが値動きも小さく着実に利益が積み増していく
と思いますので、ぜひ健全な投資を心がけてください。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点