インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で
戦っている大和証券投資信託委託のiFreeシリーズ。

iFreeシリーズ中で、一番注目を集めているのが、
iFree S&P500インデックスです。

以前から、S&P500に連動するインデックスファンドの要望が
投資家から上がっていながら、なかなか実現しなかったのですが、
大和投信がやってくれました。

今日は、大和投信のiFree S&P500インデックスについて徹底的に
分析したいと思います。

iFree S&P500インデックスの基本情報

投資対象は?

投資対象は、米国の株式に投資し、S&P500指数(円ベース)に
連動する運用成果を目指します。

S&P500は、S&P Dow Jones Indicesが算出しているアメリカの
代表的な株式指数で、ニューヨーク証券取引所、NASDAQに
上場している銘柄から代表的な大型株500銘柄の株価をもとに
算出される指標です。

組入銘柄は下図のようになっています。

本来であれば、S&P500の構成銘柄を直接購入すべきですが、
iFree S&P500インデックスは純資産総額がまだ小さいため、
個別に銘柄を購入することができていません。

その代替として、ishares core S&P500 ETFを購入しているわけです。
一時期はishares core S&P500 ETFの比率が33%を超えていましたが、
現在は13%程度になっており、ようやく本来の姿に近づいてきた
という印象です。

パフォーマンスが大きく変わるというわけではないので、
ご安心ください。

上位銘柄にはアップル、マイクロソフト、アマゾンなど有名企業が
上位に組み込まれていますね。


※引用:マンスリーレポート

私は、このブログでS&P500信者と何度も言っていますが、
その理由が下図を見ていただくとわかります。

インデックスファンドの場合は、ベンチマークに沿った
パフォーマンスになるわけですので、ベンチマークが
右肩上がりであればあるほど、利益が期待できるというわけです。

そしてS&P500(配当込み、円ベース)の平均利回りを以下に示します
が、ご覧のとおり、20年、30年の平均利回りを見ても、非常に高い
パフォーマンスとなっています。

当然あのリーマンショックも込みのパフォーマンスなので、いかに
優れた実績を残しているかがわかります。

こういった長期の利回りを事前に確認しておくことで、大きな下落が
きたときでも動揺せずに保有を続けられます。

平均利回り
1年 7.2%
3年 9.2%
5年 13.4%
10年 16.3%
15年 9.1%
20年 6.0%
30年 10.0%

※引用:わたしのインデックス(2018年12月時点)

純資産総額は?

続いて、iFree S&P500インデックスの純資産総額はどうなっているか
見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額
だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべき
ポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を
入れ替えることができず、インデックスから乖離してしまうリスク
があります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

iFree S&P500インデックスは前評判がかなり高かったこともあり、
下図のように2017年の9月以降、かなりの速度で純資産を増やしています。

現在の純資産総額は約60億円となっています。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも
重要な項目です。

iFree S&P500インデックスの実質コストは0.372%と、信託報酬の
1.5倍くらいになっています。

ただ、1期目は純資産総額が小さいとどうしてもコストは割高に
なってしまいますので、2期目以降は下がってくると思います。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 0
信託報酬 0.243%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.372%(概算値)

※第1期 運用報告書(決算日:2018年9月7日)

信託報酬の比較

iFree S&P500インデックスと同様にS&P500をベンチマークとしている
ファンドを見てみましょう。

残念ながら、三菱UFJ投信のeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が登場した
ことにより、コスト面では勝てなくなってしまいましたが、それでも、
最安値に近い水準であることには変わりありません。

eMAXIS Slim米国株式(S&P500) 0.1728%(税込)
iFreeS&P500インデックス 0.243%(税込)
iシェアーズ 米国株式インデックス 0.405%(税込)
農中つみたてNISA米国株式 S&P500 0.486%(税込)

※2018年12月時点

iFree S&P500インデックスの評価分析

基準価額の推移は?

iFree S&P500インデックスの基準価額は、2018年1月末に大きく
下げましたが、そのあと着実に成長し、ついに高値を更新する
水準まで登ってきました。

国内のインデックスだと、まだ2018年1月末の水準まで戻せて
いないので、やはり米国株式の底堅さが表れています。


※引用:モーニングスター

利回りはどう?

iFree S&P500インデックスの運用実績を見てみましょう。
直近1年間では+18.56%とインデックスファンドとしては
十分な成長を見せています。

まだ運用期間が短く、長期的なパフォーマンスがわからない
ので、同じS&P500をベンチマークとしている日興アセットの
上場インデックスファンド米国株式(S&P500)の運用実績を
参考に見てみましょう。

3年利回りで15%、5年平均利回りが16.0%となっており、
かなり高いパフォーマンスとなっていますので、今後の成長に
も期待が持てます。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 18.56% 34%
3年
5年
10年

※2018年11月時点

標準偏差は?

iFree S&P500インデックスの標準偏差を見てみると、
同カテゴリー内でのランクは上位30%程度にいます。

インデックスファンドはアクティブファンドよりも
価格の変動幅が小さくなるので、このあたりが妥当でしょう。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのは
ご存じでしょうか?

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 9.92 31%
3年
5年
10年

※2018年11月時点

年別のパフォーマンスは?

つづいて、iFree S&P500インデックスの年別のパフォーマンス
を見てみましょう。

2018年は株式市場が苦戦を強いられている中、プラスのリターン
を出しています。

インデックスファンドであれば、この程度のパフォーマンスで
十分ですね。

年間利回り
2018年 10.74%(9月末時点)
2017年
2016年
2015年
2014年

※2018年11月時点

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

インデックスファンドに投資をするのであれば、同じベンチマーク
のファンドとパフォーマンスを比較することが不可欠です。

S&P500については、今まで同じベンチマークのインデックスファンド
がありませんでしたが、2018年7月についにeMAXIS Slim S&P500
登場しました。

現状、信託報酬だけでみると、eMAXIS Slim S&P500のほうが安く
なっています。

比較期間が短いので、あまり参考にはなりませんが、基本的に
パフォーマンスに大きな差はなく、現状は、どちらのファンドも
ほぼ差がないと言えるでしょう。


※引用:モーニングスター

評判はどう?

続いて、iFree S&P500インデックスの評判を見ていきましょう。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、評判を知る
うえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを
購入しているということなので、評判がいいということになります。

iFree S&P500インデックスの資金流出入額を見ると、2017年の
新規設定以降、資金が大きく流入を続けています。

直近、資金の流入が減っているのは、コストの安いeMAXIS Slim
S&P500を選ぶ投資家が多くなっている影響だと思います。


※引用:モーニングスター

iFree S&P500インデックスの評価まとめ

あなたは、世界三大投資家であるウォーレン・バフェットが
彼の妻に「自分が死んだら、資金90%はS&P500インデックスに
投資をせよ」という言葉を残しているのをご存じでしょうか?

バフェットの会社であるバークシャー・ハサウェイは年利20%以上の
高パフォーマンスを出し続けていますが、常にS&P500(配当込)との
投資成果を競い合わせており、いかにバフェットがS&P500を重要視
していたかがわかります。

これは裏を返せば、S&P500に組み込まれるような米国の企業は
時代を超えて、素晴らしい成果を上げているから、今後もそれを
信じて投資をしましょう。ということです。

S&P500は過去のどの15年間をとっても、年利4%以上の高い
パフォーマンスを出していることからも、あなたがもし海外の
インデックスファンドを探しているのであれば、私はこの1本を
お勧めします。