三菱UFJ国際から新しくつみたて8資産均等バランス
ファンドが登場しました。

 

コロナショックで多くのファンドがの基準価額が大暴落
して、資金流出が続く中、つみたて系のファンドは着実
に純資産を増やしています。

 

今日は、その中でもとても人気の高いつみたて8資産均等
バランスについて徹底分析していきます。

 

 

つみたて8資産均等バランスの基本情報

投資対象は?

つみたて8資産均等バランスの投資対象は日本を含む世界
各国の株式、公社債およびリートです。

 

国内株式、先進国株式、新興国株式、国内債券、先進国債券、
新興国債券、国内リート、先進国リートの8つの資産に均等
分配していきます。

 


※引用:交付目論見書

 

そして、この8資産それぞれがインデックスファンドに
投資をしていきます。具体的にどこに投資をしているのか
は下図をご覧ください。

 

バランスファンドは初心者向きなんて言う人もいますが、
8つのインデックスファンドに投資をする時点で、何に
投資をしているのかよくわからなくなる人がほとんどだ
と思います。

 

そうすると、結局あとは放置することになるので、投資の
地力がつきません。

 

ですので、私は投資初心者の方はバランスファンドはやめて
おいたほうがよいと思っています。

 


※引用:交付目論見書

 

eMAIXS Slim バランス(8資産均等型)との違いは?

ある程度インデックスファンドに詳しい人であれば、
「あれ?三菱UFJ国際と言えば、eMAXIS Slim バランス
8資産均等型があったような・・・」と思うかもしれません。

 

そう思ったあなたはさすがです。

 

つみたて8資産均等バランスはeMAXIS Slimバランス8資産
均等型と中身は同じファンドになります。違うのは、コスト
と販売会社ですね。

 

eMAXIS Slimバランス8資産均等型は基本、ネット証券で販売
されています。一方で、つみたて8資産均等バランスは地方銀行
が名前を連ねています。

 

純資産総額は?

続いて、つみたて8資産均等バランス の純資産総額はどう
なっているか見てみましょう。

 

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた
資金の総額だと思ってください。

 

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄
を入れ替えることができなかったり、コストが嵩みます。

 

また純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、
事前に確認すべきポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

 

つみたて8資産均等バランスの純資産総額は、すでに180億円を
突破しました。きれいな右肩上がりの曲線を描いているのは、
毎月の積立額が純資産に反映されていくからですね。

 

純資産が増えることにより、来期以降は実質コストも下がって
いきそうです。

 


※引用:マンスリーレポート

 

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬
以外に、株式売買委託手数料や、保管費用、印刷費用など
が含まれています。

 

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より
高くなるのが通例で、実際にかかる実質コストをもとに投資
判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

 

つみたて8資産均等バランスの実質コストは0.303%となって
おり、前期から0.26%ほど下がりました。

 

つみたて資金は毎月着実に流入していますので、今後も
純資産は増加し、コストはさらに安くなると思います。

投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 0
信託報酬 0.242%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.303%(概算値)

※引用:最新運用報告書

 

実質コスト以外にも、多くの投資家が気づいていない
投信運用での成果を出すのに妨げとなる間違った考え方
をまとめました。参考にしてください。

無料ファンド相談から見えた。多くの人が気づいていない投信運用で成果を阻む9つの誤り

 

つみたて8資産均等バランスの評価分析

基準価額の推移は?

つみたて8資産均等バランスの基準価額は、2020年の2月
まで堅調に推移していました。

 

しかし、コロナショックの影響で、一時は30%近く下落
しており、現在はようやく10000円近くまで戻ってきま
した。

 

今回は株式だけでなく、債券やRIETも軒並み下落した
こともあって、バランス型ファンドでも大きく下落を
してしまいました。

 


※引用:モーニングスター

 

利回りはどれくらい?

つみたて8資産均等バランスの利回りを見てみましょう。

 

直近1年間の利回りは▲9.87%となっており、バランスフ
ァンドの同カテゴリー内でも下位30%以内に入っています。

 

今回は株式以上にREITも下落していることから、つみたて
8資産均等バランスも相対的に大きく下落したのだと思います。

 

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲9.87% 74%
3年
5年
10年

※2020年4月時点

 

標準偏差は?

標準偏差は基準価額の大きさを把握するときに役立ちます。

 

つみたて8資産均等バランスの標準偏差はもともともう少し
低かったのですが、コロナショックの影響で15近辺まで
上昇していきました。

 

コロナショックのような暴落時はあまり標準偏差は参考に
なりませんが、

 

バランス型ファンドの場合は、特に基準価額の推移を気に
する人も多いでしょうから、標準偏差が優れているのは重要ですね。

 

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 15.27 75%
3年
5年
10年

※2020年4月時点

 

年別のパフォーマンスは?

つみたて8資産均等バランスの年別の運用パフォーマンスも下に
載せておきます。

 

2018年、2020年はマイナスとなっており、トータルで見ても
損益はマイナスです。

 

設定された時期が悪かったというのもありますが、あらためて、
コロナショックのような暴落相場が来たときは、株式と債券、
REITのようなペーパーアセットに分散をさせていても、軒並み
すべてやられてしまうことがよくわかったと思います。

 

それよりも、キャッシュポジションをあげて、現金を手元
に置きつつ、残りを株式ファンドやREITなどのリスク性
資産に投資をしたほうが賢い戦略だと思います。

年間利回り
2020年 ▲16.47%(1-3月)
2019年 +16.22%
2018年 ▲6.72%
2017年

※2020年4月時点

 

投信運用は長期投資が前提なので、つい出口戦略を
考えずに投資をしてしまいがちです。

しかし、「投資は出口戦略にあり」と言われるほど、
重要なテーマです。

ぜひこれを機会に投資の出口戦略を考えてみて
ください。

>>まさか考えたことがない?運用が成功するか失敗するかすべてのカギを握る投信運用の出口戦略

 

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

つみたて8資産均等型バランス(赤線)を検討している方で
あれば、eMAXIS Slimバランス8資産均等型とのパフォー
マンスが気になるところでしょう。

 

実際に3年間のパフォーマンスを比較してみると、コストが
高い分、つみたて8資産均等型バランスのほうがパフォーマ
ンスは悪くなっています。

 

同じように8資産に分散投資ができるiFree 8資産バランスと
も比較をしてみますが、やはりコスト分だけeMAIXS Slim
バランス(8資産均等型)が有利となっていますね。

 

結局、実質コストの差分だけの違いですので、ネット証券を
お持ちなのであれば、eMAIXS Slimバランスを購入すべきで、
地方銀行等から購入予定の方は、つみたて8資産均等バランス
を購入する方針でよいと思います。

 


※引用:モーニングスター

 

評判はどう?

つみたて8資産均等バランスの評判はネットでの書き込みなどで
調べる方法もありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、
月次の資金流出入額です。

 

資金が流入しているということは、それだけつみたて8資産均等
バランスを購入している人が多いということなので、評判がよく
なっているということです。

 

つみたて8資産均等バランス は、つみたてNISAの始まりと同時に
人気が爆発しており、毎月資金が流入しています。

 

それだけ評判がよいということですね。

 


※引用:モーニングスター

 

つみたて8資産均等バランスの今後の見通しと評価まとめ

いかがでしょうか?

 

10年以上続いているバランスファンドでも1桁前半の利回りは
確保できているので、同程度の利回りは期待できると思います。

 

ただ、何度も言いますが、私個人としては、バランスファンドに
魅力があるとは思えません。

バランス型ファンドの本当のデメリット。なぜ私はおすすめしないのか

 

内容もよく調べず、よくわらかないまま投資するようなスタンス
では、いつか必ず大きな失敗をしてしまいます。

 

つみたて8資産均等バランスに投資を検討しているのであれば、
最低でも8本のインデックスファンドについて、それぞれが
どのような動きをしているのか等、自分で調べることは必要でしょう。

 

また繰り返しになりますが、単純にコストでみれば、eMAXIS Slim
バランス(8資産均等型)のほうが優れています。どうしてもということが
ない限りはネット証券口座を開設して、eMAXSI Slim シリーズを購入
することをお勧めします。

 

 

最後に、投信運用には多くのメリットもありますが、
当然ながら、弱点もあります。

今も私は投信運用を続けてはいますが、私がなぜ
投資信託の運用を主軸におかなくなったのか。

その理由をこちらで話をしています。

>>私が痛感する投資信託の限界。多くの投資家が見逃している投信運用の弱点