30年ほど前から多くの投資家に愛され続けている日興アセットマネジメントの
インデックスファンド225。

特に何かが際立って優れているというわけではなく、よくあるインデックスファンド
ではあるのですが、多くの投資家が長期保有をしています。

近年では、インデックスファンドの低コスト競争が進んできていますが、
はたして、インデックスファンド225はどうなのでしょうか?
今日は、インデックスファンド225を徹底分析していきます。

インデックスファンド225の基本情報

投資対象は?

インデックスファンド225の投資対象は、日本国内の株式で、日経平均株価の
動きに連動するような投資成果を目指します。バーラ日本株式モデルに従って、
東証一部上場全銘柄の中から、原則として200銘柄以上を選択します。

基本的には、日経平均株価に組み込まれている銘柄を保有する認識で大丈夫です。
日経平均株価の上位構成銘柄は以下のようになっています。

ベンチマークの推移は?

インデックスファンドに投資するのであれば、ベンチマークの推移を必ず
チェックしなければいけません。

日経225はリーマンショック時に約50%ほど下落し、6年ほどかけてもとの
水準まで戻ってきました。その後は、堅調に推移し、現在は、リーマン
ショック前の水準と比べて+50%の位置まで上昇しています。

よく日経225よりもTOPIXのほうがバランスがよいなどという意見を
聞きますが、伸び率などを見ても私としては、日経225のほうがよい
と思っています。

純資産総額は?

続いて、インデックスファンド225 の純資産総額はどうなっているか見てみましょう。
純資産総額というのは、あなたを含めた投資家から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイミングで銘柄を入れ替えることが
できなかったり、純資産総額が大きく減少していると、ファンドの組み替えが
うまくできず、予期せぬマイナスを生む可能性がありますので、事前に確認すべき
ポイントの1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

インデックスファンド225の純資産総額は、ここ3年間ほど2000億円近辺を推移しています。
規模としては全く問題ありません。同類の低コストファンドが出てくる中で、2000億円を
維持できているのはすごいと思います。

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、
保管費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書記載の額より高くなるのが通例で、
実際にかかる実質コストをもとに投資判断をしなければなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

インデックスファンド225の実質コストは0.571%となっており、近年の低コストファンド
と比べるとかなり割高です。

何より、購入時手数料がかかる時点で少し時代遅れになっていると言えるでしょう。
単純にコストを比較すると、購入する理由が見当たりません。

購入時手数料 2.16%(税込)
信託報酬 0.5616%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 0.571%(概算値)

※第30期 運用報告書(決算日2018年6月18日)より

インデックスファンド225の評価分析

基準価額の推移は?

インデックスファンド225の基準価額は、2016年から2018年1月まで
大きく成長しました。その後、大きな暴落を経験しましたが、ようやく
2018年1月頭の高値を更新する水準まで戻ってきており、今後の成長に
期待したいところです。

利回りはどれくらい?

インデックスファンド225 の利回りを見てみましょう。

直近1年間の利回りは+17.91%と十分なパフォーマンスになっています。
3年、5年、10年を見ても、年間の平均利回りが7%以上は維持できており、
インデックスファンドとしては十分なパフォーマンスとなっています。

将来リターンについては、標準偏差から計算できますので、ご自身で計算してみてください。
計算方法に自信がない方はこちらをご参考に。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法


※2018年9月時点

四半期別運用パフォーマンスは?

インデックスファンド225の四半期別の運用パフォーマンスも
下に載せておきます。こちらもあわせて検討材料として利用してください。

類似ファンドとのパフォーマンスの差は?

続いて、日経225をベンチマークとする類似ファンドとのパフォーマンスを
比較してみましょう。ほぼどのファンドも同じ動きをしているのですが、
この4ファンドの中では、インデックスファンド225が一番パフォーマンスが
悪くなっています。

この原因は、コストにあり、他の3ファンドは信託報酬が0.1%台であるため、
どうしても差がついてしまいます。

長期保有すると、このわずかな差が大きな差になりますので、eMAXIS Slim国内株式
やiFree日経225インデックスあたりに投資をするのが無難でしょう。

最大下落率は?

投資するのであれば、ファンドがどの程度下落する可能性があるのかは
知っておきたいところです。

もちろん標準偏差から変動幅を予測することはできますが、やはり過去に
どの程度下落したことがあるのかを調べるのがよいでしょう。

インデックスファンド225は2007年11月~2008年10月の間に最大48.17%
下落しています。リーマンショック級の下落が早々来るものではないですが、
株式ファンドはこういうこともあり得ると肝に銘じて起きたほうがよいです。

下落したタイミングで売ってしまうのが最悪ですので、
下落しても動じずに長期で保有しましょう。

評判はどう?

インデックスファンド225の評判はネットでの書き込みなどで調べる方法も
ありますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、月次の資金流出入額です。

資金が流入しているということは、それだけインデックスファンド225を
購入している人が多いということなので、評判がよくなっているということです。

インデックスファンド225は、流入超過となっている月もありますが、
全体としては流出傾向にあります。

コストが半分以下の同じファンドが出てきていますので、当然と言えば当然の結果ですね。

インデックスファンド225の今後の見通し

短期的にはアメリカと中国の貿易摩擦など不安材料はあるものの、中長期的に見れば、
十分成長していく余地はあると思います。

年利7%程度であれば、期待していいのではないでしょうか?

ただ、日経225をベンチマークとしているファンドは数多くあり、熾烈なコスト競争が
行われています。あなたの利益は、ファンドのパフォーマンスからコストを引いたもの
なので、コストが安いファンドを選ぶに越したことはありません。

現状で言えば、eMAXIS Slim国内株式(日経平均)が一番コストが安いので、
日経225のインデックスファンドに投資をしたいのであれば、そちらを選ぶようにしましょう。