オーストラリアの国債といえば、高いクーポンと格付の高さで、
とても人気がある商品です。

オーストラリア=良い投資先という印象をうまく利用して、
アセマネOneが設定したのがみずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』です。

債券ファンドは、債券だと思って投資をすると痛い目を見るのですが、
そこに気づかず多くの投資家が投資をしてしまっています。

コアラの森は年1回決算型と毎月分配型がありますが、
今日は人気のある毎月分配型を分析していきます。

年1回決算型を保有しているもしくは検討している人も参考に
なると思いますよ。

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』の基本情報

投資対象は?

投資対象は、オーストラリアの信用力の高い豪ドル建ての国債、州政府債、
事業債等に分散投資を行います。

投資対象とする公社債は、S&P社もしくはMoody’s社による格付がA-/A3以上の
ものとし、加重平均による格付がAA-/Aa3以上になるように分散投資をしていきます。

債券で一番怖いのは、元本及び利息の支払いが滞ることですのが、
A-/A3以上の格付であれば、その心配もありません。

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』の格付別の構成比を見てみると、
AA以上が約7割となっています。また社債別の組入比率を見てみると、
普通社債が50%と最も高く、ついで国債、地方債となっています。

組入別の銘柄を見てみると、国債が1位で、地方債と社債が交互にランクインしています。
注目すべきはクーポン=利子の高さですが、オーストラリア国債はAAAで、
年4.5%の利子がつきますので、投資対象として非常に魅力的ですね。

純資産額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。純資産総額というのは、
あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』は、現在1000億円ほどとなっています。
規模としては問題ありませんね。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』の実質コストは1.384%と
ファミリーファンド方式で運用している割に高くなっています。

債券ファンドはただでさえ、利回りがそこまで高くないわけですから、
毎年1.4%弱手数料で取られてしまうのはかなり厳しいです。

購入時手数料 2.16%(税込)
信託報酬 1.35%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.384%(概算値)

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』の評価分析

基準価額をどう見る?

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』の基準価額は現在、5499円となっています。
3年前から約30%ほど基準価額が下落していますね。

これはファンドの収益力に対して、過剰な分配を行っていることが原因です。
分配金再投資基準価額(青線)を見ても、7000円~7500円の間を行き来しており、
運用がうまくいっているとは言い難いですね。

利回りはどれくらい?

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』の直近1年間の利回りは
▲3.89%となっています。3年平均利回りも▲2.30%、5年平均利回りは
かろうじてプラスといった状態です。

10年平均利回りのリターンは+3.00%なので、これくらいのリターンを
安定的に出せればよいのですが、これだけブレがあることを考えると、
オーストラリア国債に直接投資をしたほうがよほど確実性のある運用ができます。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

最大下落率はどれくらい?

投資するにあたって、最大どの程度下落する可能性があるのか
知っておくことは非常に重要です。

結局、多くの人が、大きな下落を経験すると、もうこれ以上は損をしたくない
と思い、基準価額が大きく下がったタイミングで売却してしまうのです。

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』の最大下落率は、
2007年11月~2008年10月で▲32.42%となっています。
期待リターンの割りにリスクが非常に高いですね。

分配金の推移は?

つづいて分配金の推移を見てみましょう。

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』は毎月分配をしており、
現在は25円の分配となっています。

2017年まで3月までは毎月60円の分配があったのですが、
2017年4月に35円となり、2018年4月には25円まで分配金が減額されています。

分配金利回りは7.09%と比較的低い水準まで下がってきてはいるものの、
まだファンドの収益力からすると高くなっています。

それよりも分配金余力が残り15.3カ月しかないため、
近々また分配金の減額が行われる可能性が高く注意が必要です。

評判はどう?

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』の評判はネットでの書き込みなどで
調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流出しているということは、それだけこのファンドを解約している人が多い
ということなので、評判が悪いということです。

コアラの森は2017年6月まで毎月流入していたのですが、分配金が減額されると
同時に資金流出が起きています。

当時は分配利回りが10%超あったため、中身もよく見ずに購入した投資家が
多かったのでしょう。

直近の資金流出具合を見ると、評判はどんどん落ちていることがわかります。

みずほ 豪ドル債券ファンド 『コアラの森』の今後の見通し

オーストラリア国債や公社債は今後も安定的に高いクーポンを維持していく
と思いますが、債券ファンドだと話は別です。

結局、満期まで保有していれば、十分なリターンが期待できるにもかかわらず、
途中で債券を売却してしまうために、高いリターンを実現できなくなっています。

もし、あなたが債券に興味があるのであれば、債券ファンドに投資をするより、
債券に直接投資することをお勧めします。