低コストで新興国株式に投資できるインデックスファンドとして、
人気の高いEXE-i 新興国株式ファンド。

近年は、超低コストのインデックスファンドが次々と出てきており、
多くの投資家が結局どれが一番良いファンドなのか、混乱してしまっています。

今日は、5年ほど前から低コストの最前線にいるEXE-i 新興国株式ファンドについて
徹底的に分析していきます。

EXE-i 新興国株式ファンドの基本情報

投資対象は?

EXE-i 新興国株式ファンドは、ETFを通じて、新興国の株式市場に投資していきます。
ベンチマークとして、FTSE・エマージング・インデックス(円換算ベース)を採用しており、
ベンチマークと構成比率が近くなるように、投資割合を調整しています。

下図を見ると、わかるのですが、シュワブ・エマージング・マーケッツ・エクイティETFと
iシェアーズ・コア・MSCI・エマージング・マーケッツETFを組み合わせることで、
比率を調整しています。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。
インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべきポイントです。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることができず、
インデックスから乖離してしまうリスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、
予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

EXE-i 新興国株式ファンドは現在、85億円程度となっており、規模としては問題ありません。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいては、運用はベンチマークに沿うように銘柄を調整するだけ
差がつきませんので、実質コストがパフォーマンスの良し悪しを決めると言っても
過言ではありません。

EXE-i 新興国株式ファンドの実質コストは0.4094%で、インデックスファンドの割に、
高くなっています。これはファンドオブファンズ形式をとっているため、
信託報酬が二重にかかっているのが一番大きな要因です。

主要インデックスファンドのコスト比較表はこちら

購入時手数料 0
信託報酬 0.3794%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.4094%(概算値)

EXE-i 新興国株式ファンドの評価分析

基準価額の推移は?

EXE-i 新興国株式ファンドの基準価額は、2016年から右肩上がりに上昇しており、
2018年の1月末の市場の大暴落時まで上がり続けました。しかし、それ以降は、
基準価額が下がり続けており、復調の兆しはまったく見えてきません。

利回りは?

EXE-i 新興国株式ファンドの直近1年間の利回りは+4.79%となっています。
3年平均利回りで+3.84%、5年平均利回りで+6.90%となっています。
インデックスファンドであれば、これくらいの利回りでも満足といったところでしょうか。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

インデックスファンドを選定する上で、適切なベンチマークを選定しているかを
事前に調べることは非常に重要です。

新興国株式でいえば、FTSE・エマージング・インデックスかMSCI・エマージング・
マーケット・インデックスを採用しているファンドのどちらかを採用している場合が
ほとんどなのですが、パフォーマンスに違いはあるのでしょうか?

下図は、FTSE・エマージング・インデックスをベンチマークとする
EXE-i 新興国株式ファンドと、MSCI・エマージング・マーケット・
インデックスをベンチマークとするたわらノーロード新興国株式を比較したものです。

見てわかる通り、たわらノーロード新興国株式のほうがパフォーマンスが
優れていることがわかります。

つまり、新興国株式であれば、MSCI・エマージング。・マーケット・インデックスを
採用しているファンドを選択したほうがよいということです。

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。

EXE-i 新興国株式ファンドは2015年3月~2016年2月までで最大▲28.08%
下落していることがわかります。

新興国株式であれば、これくらいの下落は起こり得るものと思っておかなければいけませんね。

評判はどう?

続いて、このファンドの評判を見ていきたいと思います。
評判をはかる指標としては、ファンドへの資金流出入額が参考になります。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入しているということなので、
人気が出てきているということになります。

EXE-i 新興国株式ファンドは設定来、毎月資金が流入しており、さらに直近になるにつれて
流入額が大きくなっていますので、評判が高くなっていることがわかります。

EXE-i 新興国株式ファンドの今後の見通し

新興国株式であれば、年5%程度の利回りであれば、今後も十分期待できると思います。
一方で、前述のとおり、インデックスファンドを選定するうえで、どのベンチマークを
採用しているファンドを選ぶのかは非常に重要です。

新興国株式のベンチマークで言えば、現状、FTSE・エマージング・インデックスより、
MSCI・エマージング・マーケット・インデックスのほうが優れていますので、
MSCI・エマージング・マーケット・インデックスを採用しているインデックスファンドを
選択するのが無難です。

MSCI・エマージング・マーケット・インデックスを採用しているファンドとしては、
eMAXIS Slim新興国株式インデックス、ニッセイ 新興国株式インデックスファンド、
たわらノーロード新興国株式などがあります。

コスト的には、eMAXIS Slim新興国株式インデックス、ニッセイ 新興国株式
インデックスファンドになりますが、一度、調べてみることをお勧めします。