日興アセットマネジメントから出ているファイン・ブレンド。

最近流行りの6資産や8資産でもなく、日本国債、海外債券、
海外株式、海外REIT、金の5つの資産に分散するファンドと
なっています。

日本国債だけ切り出されているので、ここでリスクの調整を
していることが想像できますが、日本国債の比率が高くなり
すぎて、高いコストを支払っているだけになっていないかが
心配です。

ファイン・ブレンドには、毎月分配型と資産成長型の2種類が
ありますが、今日はより人気の高い毎月分配型を詳しく分析
していきます。

資産成長型を保有しているもしくは、検討している人にも
参考になるように書いていますので、参考にしてください。

「ファイン・ブレンドって投資対象としてどうなの?」

「ファイン・ブレンドって持ってて大丈夫なの?」

「ファイン・ブレンドより良いファンドってある?」

といったことでお悩みの方は、この記事を最後まで読めば、
悩みは解消すると思います。


ファイン・ブレンド(毎月分配型)の基本情報

投資対象は?

ファイン・ブレンド(毎月分配型)は、日本を含む
世界の債券、株式、REIT、金などに分散投資をしていきます。

もう少し具体的に見てみると、日本国債は、超長期国債(残存期間
が10年以上の国債)が中心となります。

リスクは低いですが、その分、リターンが低いので、日本国債の
割合が高いと手数料だけが取られ続けることになります。

海外債券はG20構成国の中から、金利水準の高いソブリン債に
投資するので、日本国債より安定的な収益が期待できます。

金は、金価格に連動するETFに投資をしていきます。

金を組み込んでいるのは、他の4資産と異なる値動きをするため、
分散効果が高いと見越してのことでしょう。


※引用:交付目論見書

ファイン・ブレンド(毎月分配型)は、定期的な資産配分の
見直しにより、魅力的な収益の獲得を目指すとあります。

状況変化に応じて、資産配分を適切に変更するというわけですが、
バランスファンドの場合、リスクを取らなさ過ぎて、収益の
チャンスを逃していることが往々にあります。

アセットアロケーションが固定されている場合はよいですが、
固定されていない場合は、現在の構成比率は必ず確認する必要が
あります。


※引用:交付目論見書

下図が、ファイン・ブレンド(毎月分配型)の現在のアセット
アロケーションです。

パッと見てわかるとおり、日本国債の比率が約50%とかなり高く
なっています。

また現状、中長期国債を購入する価値がほとんどないため、利回りが
総体的に高い超長期国債に注目が集まってはいますが、中長期国債の
利回りが回復してこれば、超長期国債の基準価額は大きく下落します。

実質利回りは0.34%しかない長期国債を買うのに1%以上の手数料を
支払っているという事実をしっかりと理解しておかなければいけません。


※引用:マンスリーレポート

つみたてNISAとiDeCoの対応状況は?

つみたてNISAやiDeCoで積立投資を検討している人も多いと
思います。

そこで、つみたてNISAやiDeCoの対応状況をまとめました。

つみたてNISA iDeCo
× ×

※2022年2月時点

純資産総額は?

続いて、ファイン・ブレンド(毎月分配型)の純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

純資産総額は大きいほうが、ファンドマネージャーが資金
を運用する際に効率よくできたり、保管費用や監査費用が
相対的に低くなりますので、コストが低く抑えられます。

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその
投資信託に力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなる
こともありますので注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の純資産総額は440億円程度と
なっています。

毎月分配型ファンドにも関わらず、純資産総額が減っていないと
いうのは驚きです。規模の大きさとしては全く問題ありませんね。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが
通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の実質コストは1.50%と
高めの設定になっています。

これにより、全体の50%を占める日本国債部分は最終利回りが
0.34%しかありませんので、ほぼ損失確定です。

投資家目線では、この50%の国債部分を何とかしてもらわなければ、
投資をする価値があるとは思えません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.47175%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.50%(概算値)

※引用:最新運用報告書

ファンドの運用で成果を出すために一番大事なことは何ですか?
と聞かれてあなたは何と答えますか?

もし『ファンド選び』だと思ったとしたら、あなたはドツボに
はまっていますので、こちらの記事を読んでみてください。

>>無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の評価分析

基準価額をどう見る?

ファイン・ブレンド(毎月決算型)は直近3年間で7%ほど
下落をしています。

分配金を受け取らずに運用をした場合の基準価額(青線)は
3年間で8%ほど上昇していますので、ファンドの収益以上の
分配が行われていることがわかります。

ただ、基準価額の下落は小さく、健全な範囲内で分配が
行われているといえます。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

続いて、利回りを見てみましょう。

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の年間利回りは3.98%と
なっています。

3年平均、5年平均利回りともに2~3%の利回りですが、
もともと安定運用したい投資家がファイン・ブレンドに
投資をしていると思いますので、十分な水準でしょう。

ただ、やはり利回りに対して、実質コスト1.5%は取りすぎですね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り
1年 +3.98%
3年 +3.15%
5年 +2.55%
10年

※2022年2月時点

同カテゴリー内での利回りランキングは?

ファイン・ブレンド(毎月分配型)は、バランス型ファンドの安定
カテゴリーに属しています。

投資をするのであれば、同じカテゴリーでも優秀なパフォーマンス
のファンドに投資をしたいと思うので、同カテゴリー内でもパフォー
マンスのランキングは事前に調べておいて損はありません。

ファイン・ブレンド(毎月分配型)は上位30%に入っていて好調といえます。

バランスファンドは一概にパフォーマンスが優れていることが
重要ではないため、上位にランクインしていることが必ずしも
重要ではありませんが、ランクが低いのであれば、低い理由は
しっかりと理解しておいたほうが良いですね。

上位●%
1年 13%
3年 28%
5年 23%
10年

※2022年2月時点

年別の運用利回りは?

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の年別のパフォーマンスを
見てみると、2015年、2018年、2020年はマイナスとなって
います。

マイナス幅が小さいので、残りの年のプラスでカバーできて
います。

あまりリスクを取りたくない投資家にとっては、これくらいの
リターン幅のほうが投資をしやすいかもしれませんね。

年間利回り
2021年 +5.68%
2020年 ▲0.58%
2019年 +8.96%
2018年 ▲3.90%
2017年 +4.27%
2016年 +6.60%
2015年 ▲3.85%
2014年 +12.24%

※2022年2月時点

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

類似ファンドとのパフォーマンス比較

ファイン・ブレンド(毎月分配型)に投資をするのであれば、
他のバランス型のアクティブファンドとパフォーマンスを
比較しておいて損はありません。

今回は、安定運用ができるバランスファンドとして非常に
人気の高い投資のソムリエとパフォーマンスを比較してみます。


※引用:モーニングスター

直近はファイン・ブレンド(毎月分配型)が良いパフォーマンスを
出しています。

ただ、コロナショック前後では、投資のソムリエに大きく後れを
とっています。

投資のソムリエもファイン・ブレンド(毎月分配型)と同じように
機動的にポートフォリオを組み替えるファンドですので、2つの
ファンドの推移の差は戦略の差ですが、3年間の利回りはどちらも
大して変わりません。

ファイン・ブレンド 投資のソムリエ
1年 +3.98% ▲1.85%
3年 +3.15% +2.96%
5年 +2.55% +2.32%
10年

※2022年2月時点

5年平均で見ても、ほぼ同水準であると言えます。

分配健全度はどれくらい?

分配金を毎月受け取っていると、受け取っていることに安心
してしまい、自分の投資元本からの配当なのか、ファンドの
収益からの配当なのか調べなくなります。

そこで、分配金がファンドの収益からちゃんと支払われている
のかを調べるときに役立つのが分配健全度です。

分配健全度とは、1年間の分配金の合計額と基準価額の変動幅を
もとに、あなたが受け取った分配金の約何%がファンドの収益
によるものなのかを計算できる指標です。

基準価額の変動幅 1年間の分配合計額 分配健全度
▲62円 390円 84.10%

※2021/2/18~2022/2/18

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の直近1年間の
分配健全度は84.10%となっています。

分配健全度は100%を切ると、一部ファンドの収益以外から
分配金が支払われていることを意味します。

84.10%となると、直近1年間の大半はファンドの収益
から分配金が支払われているということです。

分配金利回りもそこまで高いわけではないので、この
水準であれば、分配健全度が大きく100%を下回る
心配はなさそうです。

分配金利回りはどれくらい?

毎月分配型のファンドに投資をしている場合、どれくらいの
分配金が受け取れるのかを知るために分配金利回りを参考
にします。

ただし、投資信託の場合、分配金利回りだけをみていると、
受け取っている分配金がファンドの収益から出ている
ものなのか、投資元本が削られているのか、判断できません。

そのため、ファンドの運用利回りと分配金利回りを比較して、
ファンドの運用利回りのほうが高ければ、あなたが受け取って
いる分配金がファンドの運用の収益から支払われていると
判断することができます。

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の分配利回りは4.5%程度
なので、健全な水準ではあります。

ただ、ファンドの運用利回り自体が低いので、あなたが
受け取っている分配金の一部はファンドの収益ではない
ということがわかります。

運用利回り 分配利回り
1年 +3.98% 4.5%
3年 +3.15%
5年 +2.55%
10年

※2022年4月時点

分配金余力はどれくらい?

毎月分配型ファンドに投資をしている場合、もう1つ気になる
のが今後いつごろ、減配されそうかという点です。

そんなときに役立つのが分配金余力という考え方です。

分配金余力というのは、今の分配金の水準をあと何か月
続けられそうかを判断するための指標です。

明確にこの水準になったら減配されるという指標では
ありませんが、12カ月を切ったファンドはたいてい近々、
減配されることが多いです。

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の分配金余力は、
38カ月程度ありますので、当分減配の心配はなさそうです。

分配金 繰越対象額 分配金余力
91期 40円  1,319円 34.0カ月
92期 40円 1,325円 34.1カ月
93期 40円 1,331円 34.3カ月
94期 40円 1,338円 34.5カ月
95期 40円 1,346円 34.7カ月
96期 40円 1,356円 34.9カ月
97期 40円  1,377円 35.4カ月
98期 40円 1,400円 36.0カ月
99期 40円 1,424円 36.6カ月
100期 40円 1,392円 35.8カ月
101期 40円 1,415円 36.4カ月
102期 40円 1,455円 37.4カ月

※引用:最新運用報告書

評判はどう?

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の評判はネットでの書き込みで
調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが
月次の資金流出入額です。

資金が流入しているということは、それだけファイン・ブレンドを
購入している人が多いということなので、評判が良いということです。

ファイン・ブレンドは2020年ごろまでは毎月資金流入していましたが、
2021年以降は、資金が流出超過になっています。

手数料も高いですし、パフォーマンスも優れないので、当然といえば、
当然の流れです。


※引用:モーニングスター

ファイン・ブレンド(毎月分配型)の今後の見通し

ファイン・ブレンド(毎月分配型)は、今後も日本国債で
ガチガチに守りを固めながら、すこしずつ資産を増やし
ていくというスタンスなので、今後もゆっくりゆっくりと
資産を増やすには役立つと思います。

しかし、前々から注意喚起をしていたようにに金利上昇に
伴い日本国債の価格が下落をし始めた関係で、いよいよ
日本国債部分は保有をしているだけで損失が確定という
全く保有する意味がないアセットクラスです。

しかも現在は50%ほどが日本国債に割り当てられています。

その事実を知ったうえでも、ファイン・ブレンドがよいと言う人は
そのまま投資するとよいと思いますが、私からすると、リスクを
恐れすぎて、リターンを得る機会を逃しているように感じます。

これなら、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)のような
ファンドに投資をして、少し投資金額を減らすことで、リスクを
下げるほうがおすすめです。

また分配金という点では、分配利回りも健全な水準で、過剰な
分配はほとんど行われていないため、大きな問題点はありません。

ただ、利回りはお世辞にも高いとは言えませんので、この分配金なら
受け取らずに再投資をしたほうがいいのでは?と思いますね。

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>なぜ私が投信運用に限界を感じたのか。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点