身近なテーマに投資したい!という人をター
ゲットに設定された世界eコマース関連株式
オープン『みらい生活』。

いまやamazonでネットショッピングをした
ことがない人のほうが少ない時代になりました。

典型的なテーマ型のファンドですが、果たして
中身はどうなのでしょうか?

今日はみらい生活について徹底分析していきます。


世界eコマース関連株式オープン『みらい生活』の基本情報

投資対象は?

まず投資対象は、日本を含む世界の株式のうち、
主としてeコマース(電子商取引)をはじめとした
消費関連サービスの成長から恩恵を受けるであろう
株式です。

大きくは下記のように2つに分かれており、オン
ラインショッピング等を提供する消費サービス
企業と、オンラインショッピングを可能にする
決済システム等を提供する消費インフラ企業です。


※引用:交付目論見書

国別の構成は以下のようになっており、アメリカ株
の比率が7割を超えています。

次いで中国、日本となっています。


※引用:マンスリーレポート

もう少しイメージがつきやすいように組入銘柄
上位を見てみましょう。

消費サービス企業では、1位はアリババです。

中国最大のeコマースプラットフォーム運営
会社ですね。日本でいうアマゾンや楽天の
ようなものです。

2位はアマゾンです。さすにアマゾンの名前を
知らないという人は少ないでしょう。

3位のテンセントはWeChatという日本でいう
LINEと同等のサービスをメインで展開して
いる中国最大のインタネット複合サービス会社
です。

基本的には大型銘柄が上位を占めています。


※引用:マンスリーレポート

一方、消費インフラ企業の組み入れ銘柄の1位は
プロロジスです。

米国を中心にグローバルに物流施設をはじめと
する産業用不動産ポートフォリオを保有しています。

2位のマスターカードと3位のビザはクレジット
カード会社です。こちらは皆さんご存知ですね。


※引用:マンスリーレポート

e-コマースを利用しない人にとっては、成長性
を感じにくい分野かもしれませんが、私の周り
では、せどりといって個人で商品をアマゾンや
メルカリに商品登録して、販売している友人が
何人かいます。

彼らが非常に景気が良いと言っていたので、
この分野には将来性を感じています。

純資産総額は?

続いて、純資産総額はどうなっているか見て
みましょう。

純資産総額というのは、あなたを含めた投資家
から集めた資金の総額だと思ってください。

ファンドの純資産総額が小さいと、適切なタイ
ミングで銘柄を入れ替えることができなかったり、
純資産総額が大きく減少していると、ファンドの
組み替えがうまくできず、予期せぬマイナスを生む
可能性がありますので、事前に確認すべきポイント
の1つです。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

みらい生活は、2017年の設定以来、順調に
純資産を伸ばしていましたが、2018年10月以降
はパフォーマンスが悪化したことで資金が流出
しています。

現在は660億円規模になっており、規模の問題
はありません。

アセマネOneも販売会社を増やし、販促に力を
いれていますので、今後純資産総額は増えて
いくでしょう。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

私たちが支払うコストには、目論見書に記載の
信託報酬以外に、株式売買委託手数料や、保管
費用、印刷費用などが含まれています。

そのため、実際に支払うコストは、目論見書
記載の額より高くなるのが通例で、実際に
かかる実質コストをもとに投資判断をしなけ
ればなりません。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

世界eコマース関連株式オープン『みらい生活』
の実質コストは、1.797%となっており、前期と
比べるとかなり下がりましたが、それでも、まだ
割高の水準です。。

販売手数料と併せると初年度は5%程度取られて
しまうので、普通に考えればかなり高いですね。

購入時手数料 3.3%(税込)※上限
信託報酬 1.43~1.76%(税込)
信託財産留保額 0
実質コスト 1.797%(概算値)

※引用:最新運用報告書

本当にみらい生活で大丈夫?10年以上圧倒的なパフォーマンスのアクティブファンド特集

世界eコマース関連株式オープン『みらい生活』の評価分析

基準価格をどう見る?

世界eコマース関連株式オープン『みらい生活』の
基準価額は現在12,000円程度です。

2018年10月から大きく下落し、2019年は
かなり回復してきたものの、いまだ2018年
当時の高値を更新するまでには至っていません。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

世界eコマース関連株式オープン『みらい生活』の
直近1年間の利回りは7.71%となっています。

これでも同カテゴリー内では上位30%程度
ですので、決してひどい結果ではないこと
がわかります。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法は
すでに理解していますか?

もし、理解していないのであれば、必ず
理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 7.71% 70%
3年
5年
10年

※2019年12月時点

標準偏差は?

世界eコマース関連株式オープン『みらい生活』の
基準価額の変動幅を調べる上で、標準偏差が役に
立ちます。

標準偏差は23.23と同カテゴリー内でも下位2割に
入っています。

国内の中小型株ファンドと同じくらいの標準偏差
なので、想像以上に上下に大きく揺れるファンド
ということです。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できる
のはご存じでしょうか?

まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に
覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 23.23 85%
3年
5年
10年

※2019年12月時点

年別のパフォーマンスは?

世界eコマース関連株式オープン『みらい生活』の
年別のパフォーマンスも見てみましょう。

2018年はなかなか厳しい結果で終わりましたが、
2019年はすでに10%以上のプラスを出しており、
悪くないパフォーマンスです。

年間利回り
2019年 11.7%(1-9月)
2018年 ▲9.64%
2017年

※2019年12月時点

インデックスファンドとのパフォーマンス比較

世界eコマース関連株式オープン『みらい生活』へ
の投資を検討するのであれば、インデックス
ファンドよりパフォーマンスが優れている
ことは最低条件です。

みらい生活は米国株式の比率が高いため、
MSCIコクサイに連動するeMAXIS Slim
先進国株式インデックス
と比較をしてみました。

今まではみらい生活のほうがパフォーマンスが
良かったのですが、直近数カ月でeMAXIS Slim
先進国株式に抜かれてしまいました。

一時的なものかもしれませんが、もう少し様子を
みたいですね。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

みらい生活に投資をする前に、最大でどの程度
下落する可能性があるのかを知っておくことは
非常に重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握して
おけば、大きく下落した相場でも落ち着いて
保有を続けられるからです。

それではここでみらい生活の最大下落率を見て
みましょう。

最大下落率は3カ月で▲23.68%となっています。

1年間で見てみると、▲15.62%ですので、下落
しても慌てず保有を続ければ、回復してくる
ことがわかります。

最大下落率を知ってしまうと、少し足が止ま
ってしまうかもしれません。

しかし、以下のことをしっかり理解しておけば、
元本割れの可能性を限りなく低くすることが可能です。

元本割れを回避するためにできるたったひとつのこととは?

期間 下落率
1カ月 ▲16.82%
3カ月 ▲23.68%
6カ月 ▲18.03%
12カ月 ▲15.62%

※2019年12月時点

評判はどう?

ネットでの書き込みなどで調べる方法もあり
ますが、評判を知るうえで一番役に立つのが、
月次の資金流出入額でしょう。

資金が流入しているということは、それだけ
このファンドを購入している人が多いという
ことなので、評判がいいということです。

みらい生活は2019年に入り、資金流出が続い
ています。さきほど見たようにインデックス
ファンドにパフォーマンスで負けるようでは
資金の流入は見込めません。


※引用:モーニングスター

世界eコマース関連株式オープン『みらい生活』の今後の見通し

私の周りでは、スーパーの会計が機械に置き
換えられたり、メルカリを使って、中古品を
売ったり買ったりする人が増えたりと着実に
eコマース市場の規模が拡大していることを
実感しています。

AMAZONが無人店舗のコンビニをスタート
させたことも大きな話題となりましたが、
eコマースは今後もさらに進化していくでしょう。

市場の拡大に伴い、オンラインショッピングの
運営企業や決済・物流を担う企業の成長も予想
されますので、ここ数年は基準価額も上昇して
いくのではないでしょうか?

まとめ

いかがでしたでしょうか?

正直、コストは高いので、無理して購入する
ファンドではないと思います。

実際、インデックスファンドと比べても、
そこまで圧倒的な運用実績を残せている
わけでもありません。

ただ、色々投資信託を購入していると、飽き
てくるのも事実で、少しリスクはあっても
面白そうなファンドに投資したくもなります。

メインの投資にはなりえませんが、物珍しさ
で買ってみるのは面白いファンドなのでは
ないでしょうか。