毎月分配型ファンドの草分けである「グローバル・ソブリン
・オープン」には及ばないものの、未だ多くの投資家が投資
をしているワールド・リート・オープン(毎月決算型)。

 

これだけ、毎月分配型のファンドに対する風当たりが強い中
でも、いまだに2,000億円程度の残高があります。

 

今日は、三菱UFJ国際投信のワールド・リート・オープン
(毎月決算型)について徹底的に分析します。

 

 

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の基本情報

投資対象は?

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の投資対象は
世界各国の様々なリートに分散投資をしていきます。

 

リートは複数の投資家から集めた資金で様々な不動産に
投資をし、その投資先の不動産から生じる賃料や売却益等
を配当金として投資家に分配する仕組みです。

 

リートのメリットは、何と言っても、少額で不動産に投資
ができる点と、様々な不動産に分散投資ができることですね。

 


※引用:交付目論見書

 

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の現在の投資先は、
下図のように主要な先進国リートが大半を占めており、日本を含め
12か国に分散しています。

 


※引用:マンスリーレポート

 

業種別の投資比率で見ると、小売りや複合施設への投資が
多くなっています。

 

しかし、「ワールド・リート」と謳っている割にはポート
フォリオの半分以上をアメリカのリートに投資しており、
カントリーアロケーション上はやや偏ったポートフォリオ
と言わざるを得ません。

 

この理由は、運用委託先であるMSIMがアメリカ以外の国
のリートの低流動性とリスクの高さを嫌気していること、
リートにおける同社のもっとも得意とするカントリータイプ
がアメリカであることによります。

 


※引用:交付目論見書

 

運用の特徴は?

国内籍投資信託の設定・運用は三菱UFJ国際投信ですが、
運用は実質的にアメリカの大手運用会社であるモルガン・
スタンレー・インベストメント・マネジメント(MSIM)
の世界各国拠点に全面委託しています。

 

したがって、運用パフォーマンスはMSIMの手腕次第と
いうことになります。

 

ファンドの形態はファミリーファンド方式であり、MSIM
の指図によりマザーファンドから世界各国のリートに投資
しています。

 


※引用:交付目論見書

 

純資産総額は?

続いて、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の
純資産総額はどうなっているか見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄
を入れ替えることができなかったり、純資産総額が大きく減少
していると、ファンドの組み替えがうまくできず、予期せぬ
マイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

現在のワールド・リート・オープン(毎月決算型)の純資産
総額は1,943億円程度と、ピーク時の半分以下の数値まで落ち
込みましたが、未だ規模としてはかなり大型です。

 

ファンドのコンセプトから高い信託報酬に至るまで、金融庁
や各メディアからの批判の的となっている典型的なタイプの
投資信託であるため、残念ながら今後の運用残高の伸びは
期待できないでしょう。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに
投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の実質コストは
1.753%となっており、前期とくらべると、わずかに値上がり
しました。

 

とは言っても、利回りの割に実質コストがかなり割高となって
おり、正直投資しようとは思えないレベルです。

購入時手数料 2.75%(税込)※上限
信託報酬 1.705%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.753%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の評価分析

基準価格をどう見る?

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の基準価額は
1,200円程度です。ここ3年で60%ほど下落しています。

 

ただでさえ、パフォーマンスが良くなかったにもかかわら
ず、コロナショックでさらに40%ほど下落しており、まさ
に悲惨な状況です。

 

タコ足配当で済んでいればよかったですが、減配しない
ことには、さらに恐ろしい勢いで基準価額が下落をしは
じめるでしょう。

 


※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

つづいて、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の
利回りを見てみましょう。直近1年間の利回りは▲33.36%と
なっています。

 

3年平均も5年平均も10%近いマイナスとなっており、見る
も無残な状況です。同カテゴリー内でも下位20%に常に
ランクインしており、投資するメリットを感じません。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解して
いますか?

 

もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲33.36% 86%
3年 ▲11.38% 89%
5年 ▲8.10% 93%
10年 +3.58% 65%

※2020年4月時点

 

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、ワールド・
リート・オープン(毎月決算型)の基準価額の変動幅の
大きさを知るには役立ちます。

 

日経平均の標準偏差は平常時が15~17なのですが、コロナ
ショックの影響で、基準価額の変動幅が通常時の株式ファ
ンドの2倍程度にまで膨れ上がっています。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じ
でしょうか?

 

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 29.43 55%
3年 20.44 63%
5年 18.40 68%
10年 17.58 71%

※2020年4月時点

 

年別のパフォーマンスは?

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の年別のパフォ
ーマンスも見てみましょう。

 

2014年は大きくプラスとなっていますが、それ以外の年は
パッとしないパフォーマンスでおさまっています。

 

2019年は久々に10%を超えるプラスを出しましたが、2020年
は3月時点ですでにマイナス33%となっており、5~6年かけて
積み上げてきた利益が一瞬でなくなりました。

年間利回り
2020年 ▲33.76%(1-3月)
2019年 +13.29%
2018年 ▲11.76%
2017年 +2.60%
2016年 +0.11%
2015年 ▲1.37%
2014年 +37.73%

※2020年4月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>ここまで考えるのが本当の資産運用。多くの投資家が考えられていない投信運用の出口戦略とは

 

類似ファンドとのパフォーマンス比較

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)への投資を
検討するのであれば、類似のインデックスファンドより
パフォーマンスが高くなければ、投資する価値がありません。

 

今回は、先進国リートの代表的な指数であるS&P先進国
REITインデックスに連動するeMAXIS 先進国リートイン
デックスと比較をしてみましょう。

 

結果は、一瞬でわかりますが、ワールド・リート・オープン
(毎月決算型)の惨敗です。ここまでパフォーマンスに差が
あると、ワールド・リート・オープンをあえて選択する
理由が全くありません。

 


※引用:モーニングスター

 

最大下落率は?

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)に投資をする
前に、最大でどの程度下落する可能性があるのかを知って
おくことは非常に重要です。

 

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく
下落した相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

 

それではここでワールド・リート・オープン(毎月決算型)の
最大下落率を見てみましょう。

 

最大下落率はリーマンショック時で▲60.26%となっています。
コロナショックもかなりのインパクトでしたが、まだリーマン
ショックレベルの下落には至っていませんね。

 

ただ、肝に銘じておいてほしいのは、REITも株式と同じ
くらい下落するときは下落するということです。

 

それを理解しておかないと慌てふためいて、最悪なタイミング
でファンドを売却することになりかねません。

 

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかも
しれません。

 

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの
可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲35.84%
3カ月 ▲50.84%
6カ月 ▲59.75%
12カ月 ▲60.26%

※2019年9月時点

 

分配金の推移と分配金余力は?

2014年頃には毎月70円あった分配金ですが、2017年には
毎月50円になり、2018年には35円、2019年にはついに20円
にまで分配金が減ってしまいました。

 

分配金余力はまだ100カ月以上ありますが、分配金の内訳を
見ると、安心してみていられる状況ではありません。

 

あなたが受け取っている分配金のうち、8割程度はファンドの
収益以外から支払われていますので、実質あなたの元本が棄損
していると考えてください。

 

今回のコロナショックの影響で、さらに厳しい結果になると
思います。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
178期 20円 7 2,880円
179期 20円 19円 2,860円
180期 20円 11円 2,849円
181期 20円 14円 2,835円
182期 20円 15円 2,820円
183期 20円 15円 2,805円

評判はどう?

当然ながら、ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の
評判は、総じて良くありません。

 

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)は、単純に銀行
で勧められたから購入したという人が多いようです。

 

そのため、基準価額や分配金額が下がったことに対する不満
が多く見受けられますが、これはファンドの性質上やむをえ
ない話です。

 

実際に月別の資金流出入額を見ても、毎月流出が続いています。
つまり、解約が増えているということですね。

 


※引用:モーニングスター

 

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の今後の見通し

いかがでしょうか?

 

今回のコロナショックの影響で、REITだけでなく、株式、
債券すべてのファンドが大きく下落しています。

 

正直、コロナショックの影響が今後、どこまで出てくるのか
は読めない部分ではありますが、少なくとも2020年は、
かなり厳しい結果となることが予想されます。

 

そして、ワールド・リート・オープンの分配金利回りが
20%近くに跳ね上がっており、ファンドの収益力をはるか
に上回り始めました。

 

その結果、今後の基準価額の減少は急速に進むはずです。

 

そして、インデックスファンドとの比較でもあったとおり、
パフォーマンスも明らかに先進国REITに負けてしまって
います。

 

これでは、本当に投資をするメリットがありません。即刻
ファンドを入れ替えるべきですね。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点