数年前に大手の販売会社が積極的に販売したことにより、何も
知らない無知の投資家が続々と購入してしまったフィデリティ・
USリート・ファンドB。

私のお客様の中にも、とりあえず月々配当がもらえるなら買って
おこうということで手を出している人達が何人もいます。

では、実際のところ、フィデリティ・USリート・ファンドBは
どうなのでしょうか?

専門家の目線で詳しく解説していきます。


フィデリティ・USリート・ファンドBの基本情報

投資対象は?

まずフィデリティ・USリート・ファンドBは米国に上場している
不動産投資信託(リート)に投資を行います。

リートとは、多数の投資家から資金を集めて、オフィスビル、
商業施設、住宅などの様々な形態の不動産を取得・管理・
運用するファンドのことです。

組入業種別でみると、住宅・物流施設への投資比率が高く
なっています。


※引用:マンスリーレポート

また、組み入れ銘柄は48銘柄で、米国リート市場全体で150銘柄ほど
ありますので、3分の1程度に絞り込んでいます。

運用体制は?

フィデリティ・USリート・ファンドBのマザーファンドのファンド・
マネージャーのスティーブ・ビューラーは約20年の豊富なリートの
運用・調査経験を持っており、2003年から一貫して運用に携わっています。

経験10年以上のリート専任のアナリストチームがあり、徹底した
銘柄調査をもとに組み入れる銘柄を厳選しています。

調査体制としては十分な体制になっていると言えますね。

純資産総額は?

続いて、フィデリティ・USリート・ファンドBの純資産総額は
どうなっているか見てみましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の
総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで売買でき
なかったり、コストが嵩みますので、事前に確認すべきポイントの
1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

フィデリティ・USリート・ファンドBは6700億円程度の規模があり、
未だに非常に人気のあるファンドとなっています。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、
株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなる
のが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければ
なりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

フィデリティ・USリート・ファンドBの実質コストは1.57%と
なっており、割高です。購入時手数料もかなり高めの設定なので、
そう簡単には手を出せません。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.85%(税込)※上限
信託報酬 1.54%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 1.57%(税込)

※引用:最新運用報告書

フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)の評価分析

基準価額をどう見る?

フィデリティ・USリート・ファンドBの直近3年間の基準価額は
25%ほど下落しています。

一方で、分配金を受け取らずに再投資した場合の基準価額(青線)を
見ると、20%程度は上昇しています。

つまり、3年間の運用はそこそこうまくいっているのですが、
ファンドの収益だけでは分配金をまかないきれないので、
基準価額が下落しているということです。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

つづいてフィデリティ・USリート・ファンドBの利回りを
見てみましょう。

直近1年間の利回りは+24.27%と久々に20%を超えるリターンを
残すことができています。

最低でも安定して4~5%のリターンを確保できているという点は
REIT好きの投資家からすると魅力的ですね。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 24.27% 19%
3年 5.35% 55%
5年 4.15% 31%
10年 12.58% 7%

※2020年1月時点

標準偏差は?

標準偏差は基準価額の変動幅の大きさを把握するのに役立します。

直近のフィデリティ・USリート・ファンドBの標準偏差は10~12程度
で推移しており、株式ファンドと比べるとわずかにリスクが小さく
なっています。

人によってはREITは株と比べるとかなりリスクが低いと考えている
人がいますが、実際のところそこまで大きな差はないと言えます。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのは
ご存じでしょうか?

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいて
くださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 10.58 51%
3年 12.90 66%
5年 14.94 67%
10年 17.50 57%

※2020年1月時点

年別のパフォーマンスは?

フィデリティ・USリート・ファンドBの年別のパフォーマンスを
見てみましょう。

2018年にはマイナスリターンとなっていますが、そのほかの年では、
小さいながらもプラスのリターンを残しています。

最低限プラスのリターンを維持できている点は評価できますね。

年間利回り
2019年 24.27%
2018年 ▲8.05%
2017年 2.31%
2016年 1.58%
2015年 3.17%
2014年 48.30%

※2020年1月時点

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

フィデリティ・USリート・ファンドBに投資をするのであれば、
同じくUSリートに投資をしている類似ファンドとパフォーマンス
の比較をしておきたいところです。

今回は、投資家から人気の高いUSリートであるダイワ・US-REIT
新光US-REITオープンと比較をしてみました。

2019年まではほぼどのファンドも差がありませんでしたが、
2019年に入り、ダイワ・US-REITがわずかですが、優位に立ちました。

この程度の差だと、一概にダイワ・US-REITが良いとも言えませんので、
どのファンドに投資をしても変わりありませんね。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

投資を検討するのであれば、基準価額がどの程度下落する可能性が
あるのは知っておきたいところです。

標準偏差からある程度は予測できますが、最大下落率を直接確認した
ほうがイメージがわきますね。

フィデリティ・USリート・ファンドBは2008年4月~2009年3月の間
に最大▲64.20%も下落しています。

リートはリスクが低いと思われがちですが、下落するときは大きく
下落しますので、その点は心にとめておきましょう。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止まってしまうかもしれません。
しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、元本割れの可能性を
限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲34.78%
3カ月 ▲54.31%
6カ月 ▲63.45%
12カ月 ▲64.20%

※2020年1月時点

分配金の推移と分配余力は?

フィデリティ・USリート・ファンドBの分配金の状況を見て
いきましょう。

2016年には100円あった分配金が、2017年に70円になり、さらに
35円にまで減額されています。

これは、基準価額あたりの分配金の額を示す分配利回りが20%を
超えており、無理な配当を続けたことが大きな要因です。

現在でも分配利回りは10%を超えており、フィデリティ・USリート
・ファンドBの収益力を上回る分配をしていることになります。

分配金余力は200か月以上ありますので、安心ですが、基準価額が
下がり続けていますので、注意は必要ですね。

また、このブログでは何度も言っていますが、特別な事情がない限りは
毎月分配型のファンドに投資すべきではありません。

計算するとよくわかる!分配金を受け取ることによるデメリットとは?

分配金 当期収益以外 繰越対象額
184期 35円 -円 7,949円
185期 35円 35円 7,914円
186期 35円 25円 7,889円
187期 35円 24円 7,865円
188期 35円 35円 7,830円
189期 35円 -円 7,862円

評判はどう?

直近の実績を見れば、何となく想像がつくと思いますが、
「投資に疎い老人たちをカモにしている詐欺ファンド」
「どうしようもない毎月分配型投資信託」
「即刻解約すべき」「売りつけた販売員を訴えろ」
といったかなり厳しいコメントが投稿されています。

そして、評判をはかる指標として月次の資金流出入額が
参考になります。

流出しているということは解約者が多いということなので、
評判が悪くなっているということです。

フィデリティ・USリート・ファンドBは、2019年の後半まで
毎月資金流出が続いて、評判は落ちていましたが、パフォー
マンスが回復してきたことに合わせて一部の投資家がまた
投資を始めています。


※引用:モーニングスター

フィデリティ・USリート・ファンドBの今後の見通し

今後の見通しについて私見を述べたいと思いますが、米国経済自体
は堅調に推移していますし、米国リートの価格もかなり低水準で
推移をしていることから、トランプリスクはあるものの、今後ある
程度は回復が見込める市場だとは思っています。

実際、運用体制等はベテランのファンドマネージャーやアナリストが
揃っていますし、10年間の長期で見てもしっかりカテゴリーの中で
上位のパフォーマンスを発揮できていることからも、ある程度は
挽回が期待できると思います。

ただ、挽回できると言っても、年利で6~7%程度だと思いますので、
分配金をすべて運用益でカバーするために必要な年利10%超での運用は
難しく、基準価額の下落、もしくは配当金の減額は避けられないでしょう。

毎月分配金をもらえていると、自分のファンドがどのような状況
(タコ足配当)になっているのか気づくのに遅くなりがちです。

毎月分配型の投資信託は今でも年金変わりの手段として非常に人気が
ありますが、毎月年金のように配当金を受け取れるという表面的な
メリットだけにフォーカスしていてはいけません。

銘柄の選定においては、あなたが選んだ投資信託がしっかりと
利益を上げてくれなければ、意味がありません。

もしまだフィデリティ・USリート・ファンドBを保有している人が
いたら、即刻乗り換えることをお勧めします。あなたがモタモタ
している間に、他のファンドでは、収益が上がっていますよ。