インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で戦って
いるアセットマネジメントOneのたわらノーロードシリーズ。

 

今日は、たわらノーロード先進国債券の評価や評判、実質コスト
などについて徹底的に分析したいと思います。

 

 

たわらノーロード先進国債券の基本情報

投資対象は?

投資対象は、日本を除く世界主要国の公社債に投資をし、
FTSE世界国債インデックス(円ベース、為替ヘッジなし)に
連動する投資成果を目指します。

 

FTSE世界国債インデックスは昨年まで、シティ世界国債
インデックスと呼ばれており、先進国債券の代表的なベンチ
マークです。

 

たわらノーロード先進国債券の組入銘柄数は現在約600銘柄
となっており、北米と欧州で95%を占めています。

 


※引用:マンスリーレポート

 

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

 

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも
見るべきポイントです。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を
入れ替えることができず、インデックスから乖離してしまう
リスクがあります。

 

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

 

たわらノーロード先進国債券は下図のように2015年の新規設定
以来、着実に純資産総額を伸ばしており、現在の純資産総額は
約140億円となっています。

 

ファンドの規模としては全く問題ありません。

 

カテゴリー最低水準のコストとなっていますので、まだまだ
純資産額は増えそうです。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも
重要な項目です。

 

FTSE世界国債インデックス連動型のファンドは運用会社各社が
作っていますが、運用リターンはベンチマークに連動するため、
どこも差がつきません。

 

そうすると、実質コストの部分で良し悪しを決めることになる
わけです。

 

たわらノーロード先進国債券の実質コストは約0.201%となっており、
同カテゴリー内でも最低水準となっています。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 0
信託報酬 0.187%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.201%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

類似ファンドの信託報酬の比較

つづいて、類似ファンドと信託報酬を比較をしてみましょう。

 

FTSE世界国債インデックス(円ベース、為替ヘッジなし)を
ベンチマークとして採用しているファンドであれば、信託報酬
の差が大きくパフォーマンスに影響してきます。

 

本来であれば、実質コストで比較をするべきですが、直近で
信託報酬を下げていると、正確に実質コストを計算できない
ため、のちほど類似ファンドのパフォーマンスを比較する
ことで、判断していきます。

 

たわらノーロード先進国債券は他のファンドと比べると、
最安にはなっていませんが、かなり割安に水準である
ことには間違いありません。

ファンド 信託報酬(税込)
たわらノーロード先進国債券インデックス 0.187%
eMAXIS Slim 先進国債券インデックス 0.154%
smart-i 先進国債券インデックス 0.187%

※2020年7月時点

 

たわらノーロード先進国債券の評価分析

基準価額の推移は?

たわらノーロード先進国債券は4年間ほど運用されていますが、
ようやく10000円を超える水準にまで戻ってきました。

 

債券を直接購入すれば、マイナスになることはほとんど
想定されませんが、債券ファンドの場合は話が変わって
きます。

 


※引用:モーニングスター

 

利回りは?

つづいて、たわらノーロード先進国債券の運用実績を見て
みましょう。

 

直近1年間の利回りは6.07%となっています。3年平均利回りも
2.72%となっており、堅調です。

 

何よりコロナショックで大きく下落したファンドが多い中で、
しっかりと利益を伸ばしているのは、評価できますね。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り 2019年12月 2020年7月
1年 4.03% 6.07%
3年 2.89% 2.72%
5年
10年

※2020年7月時点

 

同カテゴリー内における利回りランキング(上位●%)の変化

たわらノーロード先進国債券は、国際債券カテゴリーに
属しています。

 

投資をするのであれば、同カテゴリーでも優秀なパフォ
ーマンスのファンドに投資すべきですので、同カテゴリー
内でのパフォーマンスのランキングを調べました。

 

たわらノーロード先進国債券は、もともと上位30%程度
には入っていましたが、コロナショック後は上位20%に
ランクインしており、順位を上げています。

 

購入時手数料はなく、信託報酬も格安で、このパフォーマンス
であれば、悪くありません。

平均利回り(上位●%) 2019年12月 2020年7月
1年 31% 18%
3年 21% 10%
5年
10年

※2020年7月時点

 

年別のパフォーマンスは?

つづいてたわらノーロード先進国債券の年別のパフォーマンスを
見てみましょう。

 

なぜ5年間も運用して10,000円近辺をうろうろしているかと
言うと、2016年、2018年のマイナスリターンが要因です。

 

プラスを出して翌年には同程度のマイナスリターンを出して
しまっており、基準価額が戻ってきていませんでした。

 

しかし、コロナショックの2020年はプラスのリターンが期待
でき、この調子で運用ができれば、ついに10000円を超えて
安定運用ができるようになりそうです。

年間利回り
2020年 3.10%(1-6月)
2019年 5.16%
2018年 ▲3.67%
2017年 4.74%
2016年 ▲3.96%
2015年
2014年

※2020年7月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

 

類似ファンドとのパフォーマンス比較

インデックスファンドに投資をするときは、同じベンチマークを
採用している他のファンドとのパフォーマンス比較は必要不可欠です。

 

今回は、たわらノーロード先進国債券と同じ、FTSE世界国債
インデックスと比較してみました。

 

ご覧の通り、ほぼパフォーマンスに差がないことがわかります。

 

このわずかな差は基本実質コストによる差だと思ってもらえば
よいですが、わずかな差ではありますので、そこまで気にしなくても
あなたがメインで利用している口座から購入できるファンドで
よいと思います。


引用:モーニングスター

 

他のカテゴリーのファンドとのパフォーマンス比較

先進国債券に投資をしたいという方は手堅く資産を運用したい
と言う方だと思います。

 

そのような場合、先進国債券にするか国内債券にするのか、
迷う方もいると思いますので、たわらノーロード国内債券
パフォーマンスを比較してみました。

 

2019年ごろまでは勝ったり負けたりの状態が続いていましたが
2020年以降はたわらノーロード先進国債券が大きく勝ち越して
います。

 

国内債券はただでさえ債券の利回りが低いので、安定運用したい
という場合は、少なくとも先進国債券ファンドのほうがおすすめ
です。

 

ただ根本的に、債券ファンドに投資をするか債券を直接購入するか
という問題はあります。

 

債券ファンドのデメリット。なぜ私は債券ファンドをおすすめしないのか。


引用:モーニングスター

 

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

 

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。

 

たわらノーロード先進国債券の最大下落は2016年1月~6月の半年間で
9.60%となっています。

 

債券ファンドで手堅く運用したいという人にとっては、10%の下落は
少し大きいかもしれませんが、過去に先進国債券ファンドは20%近く
下落したこともあるので、それくらいの下落はありえるものと
心構えをしておいてください。

 

もちろん、長期保有をすれば、ちゃんとプラスのリターンが出ていますので、
これくらいの下落はあるものだと思って、投資をすると、下落相場でも我慢
できると思います。

ただし、何も考えず保有し続けるのは厳禁です。

考えなしの長期保有が自分の首を絞める理由とは?

期間 下落率
1カ月 ▲5.55%
3カ月 ▲7.76%
6カ月 ▲9.60%
12カ月 ▲7.70%

※2020年7月時点

 

積立NISAとiDeCoの対応状況は?

たわらノーロード先進国債券の積立NISAとiDeCoの対応状況を
確認しておきましょう。

 

iDeCoで購入することはできるので、たわらノーロード先進国債券を
購入するのであれば、うまくiDeCoを活用してもよいと思います。

積立NISA iDeCo
× 楽天証券、みずほ銀行、その他

※2020年7月時点

 

評判はどう?

続いて、たわらノーロード先進国債券の評判を見ていきたいと思います。

 

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

 

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、評判がいいということになります。

 

たわらノーロード先進国債券は2015年の新規設定以来、毎月資金が
流入しています。

 

2018年に積立NISAが始まったタイミングで、さらに人気に火がつき、
一気に資金流入が大きくなっています。

 

同カテゴリーで最低水準のコストを実現しているので、まだまだ
人気は続きそうですね。


※引用:モーニングスター

 

たわらノーロード先進国債券の評価まとめと今後の見通し

国内債券ファンドと比べると、値動きが大きい先進国債券
ファンドですが、たわらノーロード先進国債券はコストも
最低水準となっているので、

 

先進国債券に投資をしたいのであれば、たわらノーロード
先進国債券を選択するのは間違ってはいません。

 

また国内債券ファンドと比較をしてもパフォーマンスが
優れているので、先進国債券ファンドを選択するべきでしょう。

 

ただ、注意も必要です。分散投資の基本形といえば、国内株式・
国内債券・海外株式・海外債券の4つのアセットクラスに分散
する方法です。

 

そうすると、海外債券を選択する必要が出てくるので、多くの方が
先進国債券を選択します。

 

近年では、株式ファンドと債券ファンドの相関は高まっており、
株式ファンドが下落すると、債券ファンドも下落する傾向が
あります。

 

そのため分散投資をしているつもりが、あまり分散効果がない
と言うこともあり得るのです。

 

ですので、本当に手堅く運用するのであれば、債券ファンド
よりも債券に直接投資することをおすすめします。

 

債券であれば、確定利回りで運用ができますので、株式市場
がいくら下落しようが気にすることはありません。

 

あまりイメージはないかもしれませんが、株や投資信託と
同じように債券も今では手軽に購入することができます。

 

米国債投資の方法を以下にまとめていますので、ぜひ参考に
してみてください。

 

米国債投資(アメリカ国債投資)完全攻略ガイド

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点