毎月分配型のファンドと言えば、REIT型や債券型、バランス型の
ファンドが多いですが、一部株式型のファンドが存在します。

ピクテ・グローバル・インカム株式ファンドやLM・オーストラリア
好配当株ファンドが有名どころでしょうか。

株式ファンドの中でも新興国株式型で毎月分配のファンドというのは
非常に数が少ないのですが、多くの投資家から資金を集めているのが、
ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)です。

今日は、ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)について
徹底分析していきます。

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の基本情報

投資対象は?

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の投資対象は、
新興国の好配当利回りの株式です。

約70か国6000銘柄の中から銘柄を絞り込み、最終的に100~200銘柄
まで絞り込みます。

国別の組入状況を見てみると、中国、台湾、ロシアの順に高く
なっていますね。


※引用:マンスリーレポート

純資産総額は?

投資を検討するうえで、純資産総額は必ず確認するようにしてください。

純資産総額が多いほうが、ファンドマネージャーが資金を投資する
際に有利であったり、保管費用や監査費用が相対的に低くなります
ので、優れた投資信託と言えます。

また投資信託の規模が小さくなると運用会社自体がその投資信託に
力を注がなくなりパフォーマンスが悪くなることもありますので
注意が必要です。

まさか知らない?絶対知っておきたい純資産総額のマメ知識

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)は2015年頃は
7000億円を超える規模になっていましたが、基準価額の下落とともに、
純資産を減らしています。

パフォーマンスがそこまで優れていないにもかかわらず高い分配を
してきた結果と言えるでしょう。


※引用:マンスリーレポート

実質コストは?

投資信託には、購入時の手数料や信託報酬の他にも費用がかかって
いることをご存知ですか?

これを実質コストと言いますが、実質コストには、株式売買手数料や
有価証券取引税、監査費用などが含まれています。

特に純資産総額が小さいときには、信託報酬より実質コストがかなり
割高になっている場合もあるので、注意が必要です。

信託報酬を信用するな。知らないうちに差し引かれている実質コストの調べ方

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の実質コストは
1.998%とかなり割高です。

それに加えて高い購入時手数料もかかりますので、おすすめしづらい
ファンドですね。

後述しますが、パフォーマンスがインデックスファンドに負けて
しまっているので、投資する価値を見出せません。
投資信託の手数料は安ければ安いほどいいという勘違い

購入時手数料 3.24%(税込)※上限
信託報酬 1.992%(税込)
信託財産留保額 0.3%
実質コスト 1.998%(概算値)

※引用:第125期 運用報告書(決算日2018年7月30日)

ピクテ新興国インカム株式ファンドで本当に大丈夫?圧倒的に高いリターンを出している海外株式ファンド特集

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の評価分析

基準価額の推移は?

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の基準価額は
2018年以降大きく下落しています。

分配金を支払わずに運用した場合の基準価額(青線)を見ると、
2017年は大きくプラスになっていますが、2018年は大きく下落
していることがわかります。


※引用:モーニングスター

利回りはどれくらい?

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の直近1年間の
利回りは▲16.11%とかなり厳しい結果となりました。

ただし、それでも同カテゴリー内では、上位4割にいますので、
新興国株式全体がいかに大きなダメージを受けたかがよくわかります。

中長期のパフォーマンスもカテゴリー内でのランキングを見ると、
下から数えたほうが早いような順位ですので、これは厳しいです。

ちなみにあなたは実質利回りの計算方法はすでに理解していますか?
もし、理解していないのであれば、必ず理解しておいてください。

これがわかっていないとマズイ。実質利回りの計算方法。

平均利回り %ランク
1年 ▲16.11% 37%
3年 2.96% 45%
5年 ▲1.13% 85%
10年 6.49% 98%

※引用:2019年1月時点

標準偏差は?

標準偏差まで確認する人はあまりいませんが、ピクテ新興国インカム
株式ファンド(毎月決算型)の基準価額のブレの大きさを知るには役立ちます。

同カテゴリー内では平均的な水準になっていますね。新興国株式は
基準価額の変動がかなり大きいイメージがあると思いますが、標準偏差
でみると日経平均とそこまで変わらない数値になっています。

標準偏差から将来リターンがある程度予測できるのはご存じでしょうか?
まだ計算方法を知らないと言う方はこの機会に覚えておいてくださいね。

本当にできてる?標準偏差から予測する将来リターンの計算方法

標準偏差 %ランク
1年 17.23 50%
3年 15.70 53%
5年 16.61 59%
10年 19.21 30%

※引用:2019年1月時点

年別のパフォーマンスは?

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の年別のパフォー
マンスも見てみましょう。

プラスの年もありますが、マイナス幅が大きいため、せっかくのプラス
リターンを他の年で相殺してしまっています。

年間利回り
2018年 ▲16.11%
2017年 22.81%
2016年 5.95%
2015年 ▲19.36%
2014年 7.34%

※引用:2019年1月時点

類似ファンドとのパフォーマンス比較

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)に投資を検討する
上で、類似ファンドとのパフォーマンス比較をしてみましょう。

今回は、新興国株式の代表的な指数であるMSCIエマージング・マーケット
・インデックスをベンチマークとするeMAXIS 新興国株式インデックスと
比較をしました。

見てわかる通り、eMAXIS 新興国株式インデックスのほうが常に高い利回り
を維持しています。

eMAXIS 新興国株式はさらにコストが低くなったeMAXIS Slim 新興国株式
インデックスがありますので、パフォーマンスの差は歴然でしょう。


※引用:モーニングスター

最大下落率は?

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)に投資をする前に、
最大でどの程度下落する可能性があるのかを知っておくことは非常に
重要です。

どの程度下落する可能性があるかを把握しておけば、大きく下落した
相場でも落ち着いて保有を続けられるからです。

それではここでピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の
最大下落率を見てみましょう。

最大下落率はリーマンショック時で▲56.05%となっています。
さすがにここまでの下落はそうそう来ないと思いますが、株式ファンド
ですので、大きく下落することもあることを忘れないようにしてください。

期間 下落率
1カ月 ▲31.84%
3カ月 ▲48.65%
6カ月 ▲54.43%
12カ月 ▲56.05%

※引用:2019年1月時点

分配金の内訳と余力は?

毎月分配型のファンドに投資をするのであれば、分配金がちゃんと
ファンドの収益で賄われているのか確認しておいて損はありません。

当期収益以外の項目を見ると、直近は比較的健全に運用できている
ことがわかります。

繰越対象額も1200円程度はありますので、40カ月ほど分配金余力は
残っているので、当分減配の心配はなさそうです。

分配金 当期収益以外 繰越対象額
120期 30円 1円 1,213円
121期 30円 1,214円
122期 30円 1,214円
123期 30円 1,213円
124期 30円 11円 1,203円
125期 30円 10円 1,1192円

評判はどう?

それでは、ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の
評判はどうでしょうか?

ネット等で口コミを調べることもできますが、資金の流出入を見る
ことで、評判がわかります。

評判がよければ、資金が流入超過になりますし、評判が悪くなって
いれば、資金が流出超過になります。

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)は2014~2015年に
大きく資金が流入して以来、毎月資金が流出しています。

パフォーマンスが優れないというのももちろんありますが、近年の
毎月分配型ファンドへの厳しい目線が影響しているのでしょう。


※引用:モーニングスター

ピクテ新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)の今後の見通し

いかがでしょうか?

まず、根本的にインデックスファンドにパフォーマンスで負けて
しまうようなファンドには投資すべきではありません。

分配金を受け取りたいのであれば、定期的に取り崩すことも可能な
わけですので、あえてコストも高い、パフォーマンスも悪いピクテ
新興国インカム株式ファンド(毎月決算型)に投資をするメリットは
ないと言えるでしょう。

基準価額に対する分配金で計算できる分配金利回りは高くなりますが、
それは基準価額が低すぎるために、起きてしまっているだけなので、
当然この利回りを維持できるはずはなく、基準価額の下落に歯止めが
かかることはありません。

ピクテ新興国インカム株式ファンドから乗り換え続出!本当に利回りが高いアクティブファンド特集