インデックスファンドの低コスト競争において、最前線で戦っている
大和証券投資信託委託のiFreeシリーズ。

今日は、大和証券投資信託委託のiFree新興国債券インデックスについて徹底的に
分析したいと思います。

iFree新興国債券インデックスの基本情報

投資対象は?

投資対象は、新興国の現地通貨建て債券に投資し、JPモルガン・ガバメント・ボンド・
インデックス-エマージング・マーケッツ・グローバル・ディバーシファイド(円換算)に
連動する投資成果を目指します。

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ・
グローバル・ディバーシファイドとは、JPモルガンが算出し、公表している債券指数です。

国別、地域別の構成比率は下図のようになっており、18か国、215銘柄で構成されています。

このファンドの値動きのイメージがつきやすいようにベンチマークの推移を見てみましょう。
いかがでしょうか?2013年以降はあまり変わらない水準で上下に値動きしており、
正直、私から見ると、そこまで優れたベンチマークとは思えませんね。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

インデックスファンドの運用において、純資産総額というのも見るべきポイントです。
ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることができず、
インデックスから乖離してしまうリスクがあります。

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えがうまくできず、
予期せぬマイナスを生む可能性があります。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

iFree新興国債券インデックスは下図のように2016年の新規設定以来、純資産総額を
伸ばしており、現在の純資産総額は約19億円となっています。

今後も資金流入が続くと予想されるので、資産規模は特に心配しなくてよさそうです。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンドにおいて、実質コストというのは何よりも重要な項目です。

JPモルガン・ガバメント・ボンド・インデックス-エマージング・マーケッツ・
グローバル・ディバーシファイド連動型のファンドは運用会社各社が作っていますが、
運用リターンはベンチマークに連動するため、どこも差がつきません。

そうすると、実質コストの部分で良し悪しを決めることになるわけです。
iFree新興国債券インデックスの実質コストは、0.414%となっており、
同類ファンドの中で最安値を争っています。

主要インデックスファンドのコスト比較一覧表はこちら

購入時手数料 0
信託報酬 0.2376%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.414%(概算値)

※第2期 運用報告書(決算日2018年7月5日)より

iFree新興国債券インデックスの評価分析

基準価額の推移は?

iFree新興国債券インデックスの基準価額を見てみると、2018年1月末までは、
順調でしたが、それ以降は、下落一辺倒になっています。

利回りは?

つづいて、iFree新興国債券インデックスの運用実績を見てみましょう。
直近1年間の利回りは▲10.22%と大きく下落しています。

昨年は好調だっただけに、残念なパフォーマンスですね。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※2018年9月末 ※ランキングはアクティブファンドも含まれています。

四半期別運用パフォーマンス

毎年のパフォーマンスがどうだったのかも気になるところだと思いますので、
載せておきます。参考にしてください。

最大下落率は?

投資を始めようとしている、もしくは始めたばかりの人が気になるのが、
最大どの程度、資産が下落する可能性があるのかという点かと思います。

下記に、ファンド設定来の最大下落率を期間別に集計してものを載せます。
2018年2月に一番タイミング悪く買って、2018年4月に一番タイミング悪く売った場合に
最大-1.99%あなたの資産が目減りした可能性があるということですね。

まだ設定来の期間が短く、大きな下落は見せていませんが、同じベンチマークで
5年以上運用されているファンドの下落率を見ると、約20%ほど下落しているときがあり、
それくらいの下落は起こり得るものと思っておいたほうがよいと思います。

ベンチマークとの乖離率は?

インデックスファンドの運用においては、ベンチマークとの乖離率というのが
運用の巧拙を見極める一つのポイントとなります。

2017年7月6日~2018年7月5日の期間における運用リターンは、
iFree新興国債券インデックスが▲5.2%、ベンチマークが▲4.3%となりました。

差分の要因は税金や売買に伴うコストとの記載がありますが、、
年間で約1%もずれるのはイマイチですね。

評判はどう?

続いて、iFree新興国債券インデックスの評判を見ていきましょう。

ネットでの書き込みなどで調べる方法もありますが、
評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは多くの投資家がファンドを購入している
ということなので、評判がいいということになります。

2017年の11月に大きく流出はしていますが、それ以外の月では、
毎月流入しており、新興国債券ファンドの中で、コストが安いだけのことは
あるなという印象です。

ただ、直近のパフォーマンスが悪いので、今後は流出超過になるかもしれません。

iFree新興国債券インデックスの評価まとめ

インデックスファンドにおいて、重要なのはもちろん低コストであることもそうですが、
ベンチマークの推移というのも非常に重要な項目となります。

このファンドのベンチマークは推移を見れば、イマイチだということがすぐにわかりますが、
ほとんどの人はそんなことを期にせず、新興国債券カテゴリーで一番コストが安いから
という理由だけで購入してしまっていると思います。

いくらインデックスファンドでも、ベンチマークが適切でなければ、プラスのリターンを
生むことができませんので、くれぐれも注意してください。

現状、iFree新興国債券インデックスについては、コストは安いですが、
ベンチマークがイマイチなので、お勧めはできません。

本当に自分で調べてみた?iFree新興国債券インデックスをはるかに上回る圧倒的パフォーマンスを出すアクティブファンド特集