楽天投信投資顧問が設定・運用する楽天日本株4.3倍ブル。

「楽天 日本株4.3倍ブルって投資対象としてどうなの?」

「楽天 日本株4.3倍ブルって持ってて大丈夫なの?」

「楽天 日本株4.3倍ブルより良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。

主に短期売買を繰り返す投資家向けに設定されたファンド
ですが、このような投資家と利害が一致し短期売買で手数料
を稼ぎたい証券会社で、販売ラインナップに採用されるよう
になっています。

楽天日本株4.3倍ブルに限らずですが、いわゆるブルベア投信
の類は資産運用に全く不向きなのですが、一定数の人気はある
ようです。

今日はそんな楽天日本株4.3倍ブルについて独自の目線で
徹底分析していきます。


楽天 日本株4.3倍ブルの基本情報

投資対象は?

楽天 日本株4.3倍ブルの投資対象は、日経225の先物取引です。

一部、国債やコマーシャルぺーバーなどを買い付けてい
ますが、これはレバレッジ4.3倍の株価先物指数を買い建
てるための担保と、「投資信託は有価証券に総資産額の
2分の1以上投資しなければならない」という規制をすり
抜けるためです。

そして、日々の日経平均株価の値動きの4.3倍程度動く
ように、レバレッジをかけて運用していきます。

なお、基準価額が日経平均株価の約4.3倍の動きとなると
いうことは、仮に100万円投資したのであれば、その4.3倍
である430万円を運用できると思ってしまいがちですが、
そのように捉えているのであれば、必ず痛い目にあいます。

後述しますが、ブルベア型ファンドは、複利計算の構造上、
基準価額が下落する仕組みになっていますので、注意して
ください。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

純資産総額が小さいと運用が効率的に行えず、余計なコストが発生
したり、運用会社も運用に力を入れないため、パフォーマンスが
優れないといったデメリットが発生します。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

楽天 日本株4.3倍ブルの純資産額は約290億円と、規模としては
問題ありません。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに
投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

楽天 日本株4.3倍ブルの実質コストは1.44%とカテゴリー内で
はかなり高いです。

後述しますが、ブルベア型ファンドは構造上、基準価額が
下落する仕組みになっているため、コストが高いというのは
致命的です。

購入時手数料 3.30%(税込)※上限
信託報酬 1.243%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.44%(概算値)

※引用:最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

ブル・ベアファンドの構造上の注意点とは?

楽天 日本株4.3倍ブルは以下に示すように特徴的な値動きをします。

①株式市場が上昇を続けた場合

まず、一番わかりやすい株式が上昇を続けた場合を説明します。

株式市場(緑)の上昇率に対して、楽天日本株4.3倍ブルは、
4.3倍程度、基準価額が上昇します。

あくまでも前日比ですので、株式市場が前日から1%上昇
したら、楽天日本株4.3倍ブルは4.3%上昇するということです。


※引用:交付目論見書

ただし、図のように10日後の基準価額の比較をしてみると、
株式市場は20%の上昇に対して、楽天日本株4.3倍ブルは、
4.3倍以上、上昇していることがわかります。

これが特徴の1つ目ですが、2日以上離れた日で比較をすると、
4.3倍にならないのです。

あくまで、前日との騰落率で見ると、4.3倍になるということです。

②株式市場が下落を続けた場合

こちらもシンプルですが、株式市場の下落率に対して、楽天日本株4.3倍ブル
は4.3倍の下落をします。

つまり、株式市場が前日から1%下落するのであれば、楽天日本株4.3倍ブルは
4.3%下落するということです。

ただし、こちらも前日からの下落率が4.3倍になるというだけで、
10日が株式市場が20%ほど下落したときに、4.3倍下落していません。

あくまでも前日の下落率が4.3倍になるということです。

③±10%内で上下した時

この値動きが特に注意が必要です。

図を見たほうがわかりやすいのですが、株式市場が
プラスマイナス10%の範囲内で、上下に変動した場合、
楽天日本株4.3倍ブルの基準価額は押し下げられるのです。

つまり、楽天 日本株4.3倍ブルで利益を出すには、
日経225が緩やかにでも上昇していかなければ、
楽天日本株4.3倍ブルは徐々に下落することになります。

ですので、基本は短期決戦の勝負で、くれぐれも長期で
保有しようなどとは考えないでください。

楽天 日本株4.3倍ブルの評価分析

基準価額をどう見る?

楽天 日本株4.3倍ブルの直近の基準価額は、3年前から20%
ほど下落しました。

ただ、よく見ると、他のファンドと比べて、かなり大きく
上下に値動きしていることがわかります。

コロナショックでは70~80%ほど下落しましたので、楽天
日本株4.3倍ブルを保有していた人たちは、相当な思いを
したと思います。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

楽天 日本株4.3倍ブルの直近1年のトータルリターンは
▲11.59%です。

3年平均利回りも▲3.47でかなり苦しい状況です。

1~2年前までは、2桁のプラスで運用ができていたのですが、
コロナショックで相当大きくやられましたね。

これが私がギャンブルファンドと言っている理由です。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り
1年 ▲11.59%
3年 ▲3.47%
5年
10年

※2020年10月時点

10年間高いパフォーマンスを出し続けている優秀なファンド達も
参考にしてみてください。

10年間圧倒的に高いリターンを出している国内大型株式ファンドランキング

同カテゴリー内での利回りランキングは?

せっかく投資をするのであれば、同じカテゴリー内でも、
優れたファンドに投資をするべきです。

楽天 日本株4.3倍ブルは株式ブル型カテゴリーに属しています。

このカテゴリー内でのランキングを確認すると、常に下位10%
程度に位置しており、他にもっと優れたファンドが多数あることが
わかります。

上位●%
1年 91%
3年 88%
5年
10年

※2020年10月時点

年別のパフォーマンスは?

楽天 日本株4.3倍ブルの年別の利回りを見てみましょう。

2017年と2019年は100%前後の異常な利回りとなっていま
すが、2016年、2018年、2020年は50%以上のマイナス
リターンとなっています。

一見すると、大きなプラスになっているように見えますが、
今の基準価額からもわかるとおり、パフォーマンス自体は
トータルするとマイナスになります。

年間利回り
2020年 +22.01%(1-9月)
2019年 +94.40%
2018年 ▲53.76%
2017年 +102.33%
2016年 ▲38.71%

※引用:2020年10月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

類似ファンドとのパフォーマンス比較

高いリスクを取るのであれば、日経平均に連動するイン
デックスファンドよりもパフォーマンスが優れていな
ければ、投資するに値しません。

そこで日経225と連動するニッセイ 日経225インデックス
ファンドと比較してみました。


※引用:モーニングスター

楽天 日本株4.3倍ブルの値動きが大きすぎて、ニッセイ日経225
インデックスファンドの値動きが非常に緩やかに見えます。

このチャートを見ればわかる通り、楽天 日本株4.3倍ブルは
相当値動きが大きく、一度コロナショックのような大暴落を
経験してしまうと、そこから抜け出せなくなります。

当分はニッセイ 日経225インデックスファンドを上回る水準
までは戻してこないでしょう。

楽天4.3倍ブル ニッセイ日経225
1年 ▲11.59% 8.41%
3年 ▲3.47% 6.32%
5年 7.72%
10年 11.26%

※2020年10月時点

最大下落率は?

標準偏差がわかれば、どの程度下落する可能性があるかは
ある程度予測できますが、実際にどれくらい下落したことが
あるのか確認するほうがイメージが湧きます。

楽天 日本株4.3倍ブルの最大下落率は2016年に6カ月で▲71.41%
下落しています。さすがにこの下落幅は大きすぎますね。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかも
しれません。

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの
可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲46.32%
3カ月 ▲69.00%
6カ月 ▲71.41%
12カ月 ▲57.70%

※引用:2020年10月時点

評判は?

楽天 日本株4.3倍ブルの評判はネットでの書き込みなどで
調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つ
のが、月次の資金流出入額です。

資金が流出しているということは、それだけ楽天 日本株4.3倍
ブルを解約している人が多いということなので、評判が悪い
ということです。

高レバレッジのブルファンド全般に言えますが、純資産総額
と同様に資金流出入が激しいファンドです。

コロナショック以降は、資金の流出超過が続いており、
評判もどんどん下がっていることがわかります。


※引用:モーニングスター

楽天 日本株4.3倍ブルの評価まとめと今後の見通し

いかがでしたでしょうか?

前々から注意喚起はしていましたが、ブル型ファンドは
一度急落をしてしまうと、そこから元の水準にまで戻す
のは、至難の技です。

調子のよいときは100%以上のプラスが出るため、目先の
利益を追いかける投資家たちが集まってきますが、たいてい
集まってくると、急落するのが楽天 日本株4.3倍ブルのような
ファンドです。

現状は、超低コストのインデックスファンドにもパフォーマンス
で負けてしまっているので、あえて、楽天 日本株4.3倍ブルを
選択する理由がありません。

繰り返しになりますが、楽天 日本株4.3倍ブルへの投資は
投資というよりもギャンブルに近いです。

たしかに、今の下落したタイミングで保有をすれば、大きな
リタ―ンが得られるかもしれません。

しかし、長期保有をしてしまうと、また大きく暴落する
タイミングで大けがをします。

結局、低コストのインデックスファンドでコツコツ投資を
いたほうが値動きも小さく着実に利益が積み増していく
と思いますので、ぜひ健全な投資を心がけてください。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点